ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

バラの手入れ!剪定方法や時期、コツは?夏と冬で仕方に違いはある?

毎年バラをきれいに咲かせるために欠かせない作業の1つが剪定です。剪定することでバラのツルがよく伸びて、たくさんの蕾をつけるようになりますよ。

また、剪定で枝の風通しがよくなり、病気や害虫の被害からバラを守ることができます。

今回は、バラにとって大切な剪定方法や時期、夏と冬の違いについてまとめました。

バラを剪定する目的は?

バラを剪定する目的は、姿を整えるだけでなくよい芽を生やし、よりきれいな花を咲かせることです。枯れた枝や古い枝をそのままにすると、新しい花の芽がつきずらくなります。

また、ツルや葉っぱが絡み合い、株が蒸れやすくなる為、病気や害虫の被害も受けやすくなります。

バラを長く育て、大きな株にする為に剪定は重要な作業です。枯れた葉や枝を取り除き、向きの悪い邪魔になる枝を取り払うことで、バラは花を咲かせることに集中できるのです。

バラの剪定をする前に知っておきたいことは?

バラの剪定は「枝を切り落とすことと」「花やつぼみを摘み取ること」の2つの作業があります。

同時に水やり、肥料、植え替えを行うとより育ちがよくなります。まずは以下に剪定する前に知っておきたいことや、剪定する枝の選び方をご紹介します。

バラの剪定をするときに知っておきたいこと

  • 気温が下がると、株が休眠して葉が茶色く変化し、落葉する
  • 休眠状態の株は、剪定によるダメージを受けにくい
  • 剪定の数日前からたっぷりと水やりを行う
  • 切り口が斜めになるようにハサミを入れる
  • 病気を防止するため、剪定の終わった枝の切り口には接蠟(ツギロウ)を塗る
  • 枯葉、枯れ枝は剪定の時期にかかわらず、見つけ次第掃除する

剪定する枝の選び方

  • 大きく太い、丸みのある枝は残す
  • 切り口の芯(真ん中)が茶色い枝は弱っているので付け根から切り落とす
  • 2~3年経っても伸びない枝は根本から切り取る
  • 切り詰めるのは、外向きの芽の5~7mm上まで

バラの剪定に適した時期は?夏と冬で違いはあるの?

多くのバラは春か秋に花開くので、8月末〜9月に行う夏の剪定は、新しい芽を切り落とさないよう注意します。

枝はを切りそろえる程度の剪定にとどめ、枯れた花や蕾を摘み取りましょう。

一方、2月ごろ行う冬の剪定では、次の開花までに時間があるので、深く切り落としても安心です。大胆に枝を切って、姿を整えてください。

バラの手入れ!時期別のバラの剪定方法は?

夏の剪定

  • 散りはじめた花を摘みとっていく(花の付け根からハサミでカットしてもかまいません)
  • できるだけ葉がついている枝を残し、葉を増やす
  • 全体の2/3ほどの高さになるよう、枝を切りそろえていく
  • 細い、弱い、内向きの枝を付け根から切り落とす

冬の剪定

  • 開花後、花が枯れる前に枝の上から2~3番目の芽まで切り詰める(できるだけ葉を多く残す
  • 枯れた、弱った、細い枝を全て、付け根から切り取る(バランスよく数本は残す)
  • 内向き・枯れた・弱った・細い枝を切り取る
  • つぼみがあれば摘みとる
  • 大きく生長した株は剪定前の1/2〜1/3の高さまで切り詰める(葉が少ない場合は葉がついている枝を切らない)
  • 株元から生えてきた新しい枝(シュート)は、上から2~3番目の芽まで切り詰める

つるバラやミニバラ、種類ごとの剪定方法の違いは?

四季咲きのバラ(ハイブリッド系・フロリバンダ系)

ハイブリッド系やフロリバンダ系と呼ばれる四季咲きのバラは、基本の通りに剪定作業をすすめていきます。枯れた・弱った・細い枝を剪定し、時期に合わせて枯れた花やつぼみを摘み取っていきましょう。

剪定時には、切り口を確認することがポイント。切り口を見て、枝の真ん中(芯)が茶色になっている枝は弱っているので切り落としていきましょう。

小枝が弱っている場合、親枝も弱っている可能性があるので、親枝も確認して剪定するかどうか決めてください。

つるバラ

つるバラの剪定方法は、数本の親枝を2年ごとに変えていきます。そのため、株元から生える新しい枝(シュート)を育てながら、古い親枝を根元から切り落とす作業を続けてください。

ミニバラ

ミニバラは、今回ご紹介した剪定ほどしっかりと行う必要はありません。全体の形を整え、病気・枯れ枝を取り除く程度にメンテナンスをするだけで十分です。

バラを剪定して翌年も花を咲かせよう!

バラの栽培でありがちな失敗は、剪定を怠ることです。はじめての方は特に「こんなに切っても大丈夫?」「ちょっと控えめに切って様子を見よう」と思いがち。

でも、翌年きれいな花を咲かせてもらうためには思いっきり剪定してみてください。何度も繰り返して慣れてしまえば、きれいなバラを長年育てていくことができます。

初回公開日: 2015年05月21日