ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

米ぬか(米糠)の肥料!成分や利用法は?堆肥で土壌改良になる?

精米するときに出てくる米ぬか。実は、ガーデニングや園芸で肥料として使えることをご存知でしたか?「いつも捨てている」という方は、ぜひ他に使い道がないか探してみるのもよいかもしれません。今回はそんな肥料として再利用できる米ぬかについて、肥料成分や効果、作り方、利用法などをご紹介します。

米ぬかとは?どんな肥料になるの?

米 稲 米ぬか

米ぬかとは、玄米が白米に精米されるときに取り除かれる「ぬか」のことです。いわゆる玄米の外皮のことで、茶色の粉末として見かけることが多かもしれません。

玄米自体を食べているように、実は米ぬかは栄養価が多く含まれており、土にまけば肥やしとなり、植物の生長をサポートしてくれます。

米ぬかの肥料成分や効果は?

米ぬか ぼかし肥料 有機肥料

米ぬかの主な肥料成分は、「窒素」と「リン酸」です(※1)。窒素は植物の葉や茎を生長させ、リン酸は花びらを生長させる効果があります。

また、米ぬかはゆっくり分解されて肥料効果を発揮するので、肥料の中では「遅効性」に分けられ、苗を植える前に土へ混ぜる肥料(元肥)としてよく利用されます。

米ぬか肥料の作り方!「米ぬかぼかし」ってなに?

ハテナ 女性 ? ?

雑草や枝、野菜クズなどの有機質を材料をとした「米ぬかぼかし」を作る方法をご紹介します。米ぬかには微生物の活動を活性化させる効果があるため、有機質が早く

これは、「生ゴミを使った堆肥」のことで、以下の手順で材料を発酵させて肥料として使います。

  1. ダンボールやプランターなどの容器を用意する
  2. ダンボールなら四隅に足をつける
  3. 容器に黒土やピートモスともみがらを混ぜた土を入れる
  4. 生ゴミを土に混ぜる
  5. 生ゴミを増やした分米ぬかを追加する
  6. よくかき混ぜる
  7. フタをしてできれば毎日中身をかき混ぜる
  8. 生ゴミが出るたびに4〜7を繰り返す
  9. 容器が一杯になったら10日ほど毎日かき混ぜる
  10. 1ヶ月ほど放置して十分に発酵させたら堆肥が完成

米ぬかで作った肥料の利用法は?

堆肥 土

米ぬかで作った肥料は、他の肥料と同じように土に混ぜて利用します。特に苗を植える前の土作りの段階で混ぜておくと、ゆっくり分解されて肥料効果が長続きする特徴が活かせるためおすすめです。

また、よくある失敗として、発酵が不十分で栄養価が偏ったり、害虫がよってくることもあります。できるだけ時間をかけて、完全に発酵させてから使うようにしましょう。

米ぬかを肥料にしてエコなガーデニングライフを始めよう

堆肥 土作り 腐葉土  土

米ぬかはうまく利用すれば有用な肥料になることがわかりました。また、精米後の米ぬかを肥料に使うようになれば、肥料代がうき、エコなガーデニングライフが始められますよ。これまでに「もったいない」と思ったことがある方は、これをよい機会にぜひ、米ぬかの肥料化に取り組んでみてください。

※1参考文献: 肥料取締法に基づき普通肥料の公定規格を定める等の件

更新日: 2020年05月13日

初回公開日: 2015年07月03日

関連コンテンツ