ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ブロッコリースプラウトとは?食べ方や栄養、効果・効能は?

ブロッコリースプラウトは今世界的に注目されている食材です。ダイエットや美容に関心の高い女性を中心に、自分で育てて毎日の食卓に取り入れる人が増えているんですよ。栄養満点で、デトックス効果があり、室内で簡単に栽培できることが魅力。今回は、そんなブロッコリースプラウトとは何か、食べ方や栄養、効果・効能などについてご紹介します。

ブロッコリースプラウトとは?

ブロッコリースプラウト 種

ブロッコリースプラウトとは、発芽してすぐのブロッコリーの幼い芽のことです。スプラウト(Sprout)は、食用になる新芽の総称で、アブラナ科の緑黄色野菜や豆類を中心に、欧米をはじめ世界各地で古くから栽培されてきました。身近な食材では、もやしやカイワレ大根、豆苗などもスプラウトにあたります。

ブロッコリースプラウトの栄養は?

ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトは、ブロッコリーよりも栄養価が高く、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの高い抗酸化作用をもつ成分が豊富に含まれます。注目は胃腸薬にも配合される「キャベジン」や、ファイトケミカルの一種「スルフォラファン」です。これらはアブラナ科の植物特有の抗酸化物質で、健康にうれしい効果がたくさんあります。

ブロッコリースプラウトの効果・効能は?

ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトからは、成熟した株の約7〜20倍の高い濃度のスルフォラファンを摂取できます。スルフォラファンとは、体から余分なものを排出する力や、抗酸化力と関わりのある酵素の働きを高める成分です。

たくさん摂取することで、抗がんやデトックス、アンチエイジングの効能が期待できます。また、解毒酵素をたくさんつくり出すことで、肝機能の働きを高め、胃がんの原因になるピロリ菌を殺菌します。ブロッコリースプラウトなら加熱を行わず生で食べられるので、酵素を破壊せずに栄養をそのまま体内に取り込めますよ。

ブロッコリースプラウトの食べ方は?

ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトは、「3日に1回」「生のまま」「よく噛んで」食べるのが最適です。抗酸化作用があるビタミンCは、余分に摂取した分は体外に排出されてしまうので、できるだけ毎日とった方がよいとされています。一方、スルフォラファンによって働きが活発になった解毒酵素は、約3日間体内で効力を持続するとされています。そのため、3日に1回ほどの摂取でも、効果は十分に得られます。

ただ、スルフォラファンが酵素と反応するためには、細胞がしっかり壊される必要があります。また、スルフォラファンと反応する酵素は熱に弱い性質があります。そのため、サラダなど加熱しないレシピがおすすめです。スムージーや野菜ジュースに加えれば、細胞もきちんと壊されてよいですよ。

ブロッコリースプラウトは栄養満点の野菜

ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトは、カイワレ大根のような辛味がないことも人気の理由です。生のままでも食べやすく、ドレッシングをかけて食べるだけでも栄養満点。取り込める栄養が豊富で、体の毒素排出を促す働きは3日間も続いてくれます。体の抗酸化力を高め、美しさや健康を保つ手助けになりそうですね。

初回公開日: 2016年04月09日