ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【カンパニュラの育て方】種や苗の植え付け時期と方法は?

小さな釣鐘状の花が群がって咲くカンパニュラは、ハンギングや吊り鉢の他に、グラウンドカバーとしても人気の植物です。また、品種によって花の形や色が違いを楽しむことができますよ。今回は、カンパニュラの育て方をまとめました。

カンパニュラの育て方!種や苗の植え付け時期と方法は?

カンパニュラは種や苗から育てることができ、鉢植えにも地植えにもすることができます。ただ、夏の日差しが苦手なことから、はじめて育てる場合は鉢植えで育てた方が移動しやすいですよ。

種まき

種をまく時期は品種によって違い、二年草のタイプであれば5~6月、メイシリーズやチャンピオンシリーズなどは8~9月に種をまきます。

まずは、直径9~10cmほどの素焼鉢に水はけのいい川砂を入れたものか、水をたっぷり含ませたビートバンを用意し、種をばらまいていきます。このとき、種に覆土はしません。その後は水を切らさないように日陰で管理すると、10日前後で発芽します。

発芽したら密集している部分は間引きし、本葉が2~3枚になったら、赤玉土6:腐葉土4に緩効性肥料を混ぜ込んだ用土を入れた6cmポットかセルトレーに移植し、さらに苗を育てます。さらに苗が育ってポットに根が回ったら、庭や鉢に定植していきます。

苗の植え付け

カンパニュラの苗は、9~10月か3~4月に鉢や庭に植え付けていきます。

鉢植えの場合は、苗よりも一回り大きい鉢に鉢底ネットを敷き、底石を鉢の高さの1割程度入れたものを準備します。用土は、水はけがよい弱アルカリ性のものを好むので、赤玉土6:腐葉土4の割合で混ぜ合わせたものか市販の草花用培養土に、石灰を混ぜ合わせたものを用いましょう。

鉢に土を少量入れ、苗を中心に置き、鉢の縁から1~3㎝程度下の水しろを残して、残りの土を入れ込みます。苗がしっかり固定できるように割りばしなどで土を軽く突くようにすると根に土が隙間なく入っていきますよ。

地植えする場合は、庭土に完熟堆肥と石灰を混ぜておくようにします。そして土を20~30cmのタサに盛って、水はけを良くしていきます。カンパニュラは多湿を嫌うので、株間は30cmほど広く開けておきましょう。また、花茎が伸び始めたら、支柱を立てて倒れないように支えます。

カンパニュラの育て方!水やり・肥料の与え方は?花の管理は?

カンパニュラは、多湿を嫌うので、土が十分に乾いたことを確認してから、たっぷりと水を与えるようにします。

鉢植えの場合は受け皿に水が溜まったらその都度捨てるようにしてください。また、日差しの強い日中に水やりをすると根を傷めてしまうので、水は午前中の涼しいうちに与えるようにします。地植えの場合は、天候任せでも十分に育ちますが、日照りが続き、葉に元気がなくなってきたときは水を与えてあげるようにしてください。

肥料は、元肥として緩効性の肥料を土に混ぜ込んだ後は、花が咲き終わるまでの3~9月の間に週1回程度草花用の液肥を与えるようにします。

カンパニュラの花の管理はどうする?

花が咲き終わった後、カンパニュラは種をつけます。この種は、株の栄養を奪ってしまうので、花が咲き終わった後は、花がらをこまめに摘み取りましょう。花の付け根部分から全体を軽く刈り込み、枝は残しておくのがポイントです。

カンパニュラの増やし方!株分けの時期と方法は?

カンパニュラは種と株分けで増やすことができます。種まきの方法は、植え付け時の方法と同様です。

株分けは、9~10月か、3~4月の花が咲いていない時期に行います。根が鉢にいっぱいに回ったタイミングで、小さい株は手で、大きい株はナイフで茎に根がついた状態で分けていきます。大きな株は5~6株、小さな株は2~3株に分けることができますが、その後の管理を考えてあまり小さな株に分けすぎないように注意しましょう。株分けしたものの植え方は、苗の植え付け時と同様です。

カンパニュラの注意する病害虫は?

カンパニュラは、葉や花を食べるなどナメクジの被害にあいやすいので、鉢底なども注意してみるようにし、見つけた場合は薬剤などで早めに駆除しましょう。

カンパニュラの育て方のポイントは?

カンパニュラは、風通しと日当たりのよい場所を好み、日陰では花を咲かせません。ただ、高温多湿を嫌う性質があるので、地植えにする場合は真夏の強い日差しが当たる場所は避けるようにしましょう。

また、寒さに強く、雪にも耐えて春には新芽を出してくれますが、葉が茶色く変色することがあるので、冬場は霜よけをしておくと安心です。

カンパニュラの花が咲いたらこまめに花がら摘みをしよう!

カンパニュラは、花の少ない夏場に小さな花をたくさん咲かせます。釣鐘のような姿の花は、とても美しいのでためらってしまいますが、花がら摘みをきちんと行うことで、長く花を楽しむことができますよ。

初回公開日: 2015年07月30日