ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

みょうが(茗荷)の栽培!苗の育て方や収穫の時期、方法は?

自分で栽培したみょうがは、市販のものよりも香りが強く、新鮮です。薬味や天ぷらなどいろいろな料理に活用できるうえ、一度植え付けると、3~5年は毎年収穫をすることができますよ。今回は、そんなみょうがの栽培について、種や苗の育て方、収穫時期や方法などをご紹介します。

みょうが(茗荷)の育て方のポイントは?

日陰で育てるのがポイントです。みょうがは湿度の高い環境を好み、乾燥すると枯れてしまいます。芽が出はじめるまでは、株元をワラや腐葉土で覆うと安心です。また、水やりを欠かさないようにしましょう。

みょうが(茗荷)の根株や苗の植え付け時期と方法は?

腐葉土 堆肥 枯れ葉 落ち葉

種は市販されておらず、根株と呼ばれる地下に伸びた茎か、苗から育てていきます。根株は2~3月、苗は4~5月が植え付けの適期です。購入したら、早めに植え付けるようにしてください。根株を地中5~8cmの深さに埋めるのがポイントです。

鉢・プランター植え

何年も繰り返し収穫を楽しむために、深さが30cm以上ある鉢やプランターを準備します。株同士の間隔は、10~15cm空けて植え付けましょう。

地植え

直射日光の当たらない日陰~半日陰の場所を選んで植えていきます。植える前に土を耕し、水はけが悪いときは高さ10~20cmの畝(うね)を作っておきます。株同士の間隔は15~20cm空けるとよいですよ。

みょうが(茗荷)の土作り・水やり・肥料の与え方は?

じょうろ 水やり 水

土作り

水はけがよく、有機質を多く含む土を好みます。鉢やプランター植えには、市販の野菜用培養土に完熟堆肥を2割ほど混ぜあわせたものがおすすめです。地植えは、植え付ける1週間前に土を耕し、完熟堆肥や腐葉土を2~3割混ぜ込んでおきます。

水やり

乾燥に弱く、水が足りないと弱ってしまいます。鉢やプランター植えには、毎日水やりをしてください。地植えは、乾燥したときに水を与え、土の表面が乾かないようワラや腐葉土で根株を覆っておきます。

肥料の与え方

6~10月の間、月に1回ゆっくりと効く緩効性化成肥料を与えるか、1~2週間に1回液肥を与えると生育がよくなります。また、3月にも同じ肥料を与えます。

みょうが(茗荷)の水耕栽培の方法は?

準備するもの

● 不織布
● すき間の空いたトレー
● 水を入れるトレー・発泡スチロール
● 液肥

手順

1. 根株についた土を水洗いして落とす
2. すき間の空いたトレーの上に不織布を乗せる
3. 不織布の上に根株を置く
4. バーミキュライトやパーライトを根株の上にまく
5. トレーに水を入れ、液肥を混ぜる
6. すき間の空いたトレーを水に浮かべる
7. 日陰で毎日水を取り替えて管理する
8. 根が生えたら、根先だけが水に触れるよう水位を調節して育てる

みょうが(茗荷)の剪定の時期と方法は?

ミョウガ 茎 葉

密生して株が混んでいると、根が絡んで食用にする花穂がうまく出ず、収穫量が減ってしまいます。本葉が6~7枚になった頃に、混み合っているところの茎をハサミで切り取りましょう。

みょうが(茗荷)の収穫時期と方法は?

夏みょうがは7~8月、秋みょうがは9~10月に収穫の適期を迎えます。土から生えてきたタケノコのような花穂を、元からナイフで切り取っていきましょう。栽培しはじめて1~2年目はたくさんの量を収穫できませんが、3年目以降には株が大きくなり、たくさん収穫して楽しむことができますよ。開花前の、固くしまったもの収穫するのがコツです。

みょうが(茗荷)の植え替えの時期と方法は?

3~5年たつと、根が混み合って生育が衰えてきます。鉢植え、地植えともに3~5年に1度、株分けを兼ねた植え替えをしましょう。地上部はナイフやハサミで切り落とし、根を傷つけないよう土から掘り上げ、株分けしたものをそれぞれ植え付けていきます。手順や時期は、植え付け時と同じです。

みょうが(茗荷)の増やし方!株分けの時期と方法は?

株分け 土 苗

みょうがは、株分けで数を増やすことができます。2~4月に株を掘り起こし、根を10~15cmほどに切り分け、それぞれ植え付けていきます。手順は、植え付け時と同じです。いくつかの根株を、水耕栽培してみるのも楽しいですよ。

みょうが(茗荷)の栽培で注意する病気や害虫は?

根茎腐敗病

湿気の多い土に潜んでいる菌によって発生する病気です。根が茶色くなって腐り、茎や葉は黄色く変色して株が枯れてしまいます。また、白い綿のようなかびが地表に生えることもあります。一度かかると回復しないことから、株を土から引き抜いて処分します。また、他の株に伝染しないよう、薬剤を散布してください。土の水はけをよくすることで、予防できますよ。

みょうがだけ(茗荷竹)を収穫して楽しもう

ミョウガ みょうが 

春に出てくる新芽に光を当てずに栽培すると、若い芽が緑色のまま育ち「みょうがだけ」になります。さわやかでぴりっとした味は、お味噌汁の具材やおつまみにぴったりですよ。みょうがの栽培に慣れてきたら、ぜひ栽培して違った食感を味わってみてください。

初回公開日: 2015年11月27日