ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

パキポディウムの育て方|種まきや水やり、土づくりのコツは?

パキポディウムは、温度管理に注意すれば丈夫に育つ初心者に優しい塊根植物です。南アフリカ原産で、置き場や水やりを季節によって変えることでスクスク育ちます。その特徴的なフォルムに、ファンも多いです。今回は、パキポディウムの育て方について詳しく解説します。

パキポディウムとは?

パキポディウムの育て方
Photo by shiii iiiさん@GreenSnap

パキポディウムは、ずんぐりとしたボディーが特徴の塊根植物です。育てやすい種類が多く、植物を育てるのに慣れていない人にもおすすめ。1mほどに育つこともあります。暑さに強く寒さには弱いので、冬場は室内や温室での管理が必要です。

科名 キョウチクトウ科
属名 パキポディウム属
学名 Pachypodium
草丈 ~1m
原産地 南アフリカ・マダガスカル
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
開花時期
花の色 黄色・赤など

パキポディウムの育て方!土づくりのコツは?

パキポディウムの育て方
Photo by けいちゃんさん@GreenSnap

水はけがよく、乾燥した環境を好む植物なので、一般的な多肉植物やサボテンの培養土で大丈夫です。市販の培養土と一言で言っても、種類がたくさんあるので、色々試してみて自分が使いやすい培養土を選ぶといいでしょう。

自分で土を配合する場合は、赤玉土に鹿沼土や軽石などを加えて水はけをよくします。鹿沼土は水で濡れていると色が変わるので、水やりのタイミングを見計らうのにも便利です。鉢底石や化粧砂代わりにしてもいいでしょう。

土の粒の大きさを変えながら配合すると、通気性が増します。たとえば、中粒と小粒を混ぜるといった具合。鉢底に置く軽石なども大きめの粒がおすすめです。


パキポディウムの育て方!種まきの方法は?

パキポディウムの育て方
Photo by CHIiさん@GreenSnap

パキポディウムは、種まきで育てることもできます。種まきのやり方は以下のとおり。

必要なもの

  • 育苗箱
  • 種まき用の土

やり方

  1. 育苗箱に種まき用の土を入れる
  2. 種を一粒ずつ、育苗箱へ蒔く
  3. 日陰で管理し、水を切らさないようにする
  4. 芽が出たら日向へ移動して管理

種まきで育てる際のポイントは、芽が出てから日光に当てますが、直射日光には当てないようにすることです。また水やりも蓄えられる水分量が足りないので、通常よりも頻度を多めに行います。

そして冬は室内へ移動して断水。春になってから、お好みの鉢へ植え替えましょう。

注意点として、使用する種は採ったばかりのものを使ってください。種まきで育てる場合、芽が出ないこともあります。パキポディウムの場合は、採ってから時間が経った種だとその確率が高いです。

ほかの植物だと、種を採って冷蔵庫で保管ということも可能ですが、パキポディウムには適していないので、間違えないようにしましょう。

パキポディウムの育て方!日当たりや置き場所は?

パキポディウムの育て方
Photo by tentenさん@GreenSnap

置き場は屋外の日当たりのいい場所が最適です。太陽にしっかり当てることで、株が丈夫に育ちます。日光が少ないと徒長するため、注意してください。

梅雨の時期は、長雨に当てないようにします。蒸れや多湿に弱いので注意しましょう。

冬場は室内の日が差し込む窓辺がおすすめです。温室でしっかり管理する場合は、育成ライトを使って光量不足を補いましょう。

また室内や温室だと、風通しが悪くなりがちです。サーキュレーターを回して、風通しを改善させるのも大切。春~秋の屋外管理でも、日当たりだけではなく、風通しがいい場所を選びましょう。

パキポディウムの育て方!水やりのコツは?

パキポディウムの育て方
Photo by ちゃまさん@GreenSnap

パキポディウムへの水やりは、季節によって頻度や量を変えていきます。春や秋は、土が白っぽく乾いたら水やりしましょう。夏と冬は以下の項目を参考にしてください。

夏の水やりは、月2回ほどに回数を減らします。蒸れないように気をつけながら、水やりします。水を与えるタイミングは、夕方や夜などの涼しくなる時間帯です。日中に水やりすると、水分が熱くなってしまい、株がダメージを受けてしまいます。

冬の水やりは、断水気味に管理します。多くのパキポディウムの品種は、冬になると葉を落として休眠するので、水は少なくて大丈夫です。秋から冬になる頃に葉が落ち始めたら、水やり回数を減らします。完全に葉が落ちたら断水気味に。よく育った株なら、断水でも問題ありません。春になって再び芽が出てきたら、水やり回数を増やしましょう。

パキポディウムの育て方!肥料の与え方は?

パキポディウムの育て方
Photo by kaiさん@GreenSnap

パキポディウムへの肥料は、植え替え・植え付け時に元肥、生長期の春~秋は液体肥料、もしくは固形肥料を与えます。与える量は使う肥料の扱い方に合わせてください。休眠する冬は、生長しないので肥料は入りません。

肥料を与えると、葉の色艶がよくなるなど生長のサポートが可能です。与えるタイミングが悪いと、肥料を与えても健康的に育ちません。適したタイミングに肥料を施すことがポイントです。


パキポディウムの育て方!注意すべき病害虫と対策法は?

パキポディウムの育て方
Photo by そーれさん@GreenSnap

パキポディウムの注意が必要な病害虫は以下の種類です。

病気

  • モザイク病

ウイルスによって起こる病気で、株が病気にかかると治りません。病気になったら、株ごと処分してください。症状は、葉や茎にまだら模様ができたり縮れたりします。感染を広めないように、園芸道具は常に清潔を維持することも対策の1つ。特にハサミは殺菌消毒するのがおすすめです。

  • 軟腐病

軟腐病の症状は、病気にかかると異臭を放ちながら植物が腐っていきます。放っておくと症状が周囲に進行するので、早めに対処しましょう。病気の原因は細菌感染です。

害虫

  • ハダニ

ハダニは植物の汁を吸い、病気を引き起こします。夏になると、ハダニが発生しやすくなるので注意が必要です。なるべく風通しのいいところへ置くようにしてください。株が病気にかかったら、すぐに対応する薬剤を散布しましょう。

  • アブラムシ

黄緑色をした小さな虫で、やっかいな存在です。ハダニ同様、植物の汁を吸います。被害を受けると、生育が悪くなったり病気に侵されたりするので、発見したら薬剤散布と駆除をしてください。

  • カイガラムシ

カイガラムシは風通しが悪い場所を好み、植物の葉の裏でよく見かける害虫です。こちらも植物を吸汁するので、気をつけましょう。見つけたら割り箸やピンセットで植物から剥がします。


パキポディウムの植え替え方法は?

パキポディウムの育て方
Photo by とみーさん@GreenSnap

パキポディウムの植え替えは春に行います。2年に1度のペースが目安です。必要なものとやり方は次のとおり。

必要なもの

  • 植え替える株
  • 一回り大きい鉢
  • 鉢底ネット
  • オルトランDX
  • 元肥
  • 手袋
  • ハサミ

やり方

  1. 植え替えたい株を鉢から抜く
  2. 根のまわりの土を少し落とす
  3. 植え替えする鉢に、鉢底ネットを敷いて土を少し入れる
  4. オルトランDXと元肥を鉢へ追加する
  5. 抜き取った株を鉢へ入れ、ちょうどいい高さになるよう植え付ける

パキポディウムは幹に棘がついているので、素手ではなく、手袋を着用して作業します。また、根を傷めないよう丁寧に取り扱いましょう。

パキポディウムの増やし方は?

パキポディウムの育て方
Photo by なおぞさん@GreenSnap

増やし方は株分けがおすすめです。株分けは親株から分けたい株を外して植えるだけなので、とても簡単です。反対に、挿し木は切ったところからばい菌が侵入するなど、難易度が高いのでおすすめしません。

パキポディウムは温度管理がポイント?

パキポディウムの育て方
Photo by takakoさん@GreenSnap

パキポディウムは暑さには強いですが、寒さには弱い植物です。そのため、冬は室内や温室で管理します。このときの温度は10℃を下回らないようにしましょう。屋外から家へ取り込む温度の目安は10℃です。室内や温室でも、15℃前後をキープすると、植物にとって過ごしやすくなります。

パキポディウムの種類

パキポディウムの育て方
Photo by CHIiさん@GreenSnap

パキポディウムの代表的な種類は以下の品種です。

  • グラキリス
  • 恵比寿笑い
  • ラメリー

グラキリスも育てやすい品種で、よくお店に並んでいます。細長い葉が特徴で、幹はパキポディウムらしいぼてっとしたフォルムです。

恵比寿笑いは一般的なパキポディウムと違い、平べったく育つのが特徴。夏場は蒸れに注意が必要です。

ラメリーは、葉を前後左右に広がるように生やします。雨ざらしでもよく育つので(梅雨の長雨は除く)、管理が容易です。

パキポディウムを育ててみよう

パキポディウムの育て方
Photo by 黒楽さん@GreenSnap

パキポディウムは、栽培環境の温度をチェックしながら管理すれば、育てるのは難しくありません。春~秋の屋外管理では、風通しがよく日当たりのいい場所で育てます。姿が特徴的なパキポディウムを、ぜひ育ててみてくださいね。

更新日: 2020年06月27日

初回公開日: 2020年02月27日

関連コンテンツ