ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【ジャーマンアイリスの育て方】植え替えや株分けの時期と方法は?

ジャーマンアイリスは、約200種あるアイリスのうち、地植えで楽しまれることの多い品種です。「虹の花:レインボーフラワー」といわれ、白や赤、黃、紫、ピンクなど多彩な花色で私たちを楽しませてくれます。とても丈夫な性質で、育てやすいことも魅力の1つです。

今回は、ジャーマンアイリスの育て方について、植え替えや株分けの時期や方法などを紹介します。

ジャーマンアイリスとは?別名は何の花?

ジャーマンアイリスは、別名ドイツアヤメとも言われています。

1800年代にヨーロッパのドイツやフランスで品種改良が進み、現在ではアメリカで様々な品種が作り出されています。ヒラヒラした可愛らしい花びらが特徴的で、中心部の花びらは立ち上がっています。花の見頃は4~5月頃で、白、黄、青、紫などの花を咲かせます。

ジャーマンアイリスの育て方!球根や苗を植え付ける時期と方法は?

ジャーマンアイリスは、球根と苗から育てることができます。いずれの場合も、8~10月が植え付けの適期です。球根を深く植えてしまうと腐ってしまうので、浅く植え付けてください。

地植え

日当たりと水はけがよく、乾きやすい土地を選びます。庭の土は事前に掘り起こし、腐葉土を混ぜておきます。中性~アルカリ性の土を好むので、土が酸性に傾いている場合は、苦土石灰を少量混ぜてください。土ができたら、植え付け場所を高く盛って高畝(たかうね)を作り、球根を横向きにして、背中が土から出るように浅く植え付けます。複数の球根を植えるなら、3つの球根で三角形を作り、それぞれの間隔が50~60cm空くようにするといいですよ。

鉢植え

7号以上の深鉢に球根を1つ植え付けます。水はけがよく、有機質が豊富な土を好むので、赤玉土(小粒)5:腐葉土5の配合土に、苦土石灰を少量混ぜたものを使いましょう。鉢の底に、ゴロ土や軽石を敷き、用土を入れたら、球根を横向きに浅く植えてください。根がはるまでは倒れやすいので、支柱を添えて固定しましょう。

ジャーマンアイリスの育て方!水やり、肥料の与え方は?

水やり

ジャーマンアイリスは、乾燥した環境を好みます。鉢植えの場合、春は土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。それ以外の季節は、土が乾いてしばらくしてから水を与えるようにしましょう。地植えの場合は、特に水やりの必要はありません。

肥料

地植えの場合は、3月と9~10月に1回ずつ、ゆっくり効くタイプの化成肥料を株の周りに施します。鉢植えは、10~12月と2~3月に、月に1度、株の周りに置くタイプの肥料を施しましょう。軟腐病にかかってしまう恐れがあるので、葉を茂らせる窒素の多い肥料は避け、花を大きくリン酸が多く含まれる肥料が好ましいです。

ジャーマンアイリスの剪定の時期と方法は?

枯れた葉や花を見つけたら取り除きます。こまめに取り除くことで、花の見栄えがよくなり、病気を予防することができます。葉が混みあっているところや花の咲かない小さな芽、余分な芽は取り除いて、風通しをよくしてください。

ジャーマンアイリスの育て方!植え替えの時期や方法は?

ジャーマンアイリスは植えっぱなしでもよく育ちますが、同じ場所で長期間育てると、芽数が増えて花付きが悪くなり、病気にもなりやすくなります。そのため、定期的に植え替えをして、株を元気にしてあげます。

地植えの場合は、株分けもかねて3~4年に1回、9~10月に植え替えましょう。鉢植えの場合は、土の劣化と根詰まりを起こすため、毎年新しい用土に植え替えます。

ジャーマンアイリスの増やし方と時期・方法は?

9~10月の植え替えと同時期に、株分けで数を増やします。清潔なナイフやはさみで、1つの株に芽が1~3個付くように、根株を切り分けます。分けた株は、葉を半分くらい切り落とし、余分な水分が蒸発するのを防いでください。それぞれの球根を、土から背中が出るくらい浅く植え付けて、通常通り栽培しましょう。

ジャーマンアイリスが注意する病気や害虫は?

ジャーマンアイリスは丈夫な植物ですが、梅雨や高温多湿の時期に、軟腐病やアブラムシの被害を受けることがあります。

軟腐病

植物の傷口から細菌が入ることで根や茎が溶けるように腐ってしまう病気です。治療ができないので、感染した株は土から抜いて処分します。軽度であれば、株を掘り上げて患部をきれいに洗い流し、風通しのよい場所で乾燥させることで回復することもできます。

アブラムシ

5~6月に発生しやすい害虫で、植物に寄生し、栄養を吸い取って弱らせます。普段から薬剤を散布して予防し、見つけたら手で取り除くか殺虫剤で駆除してください。

ジャーマンアイリスの育て方のポイントは?

ジャーマンアイリスは、乾燥を好むため水やりは控えめで、よく日の当たる場所で育ててください。また、高温多湿の環境だと、根や茎が腐って枯れてしまうので、水のあげすぎにも注意が必要です。

ジャーマンアイリスの花を楽しもう!

ジャーマンアイリスは、暑さや寒さ、乾燥に強い丈夫な植物です。気軽に育てることができるので、ガーデニング初心者にもおすすめです。色とりどりでかわいらしい花を咲かせてみてくださいね。

更新日: 2018年08月23日

初回公開日: 2015年08月30日

関連コンテンツ