ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

睡蓮(スイレン)の花言葉|蓮との違い、花が咲く時期や季節、種類

水面に浮いたように大きな花を咲かせる睡蓮は、幻想的な雰囲気を演出してくれますよね。日本全国の池や沼に広く分布していることや、フランスの画家モネの絵画から、一度は花を見かけたことがあると思います。また、同じように水面に咲く「蓮(ハス)」と混同してしまう方も多くいます。

今回は、睡蓮の花言葉や学名、蓮との違い、見頃の季節や種類をご紹介します。

睡蓮(スイレン)の花の色は?学名や別名は?

学名
Nymphaea
科・属名
スイレン科スイレン属
英名
Water lilly
原産地
世界中の熱帯~温帯地域
開花期
5~10月
花の色
白、ピンク、赤、黄、オレンジ、青、紫
別名
未草(ヒツジグサ)
ウォーターニンフ

睡蓮(スイレン)ってどんな花?

睡蓮 白 池 スイレン 

睡蓮は、世界中の熱帯から温帯の広い範囲に分布する植物で、深い切り込みが1本入った円形の葉と、水面に浮かぶ花が特徴です。水位が安定している池や沼で育つ水生の宿根草で、様々な花色を持っています。

学名の「Nymphaea(ニンファエア)」は、ギリシア神話に登場する水の精「nymph(ニンフ)」に由来するとされています。ニンフは、英雄ヘラクレスに捨てられ、ナイル川に身を投じて睡蓮になったとされている妖精のことです。この伝説とは別に、睡蓮は水辺に咲くことから、花を摘み取ろうとすると魔物によって水中に引きずり込まれるという伝説がドイツなどヨーロッパ各地にあります。

また、和名の「睡蓮」は、夕方になると眠る(睡る)ように花を閉じることにちなんで名付けられました。別名の「未草(ヒツジグサ)」は、未(ヒツジ)の刻(午後2時頃)に花を開くことに由来しています。ただ、実際は朝から夕方まで花を咲かせています。

睡蓮(スイレン)の花言葉は?

『清純な心』『信仰』『清浄』『信頼』

● 色別の花言葉
白:純粋、潔白
黄:優しさ、甘美
ピンク:信頼

● 西洋の花言葉
purity of heart:清らかな心

睡蓮(スイレン)の花言葉の由来は?

睡蓮は、朝に咲いた花が夕方には眠るように閉じてしまいます。この様子と、放射状に広がる花姿から、古代エジプトでは太陽のシンボルとされており、装飾のモチーフや神話などに睡蓮はよく登場します。

花言葉の「信仰」は神聖な花であることにちなむとされています。「清純な心」という花言葉は、野生の睡蓮の多くが白い花を咲かせることに由来しています。

睡蓮(スイレン)と蓮(ハス)の違いは?

蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)の違い 見分け方

睡蓮と蓮は同じ水生植物で、育つ環境や花姿が似ていることから、過去は同じスイレン科に分類されていました。しかし、近年の研究でDNAの塩基配列や花粉構造などを調べた結果、違う植物であるとされるようになりました。

名前 睡蓮(スイレン) 蓮(ハス)
● 円形で切れ込みがある
● 浮葉のみ
● 水をはじかない
● 斑入りや赤い葉がある
● 円形で切れ込みがない
● 浮葉もしくは立ち葉
● 水をはじく
● 緑の葉しかない
● 花托がない
● 細長く、先端が尖った花びら
● 水面近くに咲く
● 花の中央に雌しべが入っている花托がある
● ふっくらと幅広い花びら
● 水面より高い位置に咲く
● わさびのような形の塊根 ● 地下茎が肥大し、れんこんになる

睡蓮(スイレン)の花が咲く時期と見頃の季節は?

睡蓮 水面 白 スイレン 

睡蓮は種類や品種によって開花時期が異なりますが、5~10月までの長い間花を楽しむことができますます。見頃は6~9月となり、水の上に咲いていることから、避暑として睡蓮の名所を訪れてみるのもおすすめです。

この通り、睡蓮の寿命は長いとされていますが、一方で、間違われやすい蓮の寿命は3日程度と短いと言われています。

睡蓮(スイレン)の種類や品種は?

睡蓮は多年性の植物で、世界各地に約40種類が分布しており、日本に自生しているのは「未草(ヒツジグサ)」という1種類のみです。睡蓮は2つの品種に大別分することができます。

1つは水面近くに花を咲かせ、温帯に自生している種類を改良した「耐寒性睡蓮」、もう1つは水面から茎を突き出して花を咲かせ、熱帯に自生している種類を改良した「熱帯性睡蓮」です。

日本で市販されているものは、いくつかの野生種を元に品種改良によって生み出されており、花や葉の色、模様も様々です。今回は主な種類をいくつかご紹介します。

ヒツジグサ

日本に自生する種類で、朝鮮半島やシベリア、北アメリカやヨーロッパなど北半球に広くに分布しています。6月~11月に3~4cmほどの大きさで、10枚ほど花びらのついた白い花を咲かせます。別名「未草」の由来となった種類です。

ブルーロータス

英名「Egyptian Blue Water Lily」と呼ばれる種類です。東アフリカのナイル川沿岸が原産地とされており、古代エジプトの壁画などに登場します。名前は、幻想的な青い花を咲かせることに由来しています。

ヨザキスイレン

英名「Egyptian White Water Lily」で、別名「タイガーロータス」とも呼ばれます。アフリカ~東南アジアに分布し、古代エジプトの壁画などにも登場します。通常の睡蓮の生態と異なり、花は夜に咲き、朝になると閉じてしまいます。

睡蓮(スイレン)の花は、睡蓮鉢で育てるのがおすすめ

睡蓮は水生植物で、水面に花を咲かせることから、自宅で育てる場合は「睡蓮鉢」を利用している方も多くいます。水切れや虫につかれないように管理すれば比較的カンタンに育てられますよ。

耐寒性睡蓮と温帯性睡蓮ともに種類が豊富で、花色も色々あるので、自分好みのものを育ててみてください。メダカや金魚を睡蓮鉢で一緒に育てれば、涼しい空間を演出してくれそうですね。

初回公開日: 2015年07月08日