ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

パンジーの育て方!種まきや苗植え、寄せ植え、切り戻しの方法は?

パンジーは、花色が豊富で花壇やガーデニングに人気のある一年草です。花色が豊富で、園芸品種の数は千種以上。ガーデニング初心者が育てられるほど丈夫なため、鉢植えやハンギングなど育てる場所を選びません。今回は、そんなパンジーの育て方について、種まきや苗植え、寄せ植えや切り戻しの方法などをご紹介します。

パンジーとは?ビオラとの違いは?

ビオラ パンジー ガーデニング 植え付け 

パンジーとは、10〜5月まで花を咲かせる一年草です。赤・青・黄・白色など、花色が豊富で色鮮やかなガーデニング作りには欠かせません。パンジーの花びらは5cmほど、草丈は10〜20cmくらいとあまり大きくならないのが特徴です。

ビオラとの違いは?

パンジーによく似た花を咲かせる花にビラオがあります。パンジーは花びらが5cm以上で、ビオラは4cm以下なのが大きな違いです。ただ、見た目はほとんど同じため、よく見間違えられることがあるので、購入する際は注意してくださいね。

パンジーの育て方のポイントは?

パンジー スイセン 育苗ポット 植え付け 鉢植え

日当たりのよい場所に置く

パンジーは、生長の早い植物なので種と苗のどちらからでも育てられます。また、鉢植えや庭植えなどの場所を選ばないので、できるだけ日当たりのよい場所を優先して育ててください。

日光が当たらない場所では育ちにくく、生長が鈍くなるので注意が必要です。

乾燥気味に育てる

パンジーは、乾燥気味に育てるのが長く花を楽しむポイントです。特に、ガーデニング初心者の方で失敗しがちなのが、水やりのしすぎで枯らすこと。水は鉢の土の表面と中が乾いてから行いましょう。

パンジーの育て方のスケジュールは?

カレンダー 植物 花
  1. 8〜9月に種まきをする
  2. 10〜11月に苗を植える
  3. 土が乾いたら水やりをする
  4. 伸びすぎた茎があれば根本から切り取る

種まきと苗植えの前に!パンジーに合った土を用意しよう!

パンジー 黄色

パンジーを鉢植えと地植えで育てるときは、土作りがそれぞれ重要になります。どちらの場合も水はけがよい土を用意するので以下の手順に従って準備を進めてください。

苗を鉢で育てる場合

鉢植えなら、園芸用品店などで販売されている草花用培養土だけを使っても構いません。以前枯らしてしまった経験がある方は、土を配合して自作しましょう。

赤玉土5:腐葉土3:パーライトまたはパーミキュライト2くらいの割合で土を混ぜ、化成肥料を加えて1週間ほど寝かせれば完成です。

苗を庭に植えて育てるの場合

地植えなら庭土を掘り上げて、庭土7:腐葉土3くらいの割合で土を混ぜ合わせ、1〜2週間ほど土を寝かせておきましょう。その後、化成肥料を少量混ぜ込んで、苗植えをはじめてください。

種まきの場合

種からパンジーを育てる場合、用意する土が違います。まずは種をある程度育ててから、本当に育てたいサイズの鉢やプランター、地植えへと植え替えるのです。

土は、水もちのよい土が理想なので、赤玉土5:ピートモス4:川砂1の割合で混ぜた土を作るか、ジフィーセブンやピートバンなどを市販で購入しておきましょう。

パンジーの苗植えと種まきの時期と方法は?

パンジー 植え替え

苗植え

パンジーの苗を植えるなら10~11月頃が適期です。土作りをすませ、鉢またはプランターを用意するか、庭土を掘り上げておきましょう。

苗は、根張りをよくするために底の部分と側面の部分を軽くもみほぐしてから植えるのがポイントです。また、根が乾燥しやすいので手早い作業を意識しましょう。

  1. ポットから苗を取り出す
  2. 白い根がびっしりと張っているなら手でもみほぐして1/3ほど根をくずす
  3. 新しい鉢の底に、軽石と土を入れて苗を中心におく
  4. 苗の周りを土でうめて固定する
  5. プランターや庭に植えるなら苗同士の距離を15~20cm空ける

種まき

パンジーの種の発芽温度は20度前後です。適期は、8月中旬~9月上旬頃で、10月以降の種まきは開花が遅くなるので注意してください。

種まきの容器は、セルトレーや卵の容器など小さく小分けされているものがおすすめです。もしくは、小さなプランターや小鉢を用意してください。

  1. 採取し種を7〜8月に冷蔵庫に入れて1ヶ月冷やしておく
  2. 容器に土を入れる
  3. 種を1粒1粒重ならないようにおく
  4. 種が見えるくらい薄く土を被せる
  5. 霧吹きなどで土を湿らせる
  6. 土が乾燥しないように風通しのよい日陰で管理する
  7. 発芽後は十分に日光があたる場所に移動させる
  8. 本葉が3~4枚出てきて根がトレー内いっぱいにまわったら地植えか鉢に植え替える

パンジーの水やりと追加で与える肥料の方法は?

パンジー 水やり

水やり

パンジーは鉢の土が乾燥したら、鉢の底から流れ出るほどたっぷり水やりをします。地植えなら水やりの必要はありません。

また、冬は気温が上がりはじめた午前中に水やりをしてください。夕方以降では、水が凍ってしまい根を傷つけて枯らす可能性があります。

肥料

パンジーに追加の肥料はほどんど必要ありません。ただ、秋~春の開花期は栄養をたくさん必要とするので、生長が鈍いときは、月に2~3回程度薄めた液体肥料を与えるか、月に1回ほど暖効性肥料を追加してみてください。

育てる環境によって肥料を必要とする度合いが変わるので、根や葉の様子を観察しながら与えるようにしてくださいね。

パンジーの寄せ植え!相性のよい植物は?

パンジー 寄せ植え 方法 プランター

パンジーは、草丈が低い、開花期間が長い、花色が豊富、冬の時期に咲く花の種類が少ないことから、秋冬の寄せ植えに欠かせない植物です。また、寄せ植えにおいて、パンジーは脇役にも主役にもなれる花です。

色違いのパンジーや開花期が同じアリッサム

おすすめの組み合わせとしては、同じパンジーの色違いや開花期が同じアリッサム、花の大きさや形が似ているイオノプシジュームなどがあげられます。あえてパンジーを引き立たせたいときは、さらに花びらが小さく、草丈の低いつる性の花と組み合わせてみましょう。

ビオラとの寄せ植え

他には、ビオラとの寄せ植えもよく目にします。パンジーとビオラは、とても似た品種なので、同じ扱いで育てられるのがうれしいポイント。同じ鉢で寄せ植えをしてみると、生長にどんな違いがあるのか観察して見比べるのも楽しそうですね。

パンジーの剪定!切り戻しや花がら摘みの時期と方法は?

パンジー 剪定 切り戻し

剪定、切り戻し

パンジーは花期が長いことから、茎が伸びやすく、倒れて枯れてしまうことがよくあります。そのため、間延びしてしまった茎は、花が咲いていたとしても根本から切る「切り戻し」を行いましょう。

切り戻しによって、栄養を集中させられるので、長く開花を楽しむことができます。切り戻しをした後は、追肥をすることで花の状態がよりよくなりますよ。

花がら摘み

花を咲かせたままにしておくと、実(種)をつけます。実をつけると栄養がそこに集中してしまうので、見た目が悪くなるだけでなく、病気にもかかりやすくなってしまいます。

少しでも元気のない花をみつけたら、「花がら摘み」を定期的に行いましょう。花をつけている茎を根本からひねるように摘み取るのが花がら摘みを行うコツです。

傷んだ葉も同様の方法で摘むと、他の花に栄養を分け与えることができますよ。

パンジーに植え替えは必要?

パンジー 枯れ ピンク 花

一年草のパンジーに植え替えは、不要です。枯れてしまったら、土を入れ替えてまた種や苗から育てはじめます。咲き終わると種をつけるので、採取した種でまた増やすことができますが、元の花と同じものが咲く保証はありません。

寒さ対策を行う必要は特にありませんが、冷たい風が直接あたる場所では葉が紫色に変色してしまうことがあるので注意してください。高温多湿に弱いため、6月頃には枯れていきます。

パンジーの栽培で注意する病気や害虫は?

スプレー 防虫 駆除 対策 殺虫剤 殺菌剤 親子 

パンジーを育てるときは、アブラムシやナメクジに気をつけましょう。葉っぱや茎に発生することが多いので、植え付けのときにオルトランを混ぜ込んでおくか、見つけ次第薬剤などで駆除するようにしましょう。

パンジーは育て方が簡単な秋冬のお花

ハボタン ビオラ パンジー4

パンジーは同じ品種でも色の濃淡が違うなど個体差が出るものが多く、寄せ植えにすることで繊細なコントラストを楽しむことができます。また、花の大きさも大輪~小輪まで豊富に揃っています。飾る場所に合うパンジーを選んで寄せ植えにすると、空間を華やかに彩ってくれますよ。

初回公開日: 2015年06月07日