ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ゴーヤの育て方!種・苗の栽培、摘心、肥料の方法は?

ゴーヤは、家庭菜園に人気の夏野菜です。ただ、育て方を間違えると花が咲かない、実が大きく育たないといった悩みをかかえることも。

今回は、ゴーヤの種・苗の栽培方法、摘心(摘芯)で実を増やす方法、肥料を与える時期・方法など、おいしい実をたくさん収穫できる育て方をご紹介します。

ゴーヤの種や苗の栽培方法!プランターへの植え付け方は?

種まき

4月頃、気温が20~25度になってから種をまきます。種の尖った部分を1mmほどカットし、水に浸して発根させてから種をまくと、発根率が高くなります。

ペットボトルのキャップや指で、土を軽く押してまき穴を作りましょう。まき穴同士は、20cmほどの間隔を空け、1箇所につき2~3粒種を入れます。

本葉が4~5枚になるまで、風通しのよい日陰で、土を乾燥させないように育てます。小ポットであれば、1個あたり3~4粒の種をまきます。

苗植え

5~6月が植え付けの適期です。鉢植えの場合、大型の深底タイプのプランター(幅60cm、深さ30cm以上)に1~2苗、9号以上の深型スリット鉢に1苗が目安。鉢底に鉢底石を敷き、容器の縁から2cmのところまで土を入れ、苗を植えてください。

地植えの場合、40~50cm以上の間隔をとって苗を植え付けます。

鉢植え、地植えともに、本葉が4~5枚になったら、仮の支柱を立てて補助し、ツルが伸びてきたら、10cm角目の園芸用ネットを設置して絡ませながら育てます。

ゴーヤの育て方!土作り、水やり、肥料の時期と方法は?

土作り

野菜用の培養土か、赤玉土(小~中粒)4:腐葉土4:堆肥2の割合で混ぜた土を使います。地植えの場合、植え付けの4週間前から庭土と石灰を混ぜて寝かせ、2週間後に堆肥を混ぜます。苦土石灰は、1苗につき大さじ山盛り1杯を目安に。

水やり

土の表面が乾いてから、たっぷりと水を与えます。午前中の気温が上がる前に水をたっぷり与え、夕方に乾いていれば、もう一度水やりをしてください。

水切れになると花が弱り、花に水がかかると実をつけなくなるので、水の管理には注意しましょう。

肥料

培養土で育てている場合、肥料は不要です。培養土以外は、牛糞堆肥やゆっくり効く緩効性の化学肥料を、植え付け時に、土に混ぜます。

植え付け後は、2週間に1回、野菜用の液体肥料を与えましょう。肥料が足りないと下葉が黄色くなって花つきが悪くなり、枯れることも。

ゴーヤの剪定!摘心(摘芯)の時期と方法は?

実をたくさん収穫したいときは、生長したツルの先端を切り取る「摘心」を2回する必要があります。摘心を繰り返すことで、ツルの伸びる範囲を上だけではなく、横へ広げることができるのです。

摘心が2回必要なのは、1回目の摘心後に伸びてくるツル(子づる)と、2回目の摘心後に子づるから伸びてくるツル(孫づる)に、果実が実りやすいからです。

1度目の摘心

本葉が7~10枚になったタイミングで、親づるの先をハサミで切り落とし、本葉を4~5枚残しておきます。

2度目の摘心

1回目の摘心後に子づるが伸びてくるので、上についている子づるを3~4本残し、下の子づるを切り取ります。

また、ツルや葉っぱが混み合っているところは、適宜ツルを切って風通しをよくしてあげると過湿にならずにすみますよ。

ゴーヤの増やし方!時期と方法は?種の保存方法は?

実からとった種をまいて数を増やします。9月上旬頃、収穫が遅れて、黄色くなった実を1~2個とります。

とった実は、手で割るか、自然に割れるのを待ち、中の赤い種を取り出します。種のまわりについた、赤いゼリー質の部分を水で洗い、スポンジでこすり落とします。

乾燥させた種は、翌年まいて育てましょう。ネットに入れて、風通しのいい日陰に吊って乾燥保存しておきます。水気や日光を与えると発芽するので、注意してください。

ゴーヤの栽培で気をつける病気や害虫は?

つる割れ病

5~9月頃、古い土に住みついていた細菌が原因で発生する病気です。葉がしなびて、ツルが割れ、全体が灰褐色になります。発見次第、病変部分を取り除き、ベンレート水和剤などの殺菌剤をまきます。

古い土は使わない、病害虫に強いカボチャが台木の接ぎ木苗を選ぶ、虫が寄り付きにくいネギ類と一緒に植えるなどの予防方法が有効です。

つる枯れ病

4~10月の間、病気にかかった枯れ葉が残っていたり、土の中の細菌が原因で発生する病気です。感染すると茎がしおれ、葉のふちに褐色の病斑が現れます。

降雨や水やり時の泥はねで感染するため、株元にわらを敷いてツルを保護しましょう。

うどんこ病

葉の表面に粉っぽい白斑ができ、株全体が生育不良に陥ります。5~7月の涼しい時期に、日光の当たらない状態が続くと発病しやすくなります。

病変部分があれば、すぐに取り除きましょう。窒素成分の多い肥料のやりすぎに注意し、風通しをよくすることで予防できます。

ウリノメイガの幼虫

種から育てた幼い苗を食べる害虫です。成虫が卵を産みつけ、幼虫が繁殖します。幼虫は食欲旺盛で、放置するとあっという間に苗が食べつくされてしまいます。

防虫ネットを張り、成虫が侵入してくるのを防ぎましょう。

ゴーヤは午前中に収穫しよう

ゴーヤは、晴れた日の午前中に収穫すると、日光が切り口からの細菌感染を予防してくれます。また、午後よりも新鮮で甘みの強い実がとれますよ。

「苦瓜(ニガウリ)」と呼ばれるほど強い苦味がありますが、栄養価が高いので、炒めものや酢のものにして、収穫した実を楽しんでみてくださいね。

初回公開日: 2015年09月03日