ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ラナンキュラスとはどんな花?見頃の季節や種類・品種は?

春らしい明るい雰囲気の花が、見ている人の気持ちを穏やかにしてくれるラナンキュラス。球根植物の1種で、多くの球根植物が1つの球根から1輪の花しか咲かないのに対し、ラナンキュラスは最大5輪もの花を咲かせるため、見ごたえがあると人気です。

今回は、そんなラナンキュラスがどんな花なのか、見頃の季節はいつか、種類や品種にはどんなものがあるのかなど特徴をご紹介します。

ラナンキュラスとはどんな花?

学名
Ranunculus asiatics
科・属名
キンポウゲ科・キンポウゲ属
英名
Garden ranunculus
Persian buttercup
原産地
ヨーロッパ東南部から中近東
開花期
4~6月
花の色
赤、白、ピンク、オレンジ、黄、クリーム、緑、紫、複色
別名
花金鳳花(ハナキンポウゲ)
ハナキツネノボタン

ラナンキュラスとは、キンポウゲ科・キンポウゲ属に分類される球根植物です。球根といっても、私たちがよく目にする先端の尖った丸々としたものではなく、小さなサツマイモがいくつも連なったタコ足のような形をしています。これを「塊根(かいこん)」といい、中心から数本の茎を生やして生長します。

ラナンキュラスの球根を秋に土へ植えると春の開花に向けて生長し、それぞれの茎に1〜5輪ずつ花を咲かせます。多くの球根植物が1球につき1輪の花しか咲かないのに対して、花数が多いところがラナンキュラスが人気の理由。また、品種によっても違いますが、背丈が20〜60cmと育てやすいのも嬉しいポイントです。

ラナンキュラスの花の特徴や見頃の季節、育てやすさは?

ラナンキュラス メモ 本

「自然の傑作」と言われるほど美しい花を咲かせるラナンキュラスは、「とても魅力的」という花言葉も手伝って、花束や鉢花がプレゼントされる機会が多いですよね。そこでここでは、花の特徴や見頃の季節、育てやすさなどラナンキュラスのことをより詳しくご紹介します。

花の特徴は?

もともと、ラナンキュラスは黄色い花びらを数枚つける程度の質素な花でしたが、現在では品種改良によってたくさんの園芸用の品種が生まれました。たとえば、椿のようにたくさんの花びらをつける「カメリア咲き」をはじめ、花びらの縁が波打つ「フリンジ咲き」、フリルの効いた大小様々な花びらをつける「ピオニー咲き」、花びらが内側にねじれる「カール咲き」など、見た目のバリエーションが豊富です。

見頃の季節は?

秋に植えた球根が寒い冬を乗り越えると、2月頃から芽を生やし、数本の茎が上にむかって伸びていきます。そして、4〜6月に花を咲かせます。特に見頃を迎えるゴールデンウィーク頃には、お花屋さんの店頭に様々な種類のラナンキュラスが並んでいますよ。

育てやすさは?

花束と同じくらいプレゼントに人気なのが、ラナンキュラスの鉢植えです。自宅で栽培しても花を咲かせるのはむずかしくありませんよ。球根を植え替えることで毎年花を咲かせる植物なので、「気に入った花を何年も育て続けたい」方におすすめです。詳しい育て方は、ほかの記事でご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

ラナンキュラスの主な種類や品種は?

ラナンキュラス 地植え

ラナンキュラスはたくさんの品種があり、姿もさまざまです。ただ、育て方は品種によって変わらないので、背の高さや花の雰囲気で管理しやすいものをみつけて育てていきたいですね。以下に、よく見かけるラナンキュラスの種類や品種をいくつかご紹介します。

ラックスシリーズ

ラックスシリーズとは、花びらに光沢のあるラナンキュラスの品種群です。中心が濃い紫色の白い花を咲かせる「アリアドネ」、サーモンピンクのやわらかな花色が特徴の「イーシス」など様々な色合いが揃います。

ゴールドコイン

ゴールドコインは、草丈15〜30cmほどの小型品種です。春になると、直径1cm前後のカメリア咲きの花を咲かせます。寒さに強く、茎が地面を這うように伸びることから、芝生代わりに庭に植えられることも多いです。

ポット・ドワーフ・ピコティ

鉢植えにぴったりのサイズから、鉢を意味する「pot(ポット)」の名がつけられた品種です。草丈は低いですが、直径15cm前後の大きな花を咲かせます。

シャルロット

大小様々な大きさの花をつけるピオニー咲きの品種です。花びらの縁がフリルのようにヒラヒラしていて、他のラナンキュラスとは一味違った雰囲気があります。花が大きいので一輪でも存在感があり、プレゼントに人気があります。

シューアンシリーズ

シューアンシリーズは、花びらの枚数が少ないラナンキュラスの品種群です。見た目は、同じキンポウゲ科のアネモネとよく似ています。主に鉢植え用として販売されており、ピンクや白の花色があります。

モロッコシリーズ

小さな花びらが中心から放射状にたくさん付くラナンキュラスの品種群です。カーネーションや菊に似た雰囲気があり、中心の雌しべがよく目立ちます。「アミズミ」や「イドリス」といった、ラナンキュラスには珍しい黒色の花を咲かせる品種があります。

華やかなラナンキュラスの花でお部屋に彩りを

ラナンキュラス 切り花 窓辺

花瓶に1輪挿すだけでも存在感があるラナンキュラスの花。ピンクや白、黄色など明るい色合いがお部屋を春らしい印象にしてくれます。

見頃の季節になると、いろいろな種類のラナンキュラスがお花屋さんに並びます。自分好みのものを見つけて、お部屋の彩りに加えてみてください。