ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

多肉植物と過ごす冬。枯らさないためにできることは?

プニプニの葉っぱがかわいい多肉植物たちは、乾燥に強くてお世話がしやすいので植物を育てる最初のステップとして手に取る方も多いですよね。原産地はわからなくても、あたたかいところが好きなんだろうなぁというのがなんとなくわかる分、はじめて冬を迎えるときはなんだか不安になりませんか?あまり育て方の本でも紹介されていないところも気になります。そこで今回は、育てている多肉植物たちと元気に春が迎えられるよう、寒い時期のお世話のコツをまとめました。

多肉植物はみんな冬が苦手?

多肉植物 サボテン3

多肉植物とは葉っぱや茎、根っこに水をためこむ性質を持つ植物のことで、種類はとても多く原種だけでもその数は1万を超えると言われています。そのため、見た目のバリエーションとともに原産地も様々で、好きな気温や環境は違います。ただ、多くのものはアフリカやメキシコなどあたたかい地域が原産で、寒さに弱いです。

ここまでだと、冬を過ごすためには特別な準備が必要なのではと思い、意気込んでしまいますよね。でも安心してください。ちょっとしたコツをおさえておけば、無事に春を迎えることができますよ。ポイントは、気温と水やりのタイミングです。

まずは多肉植物たちの過ごしやすい環境を知る

サボテン 多肉植物4

多肉植物と冬を越すときに、まずチェックしたいのが過ごしやすい環境です。過ごしやすい場所を作ってあげることで、冬の間もツヤのあるイキイキとした姿を保てます。

多肉植物のタイプは、大きく「春秋型」「夏型」「冬型」の3つに分かれていて、それぞれが生長する時期(生育期)と休む時期(休眠期)が違います。以下にそれぞれの特徴をまとめました。もっと、詳しく知りたい方は、関連記事でそれぞれのタイプの特徴を詳しくご紹介しているので、参考にしてみてください。

育ちやすい気温 生育期 休眠期
春秋型 10~25℃ 春・秋 夏・冬
夏型 20~30℃
冬型 5~20℃

外にある多肉植物は寒くなったら室内に取り込む?

多肉植物 観葉植物5

上の章でご紹介した「育ちやすい気温(生育適温)」からもわかるように、多肉植物は少なくとも5度以上の気温がないと弱ってしまいます。そのため、外で育てていた多肉植物たちはお部屋の中に入れてあげましょう。

寒さに強い種類であれば、新聞紙や不織布にくるんで保温し、軒下に移しておくのもOKです。霜が降りにくい西日本は、「昼は外、夜はお部屋」と時間帯によって置き場所を変えるくらいでも冬が越せる強さがありますよ。

ただ、秋に植え替えをした多肉植物は、根っこがまだ育ちきっていないことがあり、植え替えをしなかったものに比べて弱っています。そんなときは、お部屋の中に入れてあげた方が安心です。

冬だからこそ日当たりと風通しのよい場所に置いてあげたい

オリジナル グリーンネックレス セダム エケベリア 多肉植物 寄せ植え (1)

多肉植物は日が当たり、乾燥した環境が好きです。日が出る時間が短くなった冬は、どうしても日光を求めて茎が変な方向に伸び、いびつな形になってしまいます。それでは、かわいい多肉植物の姿が台無しです。お部屋の中ならやわらかな日差しが入るレースのカーテン越しに置くようにしてください。

ただ、お部屋の中だからと安心してはいけません。冬は乾燥が気になる…と加湿器で湿度が高くなることがあります。多肉植物は湿度の高い環境だと水分が多すぎて葉っぱや茎が腐ってしまいます。スノコなどを底に敷いて風通しをよくしてあげましょう。

冷たい水は室温に近いくらいあたためて控えめにあげる

オリジナル グッズ 多肉植物 セダム 挿し木 ハサミ 植木鉢 (22)

種類によって育つサイクルは違いますが、春秋型や夏型の多肉植物の水やりは「控えめに」が基本です。土が乾燥して、葉っぱに少しシワが寄ったときに水やりをするくらいがちょうどよいですよ。ただ、冬型のものはよく育つ時期なので、土が乾いたら水をたっぷりと与えましょう。このとき、水やりをした後の土が凍らないようにすることが大切です。

このとき気をつけたいのが、冬の冷たい水は根っこにダメージを与えてしまったり、土が凍りやすくなったりといったトラブルを引き起こすこと。室温に近い温度の水を与えるようにしてくださいね。

休眠期の冬は肥料をストップ

多肉植物 鉢植え

特に育つ時期でない多肉植物に肥料を与えてしまうと、根っこが成分を吸収しきれず腐って枯れてしまいます。そのため、冬に肥料を当たるのは基本的にストップです。苗を植えるときや植え替えるタイミングで肥料を土に混ぜてあれば、生長に影響はありません。

ただし、冬型の多肉植物に限っては、元気がないようなら薄めた液体肥料を水やり代わりに与えてもよいですよ。

多肉植物が気持ちよく過ごせる冬にする

セダム 多肉 植物 多肉植物 

多肉植物は乾燥に強く、お世話のしやすさから人気が年々高まっていますよね。ただ、見た目の変化がわかりづらく、気づいたときには枯れてしまったなんて…失敗も少なくありません。葉っぱが萎れてシワシワになっている姿を見るのはほんとうに悲しいことです。

お世話をするとき、冬と夏は気にかけてあげたい時期。特に冬は土が凍るなど寒さはできるだけ避けることがとても大切になってきます。一緒にあたたかい春を迎えられるよう、多肉植物にとって過ごしやすい環境を作っていってあげてくださいね。

初回公開日: 2016年10月12日