ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ガジュマルの植え替えを成功させるコツ!準備する土や手順は?

ガジュマルは、ポッコリとふくれる幹が、見ている人を和やかな気持ちにさせてくれる不思議な観葉植物です。生長スピードが早く、同じ鉢で育て続けていると根詰まりを起こすことから、植え替えは大切な作業の1つといえます。

今回は、準備する土や手順など、ガジュマルの植え替えについてご紹介します。

ガジュマルを植え替えて育ちやすい環境を作る

観葉植物のガジュマルの画像

ガジュマルは1~2年に1回植え替えが必要です。根詰まりを防ぎ、土の栄養を増やすという2つの目的があります。

同じ鉢の中で何年も育て続けていると土の中で根を生やすスペースがどんどん減って、根詰まりの状態になり、伸びる場所がなくなります。最終的には根が呼吸ができなくなり、酸素が全体へと行き渡らず、腐って枯れる場合もあります。

また、ガジュマルを植えたばかりの土は粒がしっかりしており栄養も満点ですが、時間がたつと粒が崩れて水はけの悪い泥状になります。すると栄養も減ってしまうのです。

植え替えることで環境をリセットし、ガジュマルの生長をうながしましょう。

ガジュマルを植え替えるときに準備する土やグッズは?

  • 鉢に植えられたガジュマル
  • 元の鉢よりも一回り大きな鉢
  • 清潔なハサミ
  • ピンセット
  • 新しい土
  • 鉢底ネット
  • 鉢底石
  • 割りばし
  • ビニールシートや新聞紙

植え替えのときは、今使っているものよりも一回り大きな鉢を準備します。5号鉢を使っているなら、6号鉢に切り替えるといったぐあいです。

また、「育ちやすい新しい土」を準備するのが、ガジュマルの植え替えでは大切。はじめての方は、園芸店やホームセンターで市販されている観葉植物用の培養土を使えば手間もかかりません。

ワンランク上を行くなら、自分でガジュマルに合った土を作ってみるのも楽しいですよ。赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土に、粒状の緩効性肥料を少し入れてよく混ぜ合わせたものなら元気に育ちます。水はけを気にするなら、パーライトやピートモスを1割ほど加えるとよいです。

ガジュマルを植え替える方法は?

観葉植物ガジュマルの鉢植えの画像

土やグッズの準備が整ったら、ガジュマルの植え替え作業を進めていきましょう。

気温と湿度が安定しているよく晴れた日の午前中は、根へ余計な負担をかけずに植え替えられますよ。雨が降っている日は湿度が高く、根に雑菌がつく可能性があるので避けてくださいね。

■ 手順

  1. 新しい鉢の底穴に鉢底ネットをかぶせる
  2. 新しい鉢の底へ鉢底石を敷き詰め、土を1/3ほどまで入れる
  3. 古い鉢からガジュマルを引き抜く
    ※無理に力を加えず、鉢の横をトントン叩くと抜けやすくなる
  4. ガジュマルの根についた土を上から下に向かってピンセットでほぐす
  5. 腐ったり黒ずんだりしている根はハサミで切る
  6. 新しい鉢の中心にガジュマルを置く
  7. 鉢の縁から下2〜3cmのところまで土を入れる
  8. 土の表面を割りばしでつつき、根と土をなじませる
  9. 鉢底から流れ出るくらいたっぷり水やりをする

ガジュマルはいつ植え替えるとよいの?

植え替えは根を切ったり傷つけたりするので、ガジュマルに少なからずダメージを負わせます。早く回復するために、生長が活発な4~7月に植え替えをしましょう。

真冬など育ちの悪い時期に行うと、そのまま傷が回復せず枯れるリスクがあります。1年中元気に育つガジュマルですが、いつ植え替えをしてもよいわけではないんですよ。

ただし、鉢の底から根がとび出て、葉が黄色く枯れているときは季節に関係なくすぐに植え替えをしましょう。根腐れや根詰まりを起こしている可能性があるからです。寒い時期に当たった場合は、室内のあたたかく日当たりのよい場所で管理してあげてくださいね。

ガジュマルを植え替えた後に注意することは?

観葉植物ガジュマルの鉢植えの画像

植え替えがすんだからといって、すぐに元どおりの管理はできません。根をほぐしたり、切ったりしたことで、ガジュマルはまだ水を十分に吸い上げられないためです。また、新しい土に根が定着しておらず、強い日差しが悪影響を与える可能性もあります。

植え替えた後1~2週間は、直射日光を避け明るい日影に置いて育てるようにしてください。風通しが悪いと害虫が発生しやすくなるので、やわらかな日差しが差しこむ窓際や日よけをつけたベランダなどに置くのがおすすめです。

この間、土が乾いたら水を与えるようにし、肥料はストップします。新しい芽や枝が生えてきたら、いつも通りの環境に戻し、液体肥料を与えてあげましょう。

お部屋にあった鉢へガジュマルを植え替えよう

観葉植物ガジュマルの鉢植えの画像

市販されているガジュマルのほとんどは、プラスチック製の鉢に植えられています。そのまま部屋に置いてもステキですが、植え替えのときにお部屋とあった鉢に植えると、雰囲気がガラリと変わりますよ。

和室なら和柄の陶器鉢、ベランダならアンティーク風のテラコッタ鉢などシーンに合わせた鉢選びも、植え替えの楽しみになります。おしゃれなガジュマルを、植え替えをしながらさらに楽しんでくださいね。

初回公開日: 2015年06月24日