ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

シソ(紫蘇)とは?大葉と同じ?栄養や効能、収穫の時期、保存方法は?

シソは、そばの薬味など私たちの食卓によくあるハーブの1つです。ただ、スーパーでは葉で売られていることが多いので、どんな植物で、どんな栄養があるのかなど、詳しくご存知ない方も多いかもしれませんね。今回は、シソと大葉が同じ植物なのか、栄養、効能、収穫の時期、保存方法などをご紹介します。

シソ(紫蘇)の花言葉は?

『力が蘇る』『善良な家風』

シソにはビタミンAをはじめ栄養が豊富で強い殺菌作用があります。このシソの効能から、「力が蘇る」という花言葉がつきました。

シソ(紫蘇)の学名・原産国・英語

学名
Perilla frutescens var. crispa
科・属名
シソ科・シソ属
英名
beefsteak plant
shiso
原産地
ヒマラヤ、ビルマ、中国
開花期
9~10月
花の色
紫、白、ピンク
別名
大葉
ノラエ
イヌエ
チソ

シソ(紫蘇)とはどんな植物?名前の由来は?

シソ 葉

シソは、ヒマラヤやビルマ、中国に自生するハーブです。草丈は30~100cmで、ギザギザとした葉を茂らせます。葉は紫色か緑色をしており、秋に紫や白の花を咲かせ、冬になると枯れてしまいます。

日本へは中国を経由して縄文時代に伝えられたとされ、奈良時代から栽培されるようになりました。もともとは薬草として利用されていましたが、室町時代から食用されるようになり、今では薬味や刺身のつまとして料理に添えられます。

中国の後漢時代に、カニを食べ過ぎて食中毒を起こした若者が、シソの葉を煎じて飲んだところ健康を取り戻したという逸話から「紫色」の「蘇る葉」だということで「紫蘇(シソ)」と名付けられました。

シソ(紫蘇)は大葉と同じ?

たくさんの種類がある中で、食用するのはアオジソとアカジソです。大葉とは、「アオジソの葉」を指すので、シソの一種だといえますね。以下に、アオジソとアカジソの違いをまとめました。

アオジソ(青紫蘇)

茎、葉ともに緑色をしており、葉や花、実を薬味や刺身のつま、天ぷらにして食べます。スーパーでシソを販売する際に、芽と葉を区別する必要があったため、大葉と呼ばれるようになったとされています。西日本の一部では、「青蘇(セイソ)」とも呼ばれます。

アカジソ(赤紫蘇)

茎も葉も紫色をしており、梅干しの色付けに使われます。また、乾燥させたものはふりかけにされ、実や花は刺身のつまになります。

シソ(紫蘇)の栄養や効能は?

βカロテンや、ビタミンB、カルシウム、カリウムといった栄養素を多く含んでいます。中でも、抗酸化作用があり、ガンの予防に効果があるとされるβカロテンの量は他の野菜に比べて多く、同量のにんじんと比べて1.5倍含まれています。

また、香りに含まれるペリルアルデヒドには、防腐・殺菌作用があります。この効能を活かして、刺身のつまとして利用されています。また、胃の働きを促進し、食中毒の予防にも効果があるそうです。

シソ(紫蘇)の収穫時期と方法は?

シソ 収穫

アオジソは6~11月、アカジソは6~7月が収穫の適期です。草丈が30cmほどになってきたら、下の方の葉から順次収穫していきましょう。このとき、1番下の方の葉は土から栄養を吸い上げる役目があるので、下から2枚目までの葉を残すのがポイントです。

シソ(紫蘇)の保存方法は?

水で濡らしたキッチンペーパーに葉を1枚ずつ挟み、ビニール袋やタッパーに入れて野菜室に入れるのが、シソを長持ちさせる保存方法です。空気に触れさせないことが大切です。長時間保存したいときは、水洗いし乾かしたシソを、一枚ずつラップに包んで冷凍するといいですよ。

シソ(紫蘇)の葉は栄養豊富なハーブ

シソ 草

日頃何気なく食べているシソですが、栄養が豊富なうえ殺菌・防腐作用があります。古くから私たちの食卓にのぼっているのもうなずけます。効果効能を知ると、これまで以上に料理に取り入れたくなってきますよね。自分で育てたシソなら、おいしさも格別かもしれませんよ。

更新日: 2015年09月22日

初回公開日: 2015年09月22日

関連コンテンツ