ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

【バラの種類・品種まとめ解説】ミニバラ・つるバラ・オールドローズとは?

香り豊かなバラは、古くから世界中で愛されてきました。現在でも女性にとって一度は、男性から贈られてみたい花の1つですよね。今回は、そんなバラの花の咲き方や色、樹形といった様々な種類の違いについてまとめました。

バラの種類の歴史

人とバラの歴史は古く、約5,000年前には園芸や食用、香水の原料として栽培されていました。

ヨーロッパでは、ガリカ、ダマスク、アルバ、センティフォーリアという一季咲きのオールドローズ基本4種を原種に、15~16世紀にオランダで交配が盛んに行われ、18世紀にはフランスで新品種が次々と生み出されました。

四季咲きローズの誕生

一方、中国ではチャイナローズと呼ばれる四季咲き性の品種が独自に育生されていきました。このヨーロッパと中国でそれぞれ品種改良が進められていたバラは、植民地にチャイナローズが渡ったことで、ヨーロッパのバラと交わって、四季咲き性の品種がヨーロッパで次々と生み出されていきます。

ミニバラの誕生

幕末の開国とともにイノバラやハマナシといった日本の品種もヨーロッパに渡り、小輪咲きなどの品種を生み出すきっかけをもたらしました。19世紀後半にはハイブリッド・ティーが誕生し、20世紀にはバラが大衆化していきました。

バラの種類や品種は?

バラは25,000を超える品種が生み出されたとされ、今現在も品種改良が進められています。

歴史的な経緯を踏まえて、バラの種類は1867年に作られた「ラ・フランス」という品種の誕生を境に、以前を「オールドローズ」、以降を「モダンローズ」と大別することができます。現在一般的に育生されるバラの品種のほとんどはモダンローズです。

オールドローズの人気3品種

1867年に発表されたハイブリッド・ティー・ローズ「ラ・フランス」以前に作られたバラの品種を指します。優雅な花姿と豊かな香りが特徴で、一季咲きのものが多いです。

1. カーディナル・ド・リシュリュー

ガリカローズを代表する品種で、5~6月に開花します。深みのある赤紫から、灰色を帯びた青紫へと花色が変化し、花弁が球形に反り、トゲが少ないことが特徴の一季咲き品種です。

2. ラ・レーヌ・ヴィクトリア

ブルボンローズを代表する品種で、5~6月にピンクのふんわりと丸いカップ咲きの花が咲きます。

3. ジャック・カルチェ

ポーランドローズの大輪で、ピンクのロゼット咲きです。春から秋にかけて連続的に開花し、香りが強く、四季咲きのため人気があります。

モダンローズの人気品種

「ラ・フランス」が発表された以降に作られたバラのことをモダンローズといいます。オールドローズを品種改良したバラのことで、現在の花屋さんで販売されているほとんどはモダンローズに属しています。

モダンローズはさらに細かく45系統に分類され、四季咲きのものが多く存在しています。また、オールドローズの優雅な花姿と豊かな香りにモダンローズの四季咲き性を兼ね備えた「イングリッシュ・ローズ」もこのモダンローズの「シュラブ」というグループに分類されます。

今回は、木立性、つる性、半つる性(半木立性)、ミニバラの4グループに分けてご紹介します。

■ 木立性

1. マリアカラス

ハイブリッド・ティー・ローズで、濃いピンクの大輪を咲きかせます。花形は半剣弁高芯咲きで、花つきも香りもよい品種です。

2. プリンセス ド モナコ

ハイブリッド・ティー・ローズで、白地にピンクの覆輪が入った半剣弁高芯咲きのバラです。王妃となった女優「グレース・ケリー」に捧げられたバラで、上品な花色が美しい品種です。

3. アイスバーグ

フロリバンダローズで、真っ白な花色が美しい丸弁平咲きの品種です。別名「白雪姫」と呼ばれ、柔らかい雰囲気の花が人気です。

4. スイートムーン

フロリバンダローズで、淡い青紫の半剣弁高芯咲きのバラです。花持ちがよく、青系の花色で人気です。ただ、うどんこ病に若干弱い性質があります。

5. ストロベリーアイス

フロリバンダローズで、白地に濃いピンクの覆輪が入る八重平咲き品種です。四季咲き性で、アーチ状にも仕立てることができます。

■ つる性

6. スパニッシュビューティー

ピンクの花がフリルのように波打つ姿がかわいらしい、半八重の丸弁平咲きの品種です。香りもよく、4~5月に開花し、返り咲きをします。

7. アルティシモ

赤い一重の大輪を咲きかせます。5~11月に開花し、花形は平咲きです。返り咲き性が強い品種です。

8. つるサマースノー

真っ白で八重平咲きの波打つ花弁の花を咲かせます。枝にトゲがなく、5~11月に開花し、返り咲きします。

9. つるゴールドバニー

フロリバンダローズのゴールドバニーの枝変わりです。花色は気品のある黄色で、丸弁盃状咲きです。5~11月に開花し、返り咲きます。

10. ピエール ド ロンサール

中心に向けてピンクが濃くなるカップ咲きの大輪の花を咲きかせる品種です。返り咲きは多くはなく、5月に開花時期を迎えます。

■ 半木立性(シュラブローズ)

11. 春風

花弁の裏と表で色が異なり、裏は黄色・表はローズレッドのコントラストが美しい丸弁抱え咲きの花をつけます。枝が柔軟で誘引しやすく、トゲも少ない品種です。5~6月に開花する一季咲きです。

12. アルキミスト

淡いアプリコットカラーの花がクラシカルで美しいバラです。花形はロゼッタ咲きで、5~6月に開花する一季咲きです。

13. ゴールデンウィングス

白地で、中心に向けてやや淡黄色の花を咲かせます。花形は一重平咲きで、春~秋にかけて返り咲きします。

14. ローゼンドルフ シュパリスホープ

やや深みのあるピンクの半八重咲きの花が咲きます。花形はカップ咲き~平咲きでややフリル状になり、5~11月に開花し返り咲きします。

15. カクテル

鮮やかな赤で、中心が黄色になっている華やかな色合いの品種です。一重の赤いつるバラを代表する品種で、花形は丸弁平咲き、5~11月に開花し返り咲きします。

■ ミニバラ

16. マジック キャローセル

白地にローズピンクの覆輪が入り、半剣弁高芯咲きの花が咲きます。ミニバラで初めて覆輪の花を咲かせる品種として発表されて以来、根強い人気を誇ります。花持ちがよく、四季咲き性が特徴です。

17. スカーレッタ

樹形が整いやすく、鮮やかな赤一色の丸弁盃状咲きのミニバラとして人気の品種です。四季咲き性でピンクや白の花とも合わせやすい花色をしています。

18. ななこばら

江戸時代より日本で栽培されている品種で、桜のような淡いピンクが花弁先端に色づくかわいらしい品種です。花形は平咲きで四季咲き性があります。

19. スタリナ

赤とピンクの花色があり、ミニバラ初の剣弁高芯咲きとして愛されている品種です。交配の親としても利用される美しいバラで、四季咲き性です。

20. イエロードール

ポンポン咲きの明るい黄色の花が咲く人気のある品種です。四季咲き性で、垂れ気味に茂る傾向があります。

バラの種類、品種は25,000種以上!

今回紹介した品種は、バラの中でもほんの一部分に過ぎません。品種によって香りの強さや色の濃さなど細かい違いがあり、中には紅茶のような香りのする品種もあります。近くの植物園などでお気に入りの種類を探してみてはいかがでしょうか?

初回公開日: 2015年07月21日