ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

庭木に人気!おすすめの植木7選

お庭の雰囲気作りには欠かせない庭木。のびのびと育ってくれるよう、きちんとスペースを確保して植えてあげたいですよね。そのためには、植える樹木がどんな生態なのかや、好む環境を知る必要があります。また、メインなのかサブなのかという役割も重要です。

そこで今回は、庭木におすすめの植木を、メインとサブのものを合わせて7種ご紹介します。

メインの庭木におすすめの植木

1. ハナミズキ

庭木 ハナミズキ

ハナミズキは背が高くなる落葉樹で、春の訪れを知らせるようにピンクや白の花を咲かせてくれます。また、花芽と葉芽の違いがわかりやすいので、初心者でも簡単に剪定して育てることができます。

「永続性」という花言葉も、家族のこれからの繁栄を願うにはうってつけですよね。秋には紅葉も美しいので、植木から四季を感じたいという方におすすめです。

2. ライラック

庭木 ライラック

ライラックは北海道で盛んに栽培される、高い耐寒性を備えた落葉樹です。紫や白、ピンクなど様々な花色があるので、庭の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

本来はそこそこ樹高が高い花木ですが、ヒメライラックという樹高1mほどの種類もありますよ。香り高い花を咲かせる木を植えたいという方におすすめの庭木です。

3. シモクレン(紫木蓮/木蓮)

シモクレン 庭木

春の訪れを告げるように花を咲かせるシモクレン。外側が赤紫、内側が淡い紫色をした香りのよい花を咲かせます。印象的な花色は気品を感じさせ、道を歩いている人の目にとまりやすそうですね。

また、濃い紫色の花は淡い色が多い春の庭のアクセントになりますよ。仲間には白い花を咲かせるハクモクレンもあるので、合わせて植えて楽しめそうですね。

サブの庭木におすすめの植木

4. コニファー

コニファー

クリスマスツリーのような円錐形の樹形が特徴のコニファー。ふさふさとした鮮やかな黄緑色の葉っぱを生やす針葉樹です。

庭の生垣の木として人気があり、数本植えると目隠しの効果も期待できます。ゴールドクレストという品種が多く出回っていますよ。梅雨の時期に蒸れないよう枝を剪定して管理すれば、長くきれいな姿を楽しめます。

5. ブルーベリー

ブルーベリー

ブルーベリーは実も花も楽しめる、庭木に人気の果樹です。春に咲く白く小さな花が結実すると、濃い紫色の実がつきます。また、秋の紅葉も楽しめ、季節感が感じられるところもポイントです。

ただし、ブルーベリーは同じ系統で違う品種を合わせて植えるようにしないと結実しないので注意してください。また、植物には珍しく酸性の土を好むので、植えるときにきちんと土の状態を調節してあげましょう。

6. ローズマリー

ローズマリー

丈夫で香り高い葉っぱを生やすローズマリー。低木のハーブで、茎へ連なるように小さな葉っぱを生やす姿が美しいと女性に人気です。

枝ごと収穫した葉っぱは料理の臭み消しやスパイスとしてだけでなく、ポプリや手作り石鹸に活用できますよ。挿し木で簡単の数を増やせるので、たくさん栽培して楽しみたい方におすすめです。

7. ドウダンツツジ

ドウダンツツジ

春には白い花、秋には紅葉と、季節の移り変わりを感じさせてくれる庭木といえばドウダンツツジです。背丈が低く、剪定にもよく耐えることから、庭をぐるっと囲うように植えているご家庭をよく見かけますよね。

落葉樹で冬には葉っぱが枯れ落ちてしまいますが、絡まり合うように枝をたくさん生やすので、目隠しの役割を一年中果たしてくれますよ。

庭木に人気の植木で庭を飾ろう

庭 木 植樹

高木から低木、常緑性や落葉性など、植木の大きさや性質は様々です。その中から自分のイメージに合った庭木を選んで、庭を飾っていきましょう。特に人気のあるものは、育てやすいものばかりですよ。そしてさらに楽しいガーデニングライフを楽しんでいけるといいですね。

初回公開日: 2015年07月07日