ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【菜の花の育て方】種まきの時期や栽培のコツは?

黄色い花を咲かせる菜の花は、春の到来を感じさせる、日本人に古くから親しまれている植物です。観賞用としてだけでなく、料理の材料や油の原料としても使われ、江戸時代以前は私たちの生活に欠かせないものでした。そんな菜の花は、自宅で簡単に育てることができますよ。今回は、種まきや栽培のコツなど、菜の花の育て方についてまとめました。

菜の花ってどんな花を咲かせる植物?

菜の花は、元はチリメンハクサイを改良した品種だと言われている野菜の花です。小ぶりの花をたくさん咲かせ、花色が鮮やかな黄色であることが特徴。寒さと乾燥に強く、とても丈夫な植物で育てやすいため、初めての方にもおすすめです。

菜の花の育て方!種まきの時期と方法は?

プランターの土に種まきの穴をあけている画像

種からでも簡単に育てられることから、苗はほとんど市販されていません。種類や品種によって異なりますが、9~10月が種まきの適期です。鉢植えやプランター、地面に種を植えて育てていきます。

鉢植えでの種まき

1. 直径20cm以上、深さ20cmほどの鉢を準備し、土を入れる
2. 鉢の中心に1ヶ所指で穴を空け、3~5粒種をまく
3. 薄く土をかけ、水を与える
4. 土が乾かないように水やりをして、日陰で管理する
5. 発芽したら、日当たりのよい場所へ移す
6. 本葉が2~3枚になったら、元気のよい苗を2~3本残して他を間引く
7. 本葉が4~5枚になったら、1本だけ残して他を間引く

プランターでの種まき

1. 幅600cm以上、深さ20cmほどのプランターを準備し、土を入れる
2. 10~20cm間隔に指で穴を空け、それぞれに種を3~5粒まく
3. 以降の手順は、鉢植えの3~7の手順と同様

地植えでの種まき

1. 日当たりのよい場所を選んで、種をまく2週間以上前に土を耕す
2. 耕した土に苦土石灰を混ぜる
3. 種まきの1週間前に土作りをする
4. 土を高さ10cmほど盛り、スジを作る
5. スジを複数作る場合は、60cmほど間を空ける
6. 15~30cm間隔に指で穴を空け、それぞれに種を3~5粒まく
7. 土を軽く被せ、たっぷりと水を与える
8. 本葉が5~6枚になったら、株同士の間隔が15~30cmになるよう間引く

菜の花の育て方!土作り・水やり・肥料の与え方

ジョーロで植物に水やりをしている画像

土作り

水はけと水もちのバランスがよい土を好みます。鉢やプランターで育てるときは、赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜたものか、市販の草花用培養土を使います。地植えは、植え付け2週間前に苦土石灰を混ぜ込み、1週間前に腐葉土や堆肥を庭土に混ぜておきましょう。

水やり

鉢植えやプランターは、土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。地植えは、特に水やりの必要はありません。

肥料の与え方

植え付ける前に、ゆっくりと効く緩効性化成肥料を土に混ぜておきます。そして、2月に1回同じ肥料を与えるか、1週間に1回液体肥料を施すと生育がよくなります。

HORTI編集部
初めての方へは地植えでの種まきがおすすめ。植えつけた後は水やりも追肥もさほど必要がないので、以降の育て方が簡単ですよ。

菜の花の育て方!剪定や植え替えは必要?

苗を間引くときにきちんと株同士の間隔をとっておけば、剪定の必要はありません。株の間が狭く混み合っているようなら、早めに株を抜き取って間隔を調節しましょう。また、一年草もしくはニ年草で、花が咲いた後に枯れてしまうので、植え替えの必要もありません。

菜の花の栽培のコツは?

日光のよく当たる場所で、冬は寒さに当てて栽培するのが、元気に育てるコツです。寒さに強く、霜に当たっていることがなく、寒さに当てないと花つきがむしろ悪くなってしまいます。

菜の花の育て方!収穫時期と方法は?

菜の花は、花が咲く前の、草丈が20~30cmほどに生長したタイミングで収穫すると、食用にして楽しむことができます。

先端から12~15cmのところで茎をカットしましょう。収穫の際に茎を切ると、そこから新しい芽がでて、収穫量が増えますよ。花が開いてしまうと風味が落ちるので、収穫から2~3日以内に食べるようにしてください。

菜の花の増やし方!種を採取する時期と方法は?

黄色い菜の花の画像

2~5月まで花を楽しんだ後、菜の花は実をつけます。実の色が薄茶色に変わる5~6月は、種が熟し、採取のタイミングです。種は一度洗って乾かして、茶封筒など通気性のよい袋に入れて保存します。秋頃、春の植え付け時と同じ手順で育てていきます。

菜の花の栽培で注意する病気や害虫は?

アブラムシ

新芽や茎葉に針を突き刺し、栄養を吸い取る害虫です。また、排泄物は「すす病」という病気を誘発します。見つけたらすぐに殺虫剤を散布してください。食用するときは、殺虫剤の成分をよく確認しておきましょう。

アオムシ

モンシロチョウの幼虫で、アブラナ科の植物によく寄生します。放っておくと、葉っぱや茎を食べて、植物を枯らします。数が少ないときはピンセットなどで株から引きはがし、薬剤を散布して駆除してください。

ヨトウムシ

ヨトウガの幼虫で、葉脈以外を食い荒らす強力な害虫です。葉っぱの裏に卵を産み付けているのを見つけたら、切り取って処分し、殺虫剤をまいて駆除していきます。

菜の花は育て方が簡単なので初心者にもおすすめ

菜の花などアブラナ科の植物は、害虫の被害が心配ですが、それ以外は日当たりのよい場所に植えさえすれば、丈夫に育ってくれます。発芽率が高く、種からの栽培にチャレンジしたい方におすすめのですよ。また、植え替えや剪定の手入れがいらないこともうれしいですよね。ガーデニング初心者でもきれいに花を咲かせることができるので、庭にスペースがある方はぜひ、菜の花を育ててみてくださいね。

初回公開日: 2015年10月19日