ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【パプリカ(カラーピーマン)の栽培】育て方のポイントや苗植えの方法は?

赤や黄色に色づく肉厚な果肉が特徴のパプリカ。カラーピーマンとも呼ばれ、完熟すると色づくピーマンや唐辛子の仲間です。生のままサラダに加えたり、グリルにしたりするとほんのりとした甘みが感じられますよ。今回は、そんなパプリカの栽培について、育て方のポイントや苗植えの方法などをご紹介します。

パプリカ(カラーピーマン)の育て方のポイントは?

パプリカ カラーピーマン3

過去にナス科の植物を育てた土は使わず、十分にあたたかくなってから植え付けることがパプリカを育てるポイントです。パプリカの生育適温は22~30度で、まだ気温が低いときは植えてもうまく大きくなりません。また、同じナス科の植物を育てた土だと、連作障害を起こしてしまうので注意してください。

パプリカ(カラーピーマン)の種まきの時期と方法は?

パプリカ カラーピーマン2

発芽適温が15~25度なので、2月下旬~4月上旬が種まきの適期です。苗が育つまで約70~80日かかるので、育苗ポットで苗を育てて畑に植え付けていきましょう。ただ、パプリカを育苗するのは家庭菜園に慣れた人でもむずかしいので、慣れるまでは苗から育てるのがおすすめです。

  1. 育苗ポットやセルトレイに赤玉土(小粒)など種まき用の土を入れる
  2. 育苗ポットに3粒、セルトレイそれぞれに1~3粒、育苗箱は3cm幅のまき溝を作って筋まきにする
  3. 土を被せず、種が流れないよう霧吹きなどで水やりをする
  4. 種まき容器を新聞紙などで覆って保温し、土が乾かないよう水やりをして管理する
  5. 発芽し、本葉が2~4枚になったら生育のよいものを選んで育苗ポットに1株ずつ植え替える
  6. 本葉が8~10枚ほどになったら、プランターや地面に植え替える

パプリカ(カラーピーマン)の苗植えの時期と方法は?

パプリカ カラーピーマン

パプリカの苗植えの適期は5月上旬~6月上旬です。生育適温が22~30度と高めなので、気温が十分にあたたかくなってから植えていくようにしてください。

鉢植え・プランター

根を浅く張り、湿度の高い環境が苦手なので、鉢やプランターは深型のものを選びましょう。60cmプランターなら2株、8~10号の鉢であれば1株が植え付けの目安です。土は市販の野菜用培養土が簡単ですが、自分で作るときは赤玉土(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1に苦土石灰と化学肥料をスプーン1杯ずつ混ぜ合わせたものを使ってください。また、寒い地域の場合は、プランターの4隅に支柱を立て、ラップなどで2~3重ほど周りを囲うと防寒、防風対策になりますよ。

  1. 鉢底石、または2~5cm角の発泡スチロールを容器の底に
  2. 土を容器の縁から下2~3cm下のあたりまで入れる
  3. 根に付いた土を崩さないよう、浅めに植え付ける
  4. 根元を軽く手で押さえ、たっぷり水やりをする
  5. 植え付け後支柱を立てて株を支える
  6. 約2週間後、最初に付いた花の上で枝分かれする2本の枝を支柱に結ぶ

地植え

植え付けの2週間前までには、苦土石灰を畑の土に混ぜてよく耕し、酸性度合いを中和しておきます。そして1週間前には、堆肥や油かす、化成肥料などを元肥として施して土作りは完了です。水はけが気になるときは、幅60~120cm高さ5~10cmの畝を作り、株同士の間隔を20~45cmほど空けて植え付けるとよいですよ。また、マルチやワラで土の表面を覆っておくと、土の跳ね返りによる病気を防げます。

パプリカ(カラーピーマン)の水やり、肥料の時期と方法は?

水やり

パプリカは、乾燥に弱く、多くの水分を必要とします。土の表面が乾いたらたっぷり水を与えましょう。水やりの回数を増やすよりは、鉢底や株の周りから水が流れ出るくらい1回の量を多めにするのがコツです。夏場はとくに乾燥しやすいので、朝と夕方に水やりをします。

肥料

パプリカは実がどんどん付くので、肥料をたくさん必要とする野菜です。植え付けるときに、ゆっくりと効く緩効性化成肥料や堆肥を土に混ぜ込みます。それ以降は、実が付きはじめたら2週間おきに追加の肥料を与えます。液体肥料を与えるなら、1週間に1回のペースがよいですよ。

パプリカ(カラーピーマン)の支柱立てや剪定(摘心)の時期と方法は?

支柱立て

植え付け直後のパプリカは弱く倒れやすいので、株の横に支柱を立てて支えます。生長とともに茎を順次支柱に結びつけていくと、株の生長がうながされますよ。

摘心・わき芽かき

最初に付いた実から下のわき芽は生えはじめたらすぐに摘みとっていきます。そして、葉っぱが混み合うと病気や害虫の被害にあいやすくなるので、適度に枝を間引いていきます。

パプリカ(カラーピーマン)の収穫の時期と方法は?

パプリカ カラーピーマン5

パプリカは、植え付けから50~60日ほど、花が開いてからは約2週間で収穫ができます。品種にもよりますが、実の大きさが6~7cmの頃が収穫のタイミングですよ。ヘタの部分をハサミで切って収穫しましょう。また、実が小さなうちから収穫すると、株の消耗が抑えられ収穫量が増えます。

パプリカ(カラーピーマン)の栽培で注意する病気や害虫は?

モザイク病

葉っぱに濃淡のモザイク模様がでるほか、葉っぱ縮れて奇形になり、生長が阻害されます。原因は、アブラムシが運んでくる菌なので、アブラムシを駆除することが予防にもつながります。シルバーポリマルチなど、アブラムシが苦手とする反射光を利用するとよいですよ。発病してしまった株は、早めに抜き取って処分します。

パプリカ(カラーピーマン)を料理に使って食べよう

パプリカ カラーピーマン6

パプリカは、栄養満点な健康によい緑黄色野菜です。サラダや炒めものなど色々なレシピに加えて、をおいしく鮮やかな彩りを添えることができます。長期間収穫が楽しめ、50個くらいは収穫できますよ。色々な料理に使って、ピーマンとは違ったほんのり甘い味わいを楽しんでみてください。

更新日: 2018年11月02日

初回公開日: 2016年05月14日

関連コンテンツ