ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

5月に咲く花まとめ。ガーデニングにおすすめな種類10選

春真っ盛りの5月は、晴れる日も多く、ガーデニングがしやすい時期ですよね。GWもあり様々な場所に足を運んで、美しい花を見る絶好の機会でもあります。

今回は、5月に咲く花の中でも、おすすめの種類を10種ご紹介します。

5月に咲く花はどういう花?

たくさんの春の花が見頃を迎え、新緑もまぶしく輝く5月。

そんな5月に咲く花の中でも、多くの人に親しまれているバラやGWに見頃を迎え各名所に多くの観光客が訪れるネモフィラ、藤などは知名度も人気も高い種類ですよね。

この頃に咲く花は、春だけ開花したり夏や秋まで開花したり、開花期間はさまざま。一年の中でも数多くの種類が見頃を迎える季節です。

1. バラ

バラは、色とりどりの花色と、草丈など見た目のバリエーションが豊富な「花の女王」。GWをすぎ、5月の中旬ごろから見頃を迎えます。

つるを伸ばして生長するつる性のものが多く、トレリスやフェンスにからませて自分好みの樹形に仕立てて楽しむことができます。

豪華なものから落ち着きのあるものまで、自分好みの花姿のバラを見つけてみてください。

開花期 5~10月
花色 白、ピンク、赤、オレンジ、黄、緑、青、黒、七色など
花言葉 『愛』『美』

2. カーネーション

母の日の花として知られるカーネーション。フリルのように縁が縮れた花がかわいらしく、女性的な雰囲気をもっていますよね。

切り花として花束に加えられることが多いですが、多年草なので鉢植えにすれば毎年きれいな花を楽しむことができます。

元々は3~5月にしか花を咲かせませんでしたが、近年は品種改良によって秋に開花する種類もありますよ。

草丈も10~30cmとほどよいので、寄せ植えの前面から中段にかけて植え付けるのもおすすめです。

開花期 3~5月
花色 赤、ピンク、青、紫、白、黄色
花言葉 『無垢で深い愛』『真実の愛』『永遠の幸福』『尊敬』『嫉妬』『愛の拒絶』

3. 藤(フジ)

藤は、淡い花色が魅力の落葉性低木です。小さな花が集まって房を作り、枝から垂れ下がる姿は、しとやかな雰囲気をもっています。

古くから女性を形容する花とされていることにも納得ですね。水が大好きな樹木なので、土を乾燥させないようにすることが育てるポイント。

広いスペースがあるなら、藤棚を作ってみるのも楽しそうですね。

開花期 4~6月
花色 青紫、紫、ピンク、白
花言葉 『優しさ』『歓迎』『決して離れない』『恋に酔う』

4. すずらん(鈴蘭)

すずらんは、ベル型の花びらがかわいらしい、春の人気者です。鮮やかな緑色の葉っぱの間から生える白い可憐な花は、花壇の主役にも脇役にもなってくれますよ。

ドイツ生まれの「ドイツスズラン」がガーデニングではよく利用され、寒さに強いこともうれしいポイント。

ただ、暑さには弱いので、直射日光が当たらず、風通しのよい場所で育ててあげてください。

開花期 4~6月
花色 白、ピンク、赤、黄、紫
花言葉 『幸福の再来』『純粋』『純潔』『謙遜』

5. ネモフィラ

ネモフィラ

スカイブルーや白と紫の花色が、春の青空によく似合うネモフィラ。GWに見頃を迎え、名所であるひたち海浜公園の「みはらしの丘」は、一面ネモフィラでうめつくされます。

草丈が低く、地面を這いながら生長する性質があるので、春の寄せ植えやグランドカバーにもおすすめ。「どこでも成功」といったポジティブな花言葉は、鉢植えのプレゼントとしても喜ばれますよ。

開花期 3~5月
花色 青、紫、白、複色
花言葉 『どこでも成功』『可憐』『あなたを許す』

6. 芍薬(シャクヤク)

芍薬は、何枚にも重なる花びらが美しい、春の花木です。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と、古くから美しい女性をたとえる花としても知られています。

樹高が50~120cmほどとそれほど大きく生長しないことから、鉢植えにしても楽しみやすく、ガーデニングにも取り入れやすいですよね。

花芽が付きはじめたら、1本の茎に対して蕾を1つ残すように摘蕾していくことが、きれいな花を咲かせるポイントです。

開花期 5~6月
花色 赤、ピンク、白、黄
花言葉 『恥じらい』『はにかみ』『謙遜』

7. ハナミズキ

「ドッグウッド」という英名でも知られるハナミズキ。春の訪れを告げるように咲くピンク色の花は、歌手 一青窈さんの楽曲でも有名です。

桜の苗木をアメリカに贈ったお返しに、日本へ渡ってきたことから、「返戻」という花言葉が付けられています。

樹高が3m前後と高くなりすぎず、手入れも簡単なことから、庭のシンボルツリーに人気です。ただ、横に向かって枝が生えていくので、できるだけ広い場所に植え付けてあげてくださいね。

開花期 4~5月
花色 白、ピンク、赤
花言葉 『私の想いを受けとめてください』『返礼』『永続性』『公平にする』『華やかな恋』

8. ヤマボウシ

ヤマボウシ

ヤマボウシは、春~初夏にかけて白い花を咲かせる落葉高木です。5~10mと樹高が高く、1株庭に植えると十分な存在感がありますよ。

また、花が咲いた後に付く実は食べられ、秋には紅葉するなど、季節によって様々な楽しみ方ができるのも魅力となっています。

斑入りなど葉っぱの色合いの違う品種もたくさんあり、常緑性で手入れがしやすいものもあるので、自分の庭にあったものを選びやすいですよ。

開花期 5~7月
花色 白、ピンク
花言葉 『友情』

9. チューリップ

チューリップ チャーミングビューティ 八重咲き

チューリップは、春に咲く有名な球根植物です。4~5月上旬が最も見頃で、シュッと伸びた茎の上に独特の形をした花を咲かせます。

全国にあるチューリップの名所は、5月に訪れるのがおすすめですよ。花が咲き終わり、葉っぱが黄色く枯れてきたら、茎を切り落として球根を掘り上げましょう。

そして、日陰の風通しのよい場所で保管して、翌年また植え付ければ、再びきれいな花を楽しめます。

開花期 3~5月
花色 白、赤、黄、緑、紫、黒、ピンク、オレンジ
花言葉 『博愛』

10. ハイビスカス(仏桑花/ブッソウゲ)

開花期 5~10月
花色 白、ピンク、赤、オレンジ、黄、紫、茶
花言葉 『繊細な美』『新しい恋』

ハイビスカスは、シワの入った5枚の花びらと、おしべが中心から突き出した形が印象的な花です。南国ムードが漂うことから、夏の花と思われがちですが、5〜10月が開花期です。

また、品種改良が盛んに行われており、5,000を超える園芸品種があることから、花姿のバリエーションも豊富。はじめて育てるなら、花は小さいものの丈夫な性質のオールドタイプの品種がおすすめです。

5月の庭を鮮やかな花で彩ろう

5月はGWもあり、気分がウキウキしてくる季節ですよね。また、夏に向けて日に日に気温が上がっていく、過ごしやすい時期でもあります。

夏に向けて庭を手入れするもよし、春の花を堪能するもよしと、自分が作りたい雰囲気のベランダや庭を作れるよう、ガーデニングを楽しんでくださいね。

更新日: 2021年05月12日

初回公開日: 2016年03月23日

関連コンテンツ