ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

格好良くも、可愛くも自由自在!ミニグリーンをおしゃれに飾ろう【#エリの花日記 〜vol.13〜】

人気フラワーアーティスト エリさん連載の「#エリの花日記」では、毎週金曜日に旬のお花や植物のインテリアとしての取り入れ方や、組み合わせ方などを教えてもらいます!可愛いイラストに注目ですので、お楽しみに♪

前回更新の「まだまだ暑くても秋を感じたい!8月からできる花の秋支度」はこちら

グリーンの鉢ってどんな印象?

花でなくて緑を楽しむ多肉植物やサボテンは少しクールな印象がありませんか?ピンクや黄色など、花のようにカラフルな印象ではなく、緑で棘があったりなど…。

今回はそんなミニグリーンだからこそできる、簡単な鉢のアレンジ方法をご紹介します。

脱!「黒」と「茶」の鉢

販売されているほとんどのミニグリーンは黒か茶色のシンプルな鉢に入っていますよね。それはそれで可愛いし、ラフなスタイリングにはぴったりです。ですが、意外な色の鉢を合わせてみると、可愛さが倍増するんです!

ミニグリーンをおしゃれに飾ろう!

格好良くも、可愛くも自由自在!ミニグリーンをおしゃれに飾ろう【#エリの花日記 〜vol.13〜】

ヒボタン×ガラス

お花が咲いたような姿か可愛いらしいヒボタン。緑緑している印象の強いサボテンの中でもカラフルな印象です。そんなヒボタンにはカラフルさを引き立てるガラスを合わせるのがおすすめです!ポップな印象と大人っぽさの両方をゲット!

ウチワサボテン×テラコッタ

平たい形が可愛いウチワサボテン。シンプルな姿なので思い切ってピンクの鉢を合わせてみましょう!ここでいうテラコッタはツヤなしのどっしりとした鉢もことです。優しい素材にキュートな色がほどよい甘さを引き出してくれます。

エケベリア×麻

少しとんがっていて、大人っぽい印象のエケベリアには、肩の力を抜いてくれるような麻をプラス。とんがり×フニャフニャとした布という対比がお互いを引き立てます。買ってきた鉢にそのまま被せれば良いお手軽さrも魅力です。

ポイントは「サボテンの印象と反対のものを選ぶこと」

合わせる鉢に特に法則などはないのですが、グリーンのチャームポイントと反対の印象の鉢を合わせるとグッとオシャレになります。グリーン本体だけでなく、合わせる鉢までももっと気を使ってあげると、もっと可愛くなりますよ!

今回紹介した植物やグッズ

○ヒボタン
○ガラスの鉢
○ウチワサボテン
○テラコッタの鉢
○エケベリア
○麻の鉢カバー

以上、「格好良くも、可愛くも自由自在!ミニグリーンをおしゃれに飾ろう」でした。次回も楽しみにしていてくださいね♪
※エリの花日記は毎週金曜日更新予定。

エリ

エリ

神奈川県横浜市出身、多摩美術大学卒。在学中に生花店にて勤務し、卒業後はデザイン会社、造花メーカーを経験。instagramにて「エリの花日記」(@flowereriy)をもとにイラストレーションで花や植物の魅力を伝える活動を行う。

初回公開日: 2019年08月23日