ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ゆずの木の育て方!種や苗からの栽培方法は?剪定の時期は?

ゆずは、果肉や果汁だけでなく、皮や種など実のあらゆる部分に体によい様々な栄養が含まれています。古くから日本人に親しまれていたのも、その効果効能を見れば納得です。

今回は、種や苗からの栽培方法や剪定の時期など、ゆずの育て方をご紹介します。

ゆずってどんな果樹?育て方は簡単なの?

ゆずは、5月頃から花を咲かせはじめ、その後に緑色の実をつけます。実の色が7~8割ほど黄色くなってきたら、収穫の時期です。完熟前に収穫する「青ゆず」は7~10月頃に収穫し、完熟した「黄ゆず」は10~12月頃に収穫され、市場に出回ります。

奈良時代から栽培の記録が残るゆずは、日本の風土に合った育てやすい果樹の1つです。東北地方でも育てられるほど寒さに強く、庭木に加えると果実を楽しむこともできます。

ゆずの木の苗の植え方!鉢植えの育て方は?

土の作り方

水はけと水もちのバランスがよい土を好みます。鉢植えは、赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土か、市販の果樹用培養土がおすすめです。

苗を植える時期

2月下旬~4月が苗植えの適期で、鉢植えにして育てます。いずれの場合も、根元のこぶのような部分が隠れないよう浅く植え付けるのがポイントです。

鉢植えは、苗よりも1回り大きな鉢を準備し、根をよくほぐしてから植えましょう。

ゆずの木のお手入れ!水やりや肥料の与え方は?

土の表面が乾いたら、鉢の底から流れ出るくらいたっぷりと水やりをします。

肥料は、油かすなど有機質の肥料か、液体肥料などの速効性化成肥料を3月、6月、10~11月の年3回与えましょう。

ゆずの木の栽培で注意する病気や害虫は?

「マモグリバエ」という葉っぱを食べてしまう幼虫に注意です。被害の跡が絵を描いたような模様になることから、「エカキムシ」とも呼ばれます。

大量に発生すると食べ尽くされてしまうので、被害にあった葉は切り取って処分し、殺虫剤を散布して駆除しましょう。

ゆずの木の植え替えの時期と方法は?

根詰まりをすると生育が悪くなって枯れてしまうため、鉢植えは1~2年に1回、1回り大きな鉢に植え替えます。手順や時期は、植え付けと同じです。

ゆずを大きくしたくないときは、鉢から根を引き抜き、底と側面の根を3~5cmほど切り落とします。根を1回り小さくしてから元の鉢に戻してください。

このとき、鉢と同じくらいの高さに幹も切り戻すと、生育が緩やかになります。

ゆずの木の剪定の時期と方法は?

育てはじめてから4~5年ほどは、ほぼ剪定をしません。枝を横に伸ばして育てることで実がつきやすくします。

5年目以降、2月中旬~4月の間に、混みあった枝や伸びすぎた枝を切り落としていきましょう。

また、前の年に伸びた枝に実をつける性質があるので、実がつかないようであれば、10月頃に前年に伸びた枝を新しく伸びた枝と同じくらいの長さに切り戻すとよいですよ。

ゆずの木の増やし方!接ぎ木の時期と方法は?

ゆずは、接ぎ木で数を増やします。3月中旬~5月か、8月が適期です。カラタチの木や、種から育てた苗木を土台(台木)として使います。

1. ゆずの枝の先端から10~15cmほどのところから、30~40cmのところを水平にカットする
2. 幹の方の枝の先端が、35度くらいの三角形になるよう左右をカットし挿し穂が完成
3. 土台となる木(台木)を根元から10cmほどのところで一旦水平に切る
4. 台木の根元から3~5cmのところで少しだけ斜めにカットし、角も落としておく
5. 台木の形成層という皮の部分1ヶ所を垂直に2cmほど切り込みを入れる
6. 挿し穂を台木の垂直の切り口にはめ込む
7. 接ぎ木テープを巻いて固定する
8. 上からポリ袋を被せる
9. 密閉して、テープを巻く
10. 2~3週間して新しい芽が生えたら、ポリ袋を取る

ゆずの木の育て方のポイントは?

果実をたくさん実らせるコツは、木の枝を広がるように手入れすることです。ゆずは上に向かって枝を伸ばす性質があります。

植えたまま放っておくと、果実がつきにくくなるので、真上に向かって伸びる枝は、苗木のうちに麻ひもなどで斜めになるように下に引っ張りましょう。

鉢植えは、縁にひもを巻いて、枝に結びつけるとよいですよ。

ゆずの木の果実を収穫して楽しもう

ゆずの果実は、ジャムや香りづけなど料理に使って楽しむことができます。自分で育てた果実なら、一層おいしく感じられますよ。

晩夏から秋にかけてたくさん実をつけるよう、枝を広げるように育ててみてくださいね。

初回公開日: 2015年10月29日