ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

サボテンと多肉植物の違いは?それぞれの特徴をご紹介

多肉植物やサボテンは、いずれもかわいい見た目が特徴の観葉植物です。乾燥に強く水やりの手間が少ないことから、オシャレなインテリアプランツとしてお部屋に取り入れている方も多くいますよね。よく似ているサボテンと多肉植物は同じように育てられそうですが、実はちょっとした違いがあり、育て方も変わってくるんです。その違いを知っておくと、それぞれを枯れさせる心配がなく安心です。そこで今回はサボテンと多肉植物の違いについて、それぞれの特徴を交えながらご紹介していきます。

サボテンとは?

サボテン 風水 置き方 多肉 植物 多肉植物 仙人掌 

サボテンとは、サボテン科に属する植物の総称で、多肉植物の1種です。刺座(しざ)もしくはアレオーレと呼ばれるトゲの生え際にある細かい綿毛をもつものが分類されています。

サボテンは多肉植物の1種ではありますが、園芸では「多肉植物とサボテン」のように別物として分けて扱われます。2,000品種以上と数が多く、乾燥に強く丈夫で、水と養分を茎の中にためる能力があります。

多肉植物とは?

多肉植物 アガペー リュウゼツラン2

多肉植物とは、水分や養分をためた葉っぱや根、茎が肥大した植物の総称です。主にアフリカ南部や中南米といった乾燥して栄養も少ない土地に生えていることから、体に水や栄養をためこめるようになったと考えられています。

様々な科・属に分類される植物が含まれ、原種だけでも1万5千以上あるとされています。もともと愛好家も多いことに加えて、近年のボタニカルブームから今では数えられないほど、品種が生み出され続けています。見た目に味があり、個性的な姿をしていることが人気の理由です。

サボテンと多肉植物の違いは?

サボテン 多肉植物 比較

視座やアレオーレがあるかないか

サボテンと多肉植物の違いは「トゲのあるなし」だと思っていませんか?しかし、多肉植物であるユーフォルビアやアロエにはトゲのあるものもありますし、サボテンの中にもウチワサボテンのようにトゲがないものもあります。

サボテンと多肉植物の厳密な違いは、トゲの付け根にある視座や別名アレオーレという綿毛があるかないかで決まります。アレオーレはトゲの根本にあり、トゲが退化してなくなったサボテンでもアレオーレは残っています。

生息地が違う

サボテンは主に南北アメリカに生息していますが、多肉植物はアフリカ大陸を中心に世界中に分布しています。自生している地域が幅広いことから、多肉植物の中には日陰を好むものや、寒さに耐えられるものなど、種類によって育つ環境が違います。

自生地によって生育期や休眠期も変わってくるので、サボテンと多肉植物を同じように育ててしまうと、枯れてしまうことがあります。

育て方が違う

生息地が違えば気温や湿度など、育て方の条件にも違いが出てきます。サボテンは、3つある多肉植物の中で夏型の多肉植物に分類されます。夏型は、春秋型や冬型の多肉植物に比べて、気温の高い夏に生長するので、水やりの頻度が多くなる傾向があります。

サボテンと多肉植物の共通点は?

観葉植物 多肉植物  仙人掌 サボテン おもちゃ

日当たりがよく乾燥した環境が好き

種類によっても変わってきますが、サボテンも多肉植物も日当たりがよく乾燥した環境を好みます。いずれも、窓辺が栽培に適しています。ただ、夏の日差しなど直射日光に弱いものが多いので、レースのカーテン越しに置くと元気に育ちます。

水分や栄養を体にためられる

乾燥した地域で育つので、体に水分や栄養をためられることもサボテンと多肉植物の共通点です。水をためこめる分、根が水を吸収する力が弱く、水やりをしすぎると根腐れにつながるので注意してください。

よくある間違い!サボテンと多肉植物は同じように水やりをしてはいけない

サボテン 多肉植物2

サボテンと多肉植物はともに好む環境が近いことから、同じように育てても大丈夫と考えてしまいがちです。ただ、多肉植物は「春秋型、夏型、冬型」の3タイプごとに水やりや好みの気温が違うため、育て方がそれぞれ違ってきます。

特に違うのが、水やりの回数とタイミングです。例えば、夏型の多肉植物(サボテン)は、夏の時期に水をたくさん必要として、冬の時期は水やりが不要になります。一方、冬型の多肉植物は夏の水やりが不要で、冬に水を必要とします。

つまり、水をたくさん必要とする生長期と、水が不要の休眠期のタイミングが違う点に注意しなければいけません。

サボテンと多肉植物を寄せ植えにするときは、同じ夏型の種類を選ぼう

サボテンと多肉植物の寄せ植えはかわいらしいので、インテリアに取り入れている方も多く、自分で作ることも少なくありません。寄せ植えを作ろうと思ったら、タイプの違いを事前に調べて同じ生育サイクルの種類を選ぶようにしましょう。

サボテンと多肉植物の違いを知って元気に育てよう

サボテン 多肉植物7

サボテンも多肉植物も種類が多く、見た目のユニークさからインテリアに取り入れるとオシャレですよね。ただ、育て方の違いや共通点はあまり知られておらず、せっかく寄せ植えにしてもどちらかが枯れてしまうということも少なくありません。今回ご紹介したポイントを知っておくだけでも、それぞれを元気に育てて楽しめますよ。

初回公開日: 2016年10月03日