ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

植物の植え替え方法まとめ!観葉植物/多肉植物/庭木・花木/草花別!

植物は、生育に見合ったスペースを確保することで、根を広く長く伸ばし、大きく生長します。楽しみやすい鉢植えは、生育スペースが限られていることから、そのままにしておくと植物にとって窮屈な環境となってしまいがちです。そこで必要になってくるのが植え替え。きちんと植え替えをすると、葉っぱの色つやがよくなり、きれいな花を咲かせてくれるようになりますよ。今回は、植物の植え替えの基本的な手順と、種類ごとの植え替えのポイントをまとめました。

植物の植え替えの目安は?

植え替え 根詰まり

● 同じ鉢に植えてから2年以上たっている
● 株と鉢のバランスが悪く、よく倒れる
● 水やりをしても、水が土にしみ込んでいかない
● 鉢底から根がはみ出している
● 葉が黄色くなる、枯れ落ちる
● 水もちが悪い

植物の植え替えの基本的な手順は?

ラン 植え替え

準備するもの

● 株よりも1回り大きな鉢
● 植物に合った土
● 鉢底ネットと鉢底石
● 清潔なハサミやナイフ

手順

1. 根に土を付けたまま株を鉢から抜き、古い土を1/3ほど手でほぐしながら落とす
2. 伸びすぎた根、枯れた根、腐った根をハサミやカッターで取り除く
3. 1回り大きな鉢に鉢底ネットを敷き、鉢底石を入れる
4. 新しい土を鉢の1/3~1/2ほど入れる
5. 植物を植え、周りに土を詰める
6. 株元にたっぷりと水を与える

植物の植え替えをするときの注意点は?

挿し木 増やし方 剪定 切り戻し (7)

株が蒸れないよう、植え替えの前に枯れた葉っぱや茎を取り除いておきましょう。花が咲いた後に植え替える場合は、地上部を1/2~1/3程度切り戻すと根張りがよくなります。

植物は、地上部と根のバランスが取れていないと生育が悪くなります。根をたくさん切る場合は、地上部の剪定もしてください。ただ、根が弱かったり、傷ついたら枯れたりする種類もあるので、それぞれの根の特性を植え替える前に調べておくと安心です。

植物の植え替え後の管理は?

植え替え 鉢植え

植え替え直後から7~10日ほどは、どんな植物もダメージを負って一時的に弱り、肥料焼けを起こしやすくなります。しばらく肥料を与えず、直射日光の当たらない場所で管理しましょう。特に、庭木や花木、小型の鉢植えは、肥料が根に直接触れないよう株元から離れたところに置いたり、土と土の間に挟んだりと工夫が必要です。

また、根の弱い植物は、植え替えてすぐに水をやると負担になることがあります。あらかじめ新しい土を軽く湿らせてから植え付けるとよいですよ。

植物の種類別!植え替えのポイントは?

観葉植物

シェフレア カポック 観葉植物 屋内 壁

2~3年に1回は植え替えましょう。常緑のものが多く、一見それほど大きくなっていないように見えても、意外に根の生育は旺盛です。植え替えの適期は、真夏を除く5月中旬~9月中旬頃で、この時期に作業をすると失敗が少なくなります。土は、もともと植えていたものと同じ配合のものを使うようにしてください。

多肉植物

多肉植物 鉢植え 日光 アロエ マンネングサ セダム2 オリジナル 

多肉植物の植え替えは、タイプごとに適期が異なります。種類ごとに、生育しはじめる時期に合わせて行いましょう。植え替える1週間ほど前から水やりを控え、根を乾燥させておくと、植え替え後に根腐れを起こしづらくなります。また、他の草花に比べて根が弱いことから、植え替え直後の水やりは行わず、しばらくは日陰で管理してください。

庭木・花木

コニファー ゴールド

樹木の鉢植えは、小さい鉢で2~3年に1回、10号以上の大きい鉢なら4~5年に1回を目安に植え替えをします。根が太く強いので、放っておくと伸びる場所を求めて鉢を壊したり、ほかの植物に絡まったりしてしまいます。ある程度の大きさにまで育ったら、地面に植え替えるのも1つの方法です。

草花

ビオラ パンジー ガーデニング 植え付け 

一年草は時期がくると枯れてしまうので、植え替えは特に必要ありません。一方、宿根草や多年草は、植え替えが必要なります。毎年植え替えなくてもかまいませんが、株が混み合ってくると生育が悪くなるので、3~4年に1回は休眠期に根を傷つけないよう掘り上げ、株分けを兼ねて植え替えをするとよいですよ。

植物の植え替えは定期的に行うのがガーデニングのコツ

株分け 植え替え

何年も植え替えをしないでいると、植物は根を伸ばす場所をなくし、やがて枯れてしまいます。古い土は栄養が少なく、土の粒も崩れて水はけが悪くなっているものです。きちんと植え替えが行われている植物は、根がしっかりと生育するので、病気や害虫にも負けない丈夫な株に生長します。慣れないうちは作業も大変ですが、何度も回数を重ねていくことで、植物を問わず簡単に植え替えできるようになりますよ。ぜひ1度チャレンジしてみてください。

初回公開日: 2015年12月24日