ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

モクレン(マグノリア)の花言葉は?香りや見頃の季節、開花時期は?

モクレンは、春になると紫色の花をいっぱい咲かせる、ポピュラーな花木です。

日本での歴史は古く、平安時代に書かれた書籍には記録が残されています。また、海外でも人気が高く、欧米では街路樹や庭木に利用されていますよ。

今回は、そんなモクレンの花言葉や花の香り、見頃の季節や開花時期についてご紹介します。

モクレン(マグノリア)とは?赤やピンク、白い花色のモクレンもあるの?

通常、モクレンというと紫色の「シモクレン(紫モクレン)」をさすことが多いですが、近年は白色の「ハクモクレン(白モクレン)」がより広く栽培されています。

「モクレン」と「ハクモクレン」は花色以外にも違いがあるんです。ハクモクレンは幹が単一で太く、高さが20mにもなり、花びらは9枚で開花後に葉が出ます。

シモクレンは根元から複数の幹が立ち上がり、4~5mほどの中高木。花びらは6枚で、開花中に葉が出て花が終わるころには葉に隠れてしまいます。

他にも赤やピンクに色づくモクレンもありますよ。

 

学名
Magnolia liliiflora
Magnolia quinquepeta
科・属名
モクレン科・モクレン属
英名
Magnolia
Lily magnolia
原産地
中国
開花期
3~5月
花の色
別名
木蘭(モクラン)
木蓮華(モクレンゲ)
紫木蓮(シモクレン)
辛夷(シンイ)
ハネズ
コンパスフラワー

モクレン(マグノリア)の開花時期と見頃の季節は?

3~5月が見頃の季節で、開花した花は3~4日ほど楽しめます。

つぼみが必ず北を向いていることから、「コンパスフラワー」とも呼ばれています。その様子を確かめてみるのも楽しみの1つかもしれませんね。

モクレン(マグノリア)の花言葉の意味は?

■『自然への愛』『崇高』『持続性』
● 西洋の花言葉
Love of nature:「自然への愛」
perseverance:「忍耐」
nobility:「崇高」
dignity:「威厳」

「自然への愛」という花言葉は、春に花と葉を一気に芽吹かせる姿に由来しています。

また、モクレンの木は恐竜が生きていた1億年前頃には存在していたとされ、その頃から変わらずに美しい花を咲かせていることから「持続性」という花言葉が付けられました。

モクレン(マグノリア)の花はどんな香りがする?

開花期になると春風に乗って漂ってきます。決して強い香りではありませんが「華やかで上品」「柑橘系でさわやか」といった印象が持たれています。

木の近くにいくと、ほのかによい香りがしますよ。

また、「マグノリア」の名称で販売されている精油は、よい香りがすると人気です。ただ、精油はモクレンではなく泰山木というモクレン科の仲間から抽出したものになります。

モクレン(マグノリア)の種類は?モクレン属の品種は仲間なの?

モクレン 木蓮 白

モクレンの仲間はアジアを中心に、北半球に約90種分布しているとされています。

樹高や花の形、色は種類によってさまざまです。今回は、ポピュラーなものをいくつかご紹介します。

白木蓮(ハクモクレン)

モクレン(紫モクレン)よりも樹高が高く、10~15mに生長する種類です。

開花時期もモクレンより早く、3月頃に白い花を咲かせます。花は必ず上向きに咲き、暗くなると

閉じる習性があります。

春の訪れを待ち望むように咲く姿から、原産国の中国では「望春花」という別名を持っています。

更紗木蓮(サラサモクレン)

モクレンとシロモクレンが交配して生まれた種類です。

2つの木の特徴がバランスよく合わさっており、樹高6~10mで、淡いピンクの花を4月頃に咲かせます。

コブシ

日本に自生するモクレンの仲間で、別名「田打ち桜」とも呼ばれます。

3~5月に、4~5cmほどの白い花を咲かせます。かつては、樹皮を煎じてお茶の代わりや風邪薬にしていました。

泰山木(タイサンボク)

北アメリカ原産の種類で、明治時代に日本へ渡来しました。

樹高は20~30mと高く、直径20cmほどの花を6~7月に咲かせます。アメリカ南部を象徴する花木で、世界各地の公園樹や街路樹になりました。

オオヤマレンゲ

日本の本州から中国南部に自生する種類です。

樹高は2~4mと低く、5~6月に白い花を咲かせます。少しうつむいたように咲く花姿が特徴です。

ガールマグノリア

モクレンとコブシを交配させて作られた、アメリカ原産の種類です。

樹高2~3mで、狭い場所でも栽培できることから、庭木として人気があります。

モクレン(マグノリア)の花を見て季節の訪れを感じよう

木蓮 木 庭 草原 紫

モクレンは、日本全国で栽培される樹木、同じ時期に花を咲かせる桜や梅に比べると花姿は地味かもしれません。

ただ、その花言葉や、1億年も前から変わらず咲きつづけていること、平安時代から日本で栽培されていたことなどを知ると、愛着が湧いてきませんか。

春になったら、一度モクレンの木の前で足をとめて、花の姿や香りを楽しんでみてください。

初回公開日: 2015年10月11日