ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ハマナス(浜茄子)とは?花や実の特徴は?

細かいトゲがたくさんある枝先に、夏になると紅紫色の花を咲かせるハマナス。香りがよく、秋には赤く熟した小さな実をつけます。この実は、ローズヒップとしてお茶やジャムになるんですよ。今回は、そんなハマナスとはどんな花なのか、花言葉や木・実の特徴、種類などについてご紹介します。

ハマナス(浜茄子)の花言葉とは?

ハマナス 浜茄子 ピンク

『照り映える容色』『悲しくそして美しい』『見栄えの良さ』『香り豊か』『あなたの魅力にひかれます』『旅の楽しさ』

「照り映える容色」という花言葉は、砂浜に群生するハマナスの美しい紅紫色の花が、澄んだ青い海によく映えることにちなんでつけられました。また、「悲しくそして美しい」は、1つの花が1日で枯れてしまう儚さのたとえです。

ハマナス(浜茄子)の学名・原産国・英語

学名
Rosa rugosa
科・属名
バラ科・バラ属
英名
Ramanas rose
Rugosa rose
Japanese rose
原産地
東アジア温帯~冷帯
開花期
4~7月
花の色
白、赤、ピンク
別名
浜茄子(ハマナス)
浜梨(ハマナシ)
玫瑰(マイカイ)
ローズヒップ(実)

ハマナス(浜茄子)とは?花や木、実の特徴は?

ハマナス

ハマナスは、バラ科・バラ属に分類される落葉性の低木です。東アジアの温帯~冷帯にかけて分布するバラの仲間で、日本では北海道から東日本など日本海側の海岸の砂地に多く自生しています。日本では古くから精油の採取や、漢方薬として利用されてきました。そして江戸時代にオランダ人医師シーボルトによってヨーロッパへともたらされ、バラと交配させて様々な園芸品種が作られるようになりました。

背丈は1~1.5mほどに生長し、太い枝にはたくさんの細かいトゲが生えています。そして初夏になると、野生のバラの仲間では最大級の直径6~10cmほどにもなる花を咲かせます。紅紫色や白色をしており、湯豊かな香りを漂わせることが特徴です。その後、赤く熟した実がつきます。この実が、ナスやナシに似ていることから、「浜梨」「浜茄子」と呼ばれるようになったそうです。

ハマナス(浜茄子)の実の効能は?

ハマナス

ハマナスの花は生薬として利用されるほか、実は「ローズヒップ」と呼ばれジャムや果実酒、お茶に使われます。花にはビタミンCが多く含まれており、シミやソバカスの原因となるメラニン色素の合成を抑え、美肌や美白へと導く効果が期待できます。また、抗酸化作用もあり、動脈効果や脳卒中といった成人病の予防にもなりますよ。

実には、食物繊維が豊富に含まれているため、腸の働きを活発にしてくれます。また、マンガンやカルシウムといった生理機能の働きを促すミネラルも豊富なので、ホルモンバランスの乱れが改善され、生理痛や生理不順の症状緩和に効果的です。

ハマナス(浜茄子)の種類や品種は?

ハナマスはバラの原種の1つで、耐寒性に優れていることから、多くの園芸品種の交配親となっています。北米では観賞用に栽培され、ニューイングランド地方沿岸に帰化しています。以下に、その中でも一般的によく知られている種類をいくつかご紹介します。

シロバナハマナス

シロバナハマナス

白花で一重咲きの品種で、6~7月頃に真っ白な花を1輪~3輪くらいずつ枝先につけます。中心にたくさんの雄しべがあり、香りが強いことが特徴です。

ヤエシロバナハマナス

ヤエシロバナハマナス

白花で八重咲きの品種です。「アルボプレナ」とも呼ばれ、赤紫色の八重咲きは「ルブロプレナ」といわれます。

コハマナス

ノイバラとハマナスの自然交雑種で、花がハマナスに比べて小さいことから名付けられました。花の中心が白く、ソロ側がピンク色になっており、美しいグラデーションが魅力です。

ローズハマナス

ハマナスとバラを交配し、2005年に品種登録された新しい品種の総称です。もともとハマナスは花数が少ない点が短所でしたが、バラと交配させることで花数を多くすることに成功しました。マナスよりやや小ぶりで、濃い色の花を6~7月に咲かせます。「コンサレッド」「ノーストピア」「北彩」「プリティーシャイン」の4品種があります。

ハマナス(浜茄子)は珍しい花

ハマナス

ハマナスは、古くから北日本を中心に親しまれてきたバラの1種です。北海道の花にも指定されており、もともとはよく見かける花でした。ただ、現在では自生している野生のものは少なくなってしまい、宮城県や福島県をはじめ、多くの県で絶滅危惧種もしくは準絶滅危惧種に指定されています。自然の中で見かけたときは、そっと見守っていてあげてくださいね。

初回公開日: 2016年03月08日