ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

万年青(オモト)の育て方!花言葉、種類、植え替え、株分けの方法は?

万年青(オモト)は、特別な読み方をする植物です。縁起がいい植物とされ、古くから日本で栽培されてきました。お正月飾りで知られていますよね。今回は、万年青の花言葉や種類、植え替えの時期や方法など、育て方についてまとめました。

万年青(オモト)の花言葉は?

『長寿』『崇高な精神』『長命』『母性の愛情』

万年青は、一年中緑の葉を茂らせていることから、庭に植えると災難を防ぎ、家が万年栄えるといわれています。「長寿」「長命」の花言葉は、その様に由来しています。

濃い緑の葉に包まれるようにして赤い実がなる様子は、母親が子供を抱きかかえて慈しむ姿と重なることから、「母性の愛」という花言葉がつけられました。

万年青(オモト)の学名・原産国・英語

学名
Rohdea japonica Roth
科・属名
ユリ科オモト属
※スズラン科とされることもある
英名
Rohdea japonica
原産地
日本、中国
開花期
5~6月
花の色
クリーム
別名
レイロ(黎蘆)
イワラン
シシノクビキ
老母草(オモトグサ)
辛抱草
縁起草

万年青(オモト)とは?どんな花を咲かせる?

万年青は、日本と中国に自生する多年草です。草丈は30~60cmで、年中緑色の葉っぱをつけます。4~6月に、クリーム色の小さな花を棒状に連なって咲かせ、その後に真っ赤な実をつけます。また、根には毒があります。

およそ400年前の江戸時代初期から、万年青は園芸に用いられてきました。3代目将軍徳川家康が、「家臣から献上された3本の万年青を携えて江戸城に入城した」という故事が残されています。その後、長い期間江戸時代が続いたことから、今も縁起のいい植物とされています。当初は大名が好んで栽培していましたが、徐々に市民へと広まり、江戸中期にブームとなって多数の園芸品種が生み出されました。

万年青(オモト)の種類や品種は?

万年青は、葉の長さや葉姿によって品種が分類され、今では1,000以上の品種が日本おもと協会に登録されています。中には希少価値が高い品種も多く、コレクターの間では高値で取引されています。以下にそれぞれの系統の特徴をまとめました。

大葉系

葉の長さが30~40cmくらいの品種系統です。大柄で雄大な姿をしているものが多く、「大葉万年青」とも呼ばれます。曙や大観などが代表的な品種です。

薄葉系(中葉系)

葉の長さが20cm前後の中型品種の系統です。葉の特徴によってさらに薄葉系、獅子系、縞甲系に分けられます。

● 薄葉系
薄葉系の中でもやや小柄で、葉が薄いものを指します。富士の雪や根岸の松などの品種があります。

● 獅子系
葉先が内側に向かってカールしている品種群で、独特の葉姿をしています。玉獅子や玉姫といった品種があります。

● 縞甲系
葉が細長く、厚みがあるタイプの品種群です。錦麒麟や晃明殿などの品種が分類されます。

羅紗系(小葉系)

葉の長さが5~10cmほどで、表面に細かいシワがある品種を指します。現在最も登録されている品種が多く、富国殿や瑞泉といった園芸品種があります。

万年青(オモト)の育て方のポイントは?

万年青 葉 アップ

元々は木漏れ日の下で群生する植物で、直射日光が苦手。また、多湿にも乾燥にも弱いことから、季節によって置き場所を変えてあげる必要があるので、鉢植えで育てるのがおすすめです。庭で育てるときは、気温が10度以下にならない場所へ植え付けてください。

万年青(オモト)の苗植えの時期と方法は?

万年青は種から育てることができますが、管理が難しいため、種まきは品種改良以外、あまり行われません。趣味として育てたい方は、苗から育てはじめましょう。3~4月か、9~10月が植え付けの適期です。

鉢植えにするときは、根が鉢の内側に触れるくらいの鉢を選びます。先に鉢の1/3ほどに土を入れたら苗を植え、また土を入れて押し固めます。土の表面に水苔を敷いておくと乾燥を防ぐことができますよ。

地植えは、午前中だけ日が当たる、水はけのよい場所に植え付けます。苗よりも少し大きい穴を掘り、植え付けてください。

万年青(オモト)の土作り、水やり、肥料の与え方

土作り

水はけのよい土であれば、どんな土でも育ちます。川砂や軽石、日向土、富士砂が植え付けにおすすめ。また、羅紗系は、朝明砂がいいとされています。

水やり

土の表面や水苔が乾いたら、鉢底から出るくらい水を与えます。頻度は季節によって異なり、4~6月と9~11月は毎日、7~8月は1日1~2回、12~3月の休眠期は3~5日に1回が目安です。

肥料の与え方

肥料は与えすぎると株が傷んで枯れてしまいます。4~6月と9~10月に1度ずつ、薄めた液体肥料を与えれば十分です。

万年青(オモト)の植え替え、株分けの時期と方法は?

1~2年に1度、根をよくはる3~4月か9~10月に植え替えをします。根を傷つけないよう株を掘りあげ、根や葉元についたカスや土を固い筆で取りのぞきます。根を水洗いし、傷んだ箇所を切り取ったら、新しい鉢に植え替えます。根は広げながら植え付けるのがポイント。最後は水をはったバケツに鉢ごとつけて、水を十分吸収させます。

また、植え替えと同時に株分けをすれば、数を増やすことができます。鉢から苗を取り出したら、根元を水洗いし、太い株を両手で分けます。白い根が元気なので、各株に白い根が残るようにしてください。植え付けは、植え替えと同様です。

万年青(オモト)がかかりやすい病気や害虫は?

ハムシに葉を食害されることがあるので、見つけ次第、手袋や雑巾でつまんで取りのぞきます。5~8月にかけてオルトランやアドマイヤーなどの殺虫剤を散布して予防しましょう。

万年青(オモト)の育て方は簡単

万年青 育て方

万年青は古くから園芸種として親しまれてきた、育てやすい植物です。乾燥や過湿に弱いとはいっても、水やりのコツさえ掴んでしまえば、初心者でも育てられますよ。飾りものとして縁起がいいので、植物で迷っている方は、ぜひ観葉植物として育ててみてください。

初回公開日: 2015年09月06日