ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

銀杏(イチョウ)の木の花言葉と育て方!紅葉の季節・時期、種類は?

10月頃から少しずつ黄色に色づいてくる銀杏。神宮外苑のイチョウ並木は、シーズンになるとたくさんの観光客で賑わい、紅葉の様子を楽しむことができます。また、オレンジ色の実は、炭火焼きなどにして食べることもできるんですよ。今回は、そんな銀杏の木の花言葉や育て方について、紅葉の季節や時期、種類、品種などをご紹介します。

銀杏(イチョウ)の木の花言葉や意味・由来は?

『荘厳』『長寿』『鎮魂』

「荘厳」は、神社やお寺のご神木としてよく植えられることにちなんで付けられました。「長寿」は、植えてから実がなるまで時間がかかることと、樹齢がとても長いことに由来しています。

銀杏(イチョウ)の木の学名・原産国・英語

学名
Ginkgo biloba
科・属名
網・目
イチョウ科・イチョウ属
イチョウ網・イチョウ目
英名
Ginkgo
Maidenhair Tree
原産地
中国
開花期
4~5月
※10~12月に紅葉する
花の色
別名
公孫樹
鴨脚樹

中国が原産の落葉樹で、日本では古くから街路樹として親しまれています。繁殖力が強く、栽培しやすいことからよく街や庭木として見かけますが、約17種あったイチョウ科唯一の生き残り種でもあります。生きた化石として絶滅危惧種に指定され、氷河期で他の種は絶滅したようです。

また、イチョウは針葉樹や広葉樹とは別分類の植物とされており、正式には科・属ではなく、イチョウ網・イチョウ目という分類になる点が、他の庭木とは少し違っています。

銀杏(イチョウ)の木とは?どんな花や実を付ける?

銀杏の木 イチョウ

樹高が20~30mに生長し、4~5月頃に花が咲きます。雄株と雌株に分かれている雌雄異株で、花を咲かせた後に受粉し、銀杏と呼ばれるオレンジ色の実を付けます。

生長が早くて燃えにくく、大気汚染や寒さに強いことから、室町時代には園芸用に栽培されていたという記録も残っているほど、古くから親しまれてきました。日本では最も多い街路樹だと国土交通省は2007年に発表しており、約57万本が沖縄を除く全国各地に植えられています。

また、長い年月をかけて育てていると、つららのような枝を下に伸ばします。このつららは乳房のように見えることから「ちち」と呼ばれ、お寺や神社の境内のものは安産や子育て祈願の対象となっています。

名前の由来

葉の形がアヒルの足に見えることから中国語では鴨の足を意味する、「鴨脚(ヤーチャオ)」と呼ばれています。これが訛って「イチョウ」となったとされていますが、由来ははっきりとはわかっていません。

銀杏(イチョウ)の木の紅葉の時期、見頃の季節は?

イチョウ 木

4~5月に咲く花よりも、10~12月に黄色く紅葉する葉を楽しみます。神宮外苑をはじめ、全国各地に銀杏の名所がありますよ。11月上~中旬が全国的に見頃で、銀杏祭りが開催されている地域もありますよ。

銀杏(イチョウ)の木の種類や品種は?

イチョウにはいくつか種類があり、そのほとんどは変種です。イチョウ科は、約2億年前から存在する原始的な性質を残した貴重な樹木なんです。次に、いくつか代表品種をご紹介します。

オハツキイチョウ

イチョウの変種で、葉の上に緑色の実を付けることから、「実付きイチョウ」とも呼ばれます。全国に20本ほどしかなく、千葉県の薬王寺に植えられている竹岡のオハツキイチョウは、県の文化財に指定されています。

フイリイチョウ

葉に白やクリーム色のスジ状の斑が入る突然変異種です。斑の入り方には個体差があります。

シダレイチョウ

園芸品種で、枝が垂れ下がる様子から名付けられました。神社やお寺、公園、並木などに庭木や、盆栽にも用いられます。

銀杏(イチョウ)の木の育て方のポイントは?

イチョウ 木 育て方

自然に樹形がまとまり、寒さに強く丈夫なことからほとんど手がかかりません。その一方で、生長が早く、大きく育ちすぎてしまうので、植えるときに十分なスペースを確保しておきましょう。

銀杏(イチョウ)の木の種まきや苗植えの時期と方法は?

イチョウ 苗 若木

種まき

秋に付けるオレンジ色をした実の皮を取り除き、すぐに植えるか、冷蔵庫で保管したものを翌年の3~4月にまきます。育苗鉢に赤玉土を入れ、2cmの深さに植えます。その後は土が乾かないように管理し、2~3年かけて苗を十分に育てていきます。

苗植え

3~4月が植え付けの適期です。

鉢植えは、苗よりも1~2回り大きな鉢を準備し、土を少し高く盛った真ん中に植えます。幹が不安定なときは、支柱を立てて支えてください。地植えは、日当たりのよい場所を選んで、鉢植えと同じ方法で植え付けてください。株どうしの間隔は40~50cm空けるようにします。

銀杏(イチョウ)の木の土作り・水やり・肥料の与え方

鉢 土 培養土

土作り

水はけのよい土であればどんな土でも育ちます。鉢植えなら赤玉土(小粒)7:腐葉土3に混ぜあわせた土か、果樹や野菜用の培養土を使います。地植えは、植え付ける1週間ほど前に苗よりも一回り大きな植え穴を掘り起こして土を耕し、腐葉土を混ぜて寝かせておきます。

水やり

地植えは、極端に乾燥しているとき以外に水やりの必要はありません。鉢植えは、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。夏は1日1回、冬は2~3日に1回が目安です。

肥料の与え方

根をよくはる丈夫な植物なので、1~2年に1回、12~2月にリン酸の多く含まれた肥料を与えれば十分です。窒素が多い肥料を与えると、葉が黄色く紅葉しない恐れがあります。

銀杏(イチョウ)の木の剪定の時期と方法は?

イチョウ 剪定

放っておいても自然と樹形がきれいにまとまります。ただ、どんどん大きく育ってしまうので、毎年2~4月の新芽が芽吹く前に剪定をします。大胆に剪定しても、翌年にはたくさんの枝を芽吹かせるので安心してください。

1. 伸ばしたい大きさよりも上の高さにある幹を切り取る
2. 幹から出ている太い枝を根元から切り取り、適度に間引く
3. 根から出ている細い枝や、混み合っている枝、内向きに生えている枝を切り取る

銀杏(イチョウ)の木の植え替えの時期と方法は?

生長が早いので、鉢植えは鉢の中に根が回っていないかを確認しながら、1~2年に1回植え替えます。1~2回り大きな鉢を準備し、3~4月に植え付け時と同様の手順で植え付けてください。

銀杏(イチョウ)の木の増やし方!挿し木や接ぎ木の時期と方法は?

イチョウ 木 実 銀杏

3~4月頃、種まき、挿し木、接ぎ木で数を増やすことができます。はじめて行う方は、挿し木が簡単なのでおすすめです。

挿し木

1. 前年に育った直径2cm以上の枝を15~20cmほど切り取る
2. 切り口を斜めに切り落とし、土に埋まる部分の葉を切る
3. 赤玉土を入れた1.5~2号鉢に挿す
4. 土が乾かないように水やりをし、根が十分に生えたら鉢や地面に植え替える

接ぎ木

接ぎ木 ガーデニング

2年ほど育てた木を土台となる台木にし、増やしたい株の枝(穂木)をくっつけて増やしていきます。穂木は、2月に10~15cmほどを切り取り、ビニール袋に入れて冷蔵しておきましょう。

1. 2年ほど育てた台木を、地面から15~30cmのところで水平にカットする
2. 台木に斜めに刃を入れ、片側を切り取って逆三角形の切り口を作る
3. 穂木を台木に作った切り口の形に合うよう斜めに切る
4. 穂木の切り口を水に1~2時間浸けておく
5. 台木に穂木の切り口をしっかりとくっつけ、接ぎ木テープをまいて動かないように固定する
5. 切り口が乾燥しないように、ビニールなどで覆う

銀杏(イチョウ)の木のかかりやすい病気や害虫は?

特にかかりやすい病気や害虫はありません。ただ、実を収穫するときに直接触れると、かぶれてしまう場合があります。ゴム手袋を着用しておきましょう。

銀杏(イチョウ)の木を園芸品として育てよう

イチョウ 木

銀杏の木は、秋になると紅葉し、実を食べて楽しむことができます。丈夫で育てやすいことから、何本か植えて生垣にするのがおすすめです。ただ、実がなると独特の臭いを放つので、大きく育てたいときはご近所の方と相談した方がよいかもしれません。

初回公開日: 2015年09月28日