ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

春に植える野菜8選!栽培しやすいおすすめの種類は?

ナスやキュウリ、トマトなど、おいしい実をつける野菜は、春植えのものが多くあります。春になりあたたかくなってくると、家庭菜園で野菜を植えたくなりますよね。今回は、ガーデニングにおすすめの春植え野菜を8種、特徴や育て方を交えてご紹介します。

栽培におすすめの春に植える8選

1. ホウレンソウ(ほうれん草)

ホウレンソウ 収穫

ビタミンAや葉酸、鉄分が豊富で栄養満点のホウレンソウ。おひたしや胡麻和え、バター炒めなどメニューが豊富でお料理にも便利です。寒さにさらされることで甘みが増すと言われ、冬にも収穫を楽しめます。反面、夏の暑さには弱く茎が固くなる「とう立ち」を起こすので、栽培は冬から春、または秋から冬にかけて行っていきましょう。

植付期 3〜5月、8〜11月
収穫期 4〜7月、9〜2月


2. キュウリ

家庭菜園に人気のキュウリも、4月上旬頃に種まき、4月下旬〜5月上旬に苗植えをする、春植え野菜です。夏に収穫できる野菜としても知られていますよね。

風通しと日当たりの良い場所で育て、水やりを十分に行います。真夏に収穫期を迎えるときは、水切れに注意しましょう。また、ウリ科の野菜なので、連作障害が怒らないように、毎年違う土で栽培するようにしてくださいね。

植付期 4~5月
収穫期 6~9月


3. ナス(茄子)

夏バテには、ナス!というイメージもあるかもしれませんね。ナスも、植え付けは5月頃、種まきは2〜3月が目安の春に植える野菜です。

ナスも連作障害を起こしやすいので、新しい土で育ててくださいね。また、乾燥に弱いので、夏になる前に土の表面をフィルムやワラで覆うマルチングを施し、水やりをしっかりと行いましょう。

植付期 4~5月
収穫期 6~9月

4. トマト

家庭菜園で1,2を争う人気を誇るトマト。品種は8000を超え、毎年種類を変えて楽しんだりできるのも魅力的です。

種まきは4月上旬、苗植えは4月中旬頃が目安になる、春に植える野菜です。病害虫の被害にあいやすいので、注意が必要です。

植付期 4~6月
収穫期 6~9月

5. カブ

小カブ かぶ

日本書紀にも記録が残っているほど古くから栽培されているカブ。日本各地に独自の品種が多く作られ、伝統野菜としても親しまれています。主に浅漬けや酢漬けなど漬物に使われますが、葉の栄養も豊富なので、浅漬けにするときは彩りも兼ねて葉も漬け込むとよいですよ。

カブはアブラナ科に属するため、代表的な連作障害である根こぶ病に注意が必要です。アブラナ科の野菜を育てた土を使わない、同じ場所で育てない、連作に対して抵抗性品種を利用するようにしましょう。

カブは、3〜4月の春に種をまくこともできますし、9〜10月の秋に種まきすることもできます。

植付期 3〜4月、9〜10月(種植え)
収穫期 5〜6月、10〜12月

6. アスパラガス

アスパラガス 新芽

ソテーやサラダ、ベーコン巻きなどで親しまれるアスパラガス。他の野菜と違い、植え付けから収穫まで3年以上と栽培期間は長いですが、栽培の手間はそれほどかからないことから、初心者でも安心して育てられます。

肥料を好む野菜なので、植え付け期に有機肥料をたっぷり与えると太く歯ごたえのあるアスパラガスが育ちます。

植付期 3〜5月
収穫期 3〜5月(3年目)

7. ピーマン

夏野菜としておなじみのピーマンも、春に植える野菜です。苗植えは4月下旬から5月下旬が目安ですが、種まきは2〜3月と少し早いので注意してくださいね。

ピーマンは十分な水やりと日当たり、肥料が、実をつけるポイントです。鉢植え、地植えともに、土の表面が乾いたら、しっかりと水やりします。最初の実が付いたら、2週間に1度緩効性化成肥料を与えるか、1週間に1度液肥を水やり代わりに与えると、生長を促進できます。

植付期 4~6月
収穫期 6~11月

8. シュンギク(春菊)

シュンギク

独特の風味がやみつきになるシュンギクは、鍋物野菜の定番ですね。食用として利用される日本ではあまり知られていませんが、黄色の愛らしい花を付け、ヨーロッパでは観賞用として親しまれています。

15〜20度の涼しい環境を好むため、春と秋が栽培の適期。シュンギクは光で発芽が促進される好光性種子ですので、土はごく薄くかけることが植え付けのポイントです。

植付期 3〜5月、9〜10月
収穫期 5〜6月、10〜11月

春植え野菜を栽培してみよう

秋 野菜 まとめ 

多くの野菜が生長期に入る春。ビタミンCなどの栄養素が豊富で、日差しが強くなるこれからの季節にはなくてはならない食物です。また葉物は痛みやすいのでフレッシュに食べられる家庭菜園は持って来いですね。好みの野菜を育てて、フレッシュな春を満喫してください。

更新日: 2020年03月18日

初回公開日: 2016年05月16日

関連コンテンツ