ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

桑(マルベリー)の育て方!栽培のポイントや挿し木の時期と方法は?

桑というと、蚕のエサというイメージではありませんか?じつは、実や葉っぱには、ビタミンなど体によい成分が豊富に含まれており、女性にうれしい薬効がたくさんあるんです。また、桑の弓と蓬の矢を使って、男の子の立身出世のお祝いをする風習もあり、桑の木は私たちの生活と古くから関わりがありました。今回は、そんな桑の育て方について、栽培のポイントや挿し木の時期と方法などをご紹介します。

桑の栽培のポイントは?

日当たりのよいところに植え付け、花芽を切り落とさないように剪定をすることが、実をたくさん収穫するコツです。日陰でもよく育ちますが、花つきが悪くなってしまいます。また、花は新しい枝の真ん中より先につくので、剪定の時期と切り落とす枝は間違わないようにしましょう。

品種によっては1本でも結実しますが、雌雄異株なので、違う品種を2本植え付けた方が確実に収穫を楽しめますよ。

桑(マルベリー)の苗植えの時期と方法は?種まきや植え替えはどうする?

クワ マルベリー (3)

苗植え

鉢植え、地植えともに3~4月が適期です。ただ、寒さにも強く、-20度までは耐えられるので、10~4月の間であればいつ植え付けてもかまいません。

樹高が高くなるので、鉢植えは園芸用に品種改良された樹勢の弱いタイプがおすすめです。苗よりも1回り大きな鉢に植え付けていきましょう。その後は、株の生育に合わせて1~2年に1回植え替えをして、根詰まりを防ぎます。そして、鉢におさまらないくらい大きくなったら、地植えに切り替えるようにします。

地植えは、日当たりのよい場所を選び、株同士の間隔を50cmほど空けて植え付けていきます。植えるとき、50~60cmほどの高さで切り戻すと、その後の生育がよくなりますよ。

種まきはできる?

種は乾燥すると発芽しなくなり、実をつけるまでに3~4年ほどかかることから、一般的には行われません。ただ、自分で育てた株で採取した実から種をとったときは、すぐにまいていくこともできます。桑の木の栽培に慣れてきたら、チャレンジするのがおすすめです。

桑(マルベリー)の土作り、水やり、肥料の与え方

土作り

水はけと水もちのバランスがよい土を好みます。鉢植えは、赤玉土(小粒)6:腐葉土4の割合で混ぜあわせた土か、市販の花と野菜用培養土などを使います。地植えは、水はけが気になるようであれば、植え穴を掘った土に腐葉土を2~3割混ぜておきます。

水やり

適度に湿度がないと枯れてしまいます。鉢植えは、土の表面が乾いたら水をたっぷりと与えてください。地植えは、よほど乾燥しているときのみ水やりをするくらいで十分です。

肥料

3月と6月に、それぞれ速効性化成肥料を与えます。そして、12月に有機肥料を株元に施してください。

桑(マルベリー)の剪定の時期と方法は?

クワ マルベリー (9)

果実の収穫直後と、1~2月の年2回剪定をしていきます。丈夫でよく枝を伸ばすので、不要な枝はどこで切ってもかまいません。ただ、花芽は新しく伸びた枝の中間~先端のあたりにつくので、古い枝や枯れた枝を選んで間引いていきましょう。花芽を摘んでしまわないかと心配になって放っておくと、どんどん枝を伸ばして収拾がつかなくなるので、剪定は毎年必ず行うようにしてください。

桑(マルベリー)の摘果や収穫の時期は?

マルベリー クワ

摘果

実がつけばつくほど、株の栄養は奪われてしまいます。たくさん実がつきすぎたときは、1ヶ所に実が2~3個になるよう、熟す前に摘果をして量を調節します。

収穫

1本で結実する品種もたくさんありますが、雌雄異株なので違う品種を2本以上近くに植えた方が確実に収穫できます。花粉は風で飛ばされるので、人口受粉の必要はありません。

実が赤から黒色へと変化したら、収穫のタイミングです。日持ちしないので、生で食べるときは早めに摘み取り、食べきれない分はジャムやお酒に加工して楽しんでみてください。

桑(マルベリー)の増やし方!挿し木の時期と方法は?

2~3月中旬に冬越しした枝を使って行う「古条挿し」と、6~7月に新しく伸びた枝を使って行う「新芽挿し」の増やし方があります。適期に枝を15~20cmほどの長さに切り取り、上の葉っぱを2枚ほど残して他を切り落としたら、赤玉土など挿し木用の土に枝を挿していきましょう。土が乾かないよう水やりをして日陰で管理すると、根が生えてきますよ。

桑(マルベリー)は病害虫の心配がすくない育て方の簡単な木

クワ マルベリー (6)

桑は、日本の環境によくあった果樹で、よけいな手間がかからないところが魅力となっています。病気や害虫の心配もなく、どの薬なら使ってもよいかと考える必要もありませんよ。ぜひ、たくさんおひさまの光に当てながら育ててみてください。

初回公開日: 2016年02月11日