ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

モロヘイヤの栽培|育て方のコツや種まきの時期と方法は?

ネバネバの葉物野菜として、食卓にのぼる機会が最近増えているモロヘイヤ。古代エジプトの王様が、病気のときにモロヘイヤのスープで回復したといわれるほど栄養価に優れています。7~8月に旬を迎え、夏バテの予防や解消にも効果的なんですよ。今回は、そんなモロヘイヤの栽培について、育て方のポイントや種まきの方法などをご紹介します。

モロヘイヤの育て方のポイントは?

モロヘイヤ2

気温が高くなってから栽培をはじめ、たっぷりの水を与えて育てるのがコツです。モロヘイヤは、発芽に25度以上が必要で、生育には25~30℃が適しています。乾燥が続くと茎葉が固くなってしまうので注意してください。

モロヘイヤの種まきの時期と方法は?

生育状態を揃えるため、育苗してから、鉢や地面で本格的に育てていきます。種まきは、気温が十分に上がった4月下旬~6月中旬が適期です。一晩水に浸けておくと、発芽率が高まりますよ。

  1. 赤玉土(小粒)など種まき用の土を育苗ポットやセルトレイに入れる
  2. 種を育苗ポットに5~6粒か、セルトレイの区切りごとに2~3粒種をまく
  3. 薄く土を被せ、たっぷりと水を与える
  4. 土の表面をワラや新聞紙で多い、土が乾燥しないように暖かい場所で管理する
  5. 発芽したらワラや新聞紙は取り除く
  6. 双葉が生えたら、生育の悪いものを間引く
  7. 本葉が3~4枚になったら必要な苗の数を1本ずつ育苗ポットに植え替える
  8. 本葉が5~6枚になったら、鉢やプランター、畑に植え替える

モロヘイヤの苗植えの時期と方法は?

育苗もしくは市販の苗は、5~6月にプランターや鉢、地面に植え付けていきます。気温が低いと花が咲いてしまい、葉っぱの味が落ちてしまうので、気温は25度以上を確保できるようにしましょう。

鉢植え

60~65cmのプランターで2~3株、8号以上の鉢で1株を目安に植え付けます。市販の花と野菜用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6:腐葉土2:バーミキュライト2の割合で混ぜた土に苦土石灰や化成肥料を大さじ1杯ほど加えてよく混ぜたものを使いましょう。根鉢を崩さないようにして、株元の根が土からうっすら見えるくらい浅く植え付けます。

地植え

日当たりと水はけのよい場所を選び、植え付けの2週間前には苦土石灰を施して土の酸性度合を中和し、よく耕しておきます。そして1週間前に、野菜用の化成肥料や堆肥、油粕などを土に混ぜあわせ、幅30~40cm、高さ10~15cmの畝を立てます。株同士の間隔が30~50cmほどとれるように植え穴を掘ってください。

  1. 畝の表面にポリマルチを張る
  2. 育苗ポットと同じくらいの植え穴を掘る
  3. 土が乾いているようなら水やりをして湿らせる
  4. 根に付いた土を崩さないよう浅めに植え付ける
  5. 株元に土を寄せ、軽く手で押さえて安定させる
  6. たっぷりと水を与えて植え付け完了

モロヘイヤの水やり、肥料の与え方

水やり

モロヘイヤは乾燥に強く、一度根付けばよほど日照りにならない限り、地植えなら水やりをしなくてもよく育ちます。極端に乾燥するようであれば、水やりをするようにしましょう。プランターや鉢植えなら、土が乾いてから水を与えるとよいですよ。

肥料の与え方

植え付けるときに必要な肥料を施した後は、苗の定植後2週間経ってから追加の肥料を与えていきます。2週間に1回、化成肥料を株間または株の周りに施すか、7~10日おきに薄めた液体肥料を与えます。

モロヘイヤの収穫の時期と方法は?

7月に入って草丈が30~40cmくらいに生長したら、株の先端を15cmほど摘み取って、摘心を兼ねた収穫をします。摘心をすることで、わき芽が伸びて収穫量が増えますよ。

その後、草丈が40~50cmになったら、15cmほど葉先のやわらかい部分を摘み取って収穫をします。うまくいくと、11月上旬くらいまで収穫を楽しめますよ。

モロヘイヤの栽培で注意する病害虫は?

モロヘイヤはオンブバッタやハダニなど葉っぱを食べてしまう害虫の被害によくあいます。それぞれの虫は、見つけたらすぐに捕殺するか、殺虫剤を散布して駆除していきましょう。

植え付けたらすぐにトンネル支柱に寒冷紗を張って株を覆うと、害虫の飛来を防ぐことができますよ。また、炭疽病や斑点病、黒星病などのカビによる病気は、株元をポリマルチやワラで覆い、雨の跳ね返りを防ぐと予防につながります。

モロヘイヤを家庭菜園で栽培しよう

モロヘイヤ

モロヘイヤは、β-カロテンがホウレンソウの2倍以上あり、植物でありながらカルシウムが豊富に含まれています。また、高い抗酸化作用をもつほか、胃や消化器の粘膜を保護するので、夏バテを癒す効果がありますよ。

免疫力を高め、動脈硬化や心筋梗塞などから守ってくれる魅力的なモロヘイヤを育てて、おいしく健康的な家庭菜園をはじめてみませんか?

更新日: 2020年03月18日

初回公開日: 2016年05月14日

関連コンテンツ