ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

シャコバサボテンの育て方!植え替えや剪定の時期と方法は?

シャコバサボテンは、美しい花を咲かせることで有名なサボテンです。赤やピンク、白、オレンジなど、品種によって様々な色の花が見られます。

今回は、そんなシャコバサボテンの育て方を、日々の手入れや植え替え、剪定の時期・方法など詳細にご紹介します。

シャコバサボテンとは?どんな植物?

シャコバサボテンは、ブラジルが原産の多肉植物です。サボテンといえば、砂漠など乾燥した地域で育つイメージが強いかもしれませんが、このシャコバサボテンは霧の多い森林に生えています。

肉厚で縁がギザギザした葉をいくつも連ねた見た目はサボテンならではですが、花を咲かせる点はサボテンのなかでも少し珍しいかもしれません。

その花は10~1月頃の冬に咲きます。太陽の光が当たる時間が短くなることで花を咲かせる「短日(たんじつ)植物」と呼ばれます。

シャコバサボテンを育てる準備。何が必要?

シャコバサボテンは、鉢に植えられた状態で販売されていることがほとんどです。買ってすぐに飾り始められますよ。置く場所は日の当たる窓際がよいです。

園芸店などでは、開花がはじまる10月前後から店頭に並び、別名の「クリスマス・カクタス」の名前で目にすることがあるかもしれません。

ほかに、注ぎ口の細いじょうろ(水差し)や液体タイプの肥料があると便利です。ただ、なくても水やりはコップなどで代用できるので最初から購入しておく必要はありませんよ。

シャコバサボテンの育て方!水やりや肥料の与え方は?

シャコバサボテンは「水やり」をマスターすれば枯らさずに育てられます。初心者が多肉植物を枯らす理由の1つがこの「水やり」なので、しっかりタイミングを見極めましょう。

多肉植物の水やりは「土がしっかりと乾いたら」たっぷりと水をあげるのが基本です。土の表面が乾いているだけではまだ水やりをしません。これは、体内に水を貯蓄するという多肉植物の特性があるためです。

頻繁に水をあげると、体内まで水分を吸いきれず、根のまわり(土の中)に水が残ったままになってしまいます。これが根の腐る原因になります。最初は竹ぐしを土に差して、中まで乾燥しているか確認すると確実です。

「普段の水やりだけだと元気がない…」ということがあれば、液体タイプの肥料を水やりがわりにあげましょう。

シャコバサボテンに虫はつく?病気にかかることもある?

シャコバサボテンは病気や害虫の心配がほとんどない植物です。ただし、4~10月のあいだで、特に梅雨時期などジメッとした環境になると、ナメクジやケムシが発生することがあります。

どちらの虫も、駆除しなければ新芽を食べて植物をどんどん弱らせていきます。見つけ次第、取り除きましょう。

薬剤を散布するのも有効ですが、ナメクジであればビールを入れた容器を近くに置くのも効果がありますよ。ビールの香りにつられて集まり、溺れさせて駆除することができます。

シャコバサボテンの育て方!植え替えの時期はいつ?

シャコバサボテンが大きくなったら、1~3年に1度のペースで植え替えが必要になります。これは土の中の根も一緒に生長し、鉢の中が根でいっぱいになって呼吸しにくくなるためです。

4~5月に新しい土と一回り大きな鉢を準備します。用意するものと手順は以下を確認してみましょう。

■ 準備するグッズ

  • 多肉植物用かサボテン用の培養土
  • 今より1回り大きな鉢
  • 鉢底石(軽石)
  • 鉢底ネット
  • ハサミ(清潔なもの)
  • ピンセット
  • 割りばしなど棒状のもの
  • 新聞紙やビニールシート

■ 植え替えの手順

  1. 新聞紙やビニールシートを敷く
  2. 根についた土が崩れないよう、鉢からやさしく抜き出す
  3. 手でそっとほぐして植物についた土を落とす
  4. 傷んでいる根をハサミやピンセットで取り除く
  5. 一回り大きな鉢に鉢底ネット、鉢底石を敷く
  6. 鉢の1/3のところまで土を入れる
  7. 新しい鉢の中心に植物をおき、周りに土を入れる
  8. 割りばしで土の表面をつつき、根の隙間まで土が入るようにする

シャコバサボテンは剪定が必要?

シャコバサボテンは剪定バサミを使うような剪定作業は必要ありません。そのかわりに「葉摘み(はづみ)」という作業をします。

「葉摘み」とは、その名の通り葉っぱを摘み取ることです。葉を摘み取ることで、花を咲かせる葉だけを育て、余計な新芽を生長させないようにします。さらに見た目の美しさを保つこともできますよ。

作業はとてもシンプル。春か秋の気温が10度以上の日に、小さな新芽や葉を摘み取ります。生え際から葉3枚分くらいを残し、そこから先の葉を摘み取って全体のバランスを整えてあげましょう。

摘み終わった後は水やりを控え、2週間ほどたってから元どおりのお世話をしていきます。

シャコバサボテンの育て方!挿し木(挿し芽)の方法は?

育てるのに慣れてきたら、次はシャコバサボテンを増やすのに挑戦してみてはいかがでしょうか。

シャコバサボテンは「挿し木(さしき)」という方法で数を増やします。挿し木は、葉摘みで摘んだ葉の中でこれから生長しようとしている元気なものを選び、それを土に挿して育てる方法です。

根が生え、新たなシャコバサボテンの苗として育てられます。

シャコバサボテンの花の咲かせ方は?

シャコバサボテン 多肉 植物 多肉植物 仙人掌 サボテン 花 

シャコバサボテンは「短日植物」で、花を咲かせるには「短日処理」と呼ばれる作業が必要になります。これは、シャコバサボテンが花を咲かせる条件である「日が当たる時間を短くする」作業のことです。

やり方は10月以降に「10~20度の気温」で、日が当たる時間を「12時間未満」にすることと、案外簡単。こうすることで、「日が短くなってきた!」と感じて花を咲かせる準備をするわけです。

室内で育てていればどうしても照明の光があたるので、ダンボールなどでシャコバサボテンを覆い、遮光します。こうすると1ヶ月ほどで花が咲きますよ。

色とりどりのシャコバサボテンを育ててみよう!

シャコバサボテンを部屋に飾るなら、春と秋の葉摘みで形を整えるのがとても大切です。整った形で美しい花を咲かせる様子は見ごたえがありますよ。

花を咲かせるための日々の手入れも忘れずに、開花する姿を想像してぜひ育ててみてください。

初回公開日: 2015年09月01日