ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

誕生月の花とは?月別(1~12月)の花まとめ

1年365日、それぞれの日にちなんだ誕生花が決められています。これとは別に、月ごとにも他誕生月の花が決められているんです。それぞれの月の気候や雰囲気とマッチするものが付けられているので、自分のものを調べてみると楽しいかもしれませんね。また、大切な人に贈るプレゼントの参考になるかも。今回は、1~12月の月別で、誕生月の花をご紹介します。

■ 1月

シンビジウム

シンビジウム 鉢
花言葉 『飾らない心』『素朴』『壮麗』『華やかな恋』『高貴な美人』『誠実な愛情』『深窓の麗人』

シンビジウムは、華やかな洋蘭の1種です。日本では、胡蝶蘭に次ぐ人気で、寒さに強いことから、冬の鉢花として広く知られています。やさしく落ち着いた花色なことから、「飾らない心」「素朴」など親しみが感じられる花言葉が付けられたんだとか。プレゼント向きの花言葉でもありますね。

シンビジウム以外は、同じランのオンシジウムやスイセン、エリカ、椿なども1月の誕生月の花としておすすめです。

■ 2月

フリージア

フリージア
花言葉 『あどけなさ』『純潔』『親愛の情』

フリージアは、早春の訪れを感じさせてくれる香りのよい花です。白や黄色、ピンクなど鮮やかな花色のものが多く、冬の間寂しくなった花壇やプランターを明るく彩ってくれます。

黄色には「無邪気」、白には「あどけなさ」、赤には「純潔」、紫には「憧れ」と、花色ごとの花言葉も持っているので、相手のイメージに合った花言葉の付けられたものを選ぶと喜ばれますよ。

他の2月の花には、フリージア、サクラソウ、マーガレット、ウメなどがおすすめです。

■ 3月

チューリップ

チューリップ3
花言葉 『博愛』『思いやり』

春の花と聞かれて、真っ先に思いつく花の1つ、チューリップ。3人の騎士にプロポーズされた美しい女性が、争いをさけるためにチューリップの花に姿を変えたという伝説から、「博愛」という花言葉が付けられました。

5,000以上の品種があり、花色や草丈、花の形は様々で、土に植え付けるだけでなく、水栽培も楽しめますよ。チューリップ以外には、菜の花やスイートピー、アイリス、スミレなどもおすすめです。

■ 4月

桜(サクラ)

サクラ 桜 花 枝
花言葉 『精神の美』『優美な女性』

桜は、花が咲き進む姿も、吹雪のように舞いながら散る姿も美しい春の花木です。古くから日本人の精神の象徴として愛されてきました。そんな桜の花言葉は「精神の美」。そのしとやかな美しさを表すようですよね。近年は花束に加えて楽しまれることも増えているんですよ。

4月は、桜以外にも有名な花が開花期を迎えるので、チューリップやアルストロメリア、カラー、カスミソウなど、好みに合わせた花を送っても喜ばれますよ。

■ 5月

すずらん(鈴蘭)

スズラン 種類
花言葉 『幸福の再来』『純粋』『純潔』『謙遜』

すずらんは、茎から垂れ下がった花の姿が鈴のようにかわいらしい花です。ヨーロッパでは聖母マリアの花とされることから、「純粋」「純潔」という花言葉が付けられました。また、「幸福の再来」とは、春の訪れを知らせるように花を咲かせることから。大切な人へのプレゼントにおすすめです。

春真っ盛りな5月の花には、カーネーションやアヤメ、牡丹なども人気がありますよ。

■ 6月

バラ

バラ オレンジ
花言葉 『愛』『美』

「花の女王」として、知らない人はいないバラ。今でも盛んに品種改良が行われ、25,000以上ある品種は、今も増え続けています。

そのため、様々な見た目、育ち方、咲き方をして、花束からガーデニングまで幅広いシーンで活躍してくれます。花束を贈るなら、束ねる花の本数に注目。本数によっても意味合いが違っているんですよ。

バラ以外なら、トルコキキョウやグラジオラス、クチナシ、あじさいなどもおすすめです。

■ 7月

百合(ゆり/リリー)

百合 白 ユリ 
花言葉 『純潔』『無垢』『威厳』

百合は、そのゴージャスな見た目から、高級店舗の店内を装飾するなどインテリアとしてもよく利用される花です。特に、カサブランカという白い百合の種類は、強い香りも手伝って、女性へのプレゼントに人気です。お部屋に1輪あるだけであたりが一気に華やぎますよ。

百合以外にもダリアやブーゲンビリア、クレマチスなどが7月の花としてはおすすめです。

■ 8月

ひまわり(向日葵)

ひまわり
花言葉 『あなただけを見つめている』『愛慕』『崇拝』『熱愛』『偽りの富』

夏のシンボルといえば、ひまわり。放射状に開く大きな黄色い花は、歌や絵画の題材にもされるほど世界中の人々に愛されています。

花が太陽を追いかける性質があることや、ギリシャ神話に登場する太陽の神アポロンの花であることから、「あなただけ見つめてる」という花言葉が付けられました。ポジティブで情熱的な花言葉をたくさん持つことから、プロポーズの花束にもよいですよ。

太陽が照りつける8月の誕生月の花には、アンスリウムやアマリリス、都忘れ、アサガオ、睡蓮なども人気があります。

■ 9月

ダリア

ダリア ピンク
花言葉 『華麗』『優雅』『気品』『威厳』『移り気』『裏切り』『不安定』

何枚にも花びらを重ねて、大きな花を咲かせるダリア。秋の花の代表格で、フランス皇帝ナポレオン一世の妻ジョセフィーヌが愛した花としても知られています。

花のサイズが大きいものから小さいものまで幅広く揃うので、プレゼントにするときは花束のサイズを先に決めてから花を決めるとうまくいきますよ。

クレマチスを贈ったことがある方には、リンドウやキキョウ、アスターやフヨウなども9月の誕生月の花としておすすめです。

■ 10月

ガーベラ

ガーベラ
花言葉 『希望』『常に前進』

ガーベラは、シンプルな見た目と、豊富に揃う花色から、男女問わず人気の秋の花です。「希望」「常に前進」というポジティブで、相手の背中を押すような花言葉から、歓送迎会の花束にもよく使われていますよ。

コンパクトな鉢植えは、ちょっと飾れて楽しめて、プレゼントにもぴったりですよ。他にもコスモスやブバルディア、サフランなども10月の花として人気です。

■ 11月

シクラメン

ガーデンシクラメン 鉢植え
花言葉 『内気』『はにかみ』『清純』『きずな』『愛情』『思いやり』『緻密な判断』など

シクラメンは、育つ花が減って寂しくなる冬の花壇の彩りとして活躍する花です。上へまっすぐ伸ばした茎の先に、1輪の控えめな花を咲かせます。

夏の暑さが苦手なことから、かつては鉢植えにして栽培されることが多かったのですが、小型で丈夫なガーデンシクラメンが登場し、ガーデニングや寄せ植えの花材に利用される機会が増えていきました。

冬を迎えた11月の花には、スプレー菊やブバルディア、サフランなどもおすすめです。

■ 12月

ポインセチア

ポインセチア 鉢
花言葉 『祝福する』『幸運を祈る』『私の心は燃えている』『聖なる願い』『聖夜』『清純』

クリスマスが近づくに連れて、町を赤や白の花で彩るポインセチア。花のように見える部分は、本来花を包みこむ、苞(ほう)という葉っぱが変化したものなんです。

キリスト教と関わりが深いことから、クリスマスが近づくと、世界各国で飾られて楽しまれています。花言葉も縁起がよいので、鉢花を贈られて困る人はいないですよ。

クリスマスが似合う12月の花には、カトレアやストレリチア、アンスリウム、カランコエなどもプレゼントとして人気がありますよ。

誕生月の花を知っておくとプレゼントに花を贈りやすくなる

誕生日 花

誕生日やプロポーズ、特別な日花をプレゼントするのはステキですよね。そしてそれが自分の誕生花や花言葉でのメッセージだったらなおさら。誕生月の花は1つではないので、相手のイメージに合ったものや、シーンに合った花言葉が付けられたものを選ぶとよいですよ。

初回公開日: 2016年04月11日