ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

イングリッシュガーデンとは?作り方やおすすめの植物は?

ガーデニングを大きく分けると「イギリス式」「フランス式」「イタリア式」の3種類があるのをご存知ですか?中でも最近人気なのがイギリス式の「イングリッシュガーデン」。草花を自然な雰囲気に植え付けることが特徴です。今回はそんなイングリッシュガーデンとはなにか、簡単な作り方やおすすめの植物をご紹介します。

イングリッシュガーデンとは?

イングリッシュガーデン

イングリッシュガーデンとは、自然の風解を大切にしながら作られた庭の様式の1つです。18世紀頃にそのスタイルが確立したといわれています。イングリッシュガーデンが出てくるまでは、16世紀に確立した「イタリア式」、その後17~18世紀に発展した「フランス式」が主流でした。

これらは、左右対称に草花や造形物を組み合わせる幾何学的なデザインが特徴で、人工的に美しい庭を作り出すスタイルです。これに対して、イングリッシュガーデンは、当時輸入されるようになった珍しい異国の植物の影響もあって、自然なままの姿を楽しむための様式としてイギリスで独自に発展していきました。木は刈り込むことなく自然に枝を伸ばし、池なども自然にあるかのように風景を作り出していきます。

イングリッシュガーデンの作り方やポイントは?

イングリッシュガーデン2

自然な配置

「植物の自然な姿をそのまま生かす」というのが、イングリッシュガーデンを作るポイントです。ポイントは、不規則に植物を植えること。野に咲く花のように、位置や種類はかまいません。

自然の素材

通路は石や木の板、ベンチは木製のものを使うなど、人工物を置くときは自然の素材で作られたものを選んでください。

大小の形やボーダー色を意識する

植物の植え付けには、ボーダーガーデンがおすすめです。これは、高さの違う植物を使い、手前から奥にかけて高くなっていくように植える方法です。これによって奥行きが出て、庭が広く感じられるようになります。また、植物を大胆に植えるのも大切。色や大きさなど形の違うものを混ぜて植えることで、より自然な印象を与えることができます。

イングリッシュガーデンを作るときの注意点は?

イングリッシュガーデンを作る方で「素朴」や「自然」を意識しすぎて、なんでも適当に配置してはいけません。規則正しく一直線に植物を並べる、プラスチックなどの人工物は使わないといったことはもちろん、色やバランス、咲く時期などを考えて植物を植え付けると、きれいな庭に仕上がります。冬は花も少なくなりがちなので、冬でも枯れない常緑樹を植えるとよいですよ。

イングリッシュガーデンにおすすめの植物は?

イギリスで扱われている植物をそのまま植え付けても、日本の気候とは合わないのできれいに育たないことがよくあります。日本でイングリッシュガーデンを作るときは、日本の気候に合った植物を使うことが大切です。以下に、イングリッシュガーデンにおすすめの植物をいくつかご紹介します。

1. バラ

ツルバラ つるバラ バラ アーチ3

バラは、イングリッシュガーデンをするなら必ず育てられているゴージャスな花です。病害虫の被害に合いやすいイメージから、敬遠されがちですが、強い品種を選べば思っているよりも気軽に栽培を楽しめます。スプレーバラやモッコウバラ、つる性のイングリッシュローズなどがおすすめです。アーチ仕立てにすれば、素朴さと華やかさを兼ね備えたイングリッシュガーデンになります。

2. 斑入りキボウシ(ホスタ)

 ホスタ ギボウシ 斑入り 地植え

ギボウシは、耐陰性が高いことからシェードガーデンに利用されることの多い常緑性の多年草です。ドイツ人博物学者シーボルトによって欧米に紹介され、今では日本はもとより海外でも人気の植物となっています。特に斑入りの大品種は、1株植え付けるだけで存在感抜群。1年中きれいな葉っぱで他の植物を引き立ててくれますよ。

3. ラベンダー

ラベンダー (1)

自然な風合いが魅力のラベンダーは、女性に人気のハーブです。低木という扱いですが、草花のような見た目で、ボーダーガーデンの背景に利用するときれいな花壇に仕上がります。高温多湿に弱いので、春と秋に剪定をして風通しをよくすることが、長く育てるポイントです。

4. ペチュニア

ペチュニア 青 ピンク 花壇

4~10月の長い間、ラッパのような形をした花を咲かせるペチュニア。夏の花壇を彩る代表的な存在で、株を覆うようにたくさんの花が咲きます。直射日光に強く、手入れも簡単なことから、はじめての庭造りにも取り入れやすいですよ。

5. クレマチス

クレマチス 花 種類 寄植え

クレマチスは、華やかな雰囲気を持つ、つる性の多年草です。地面や壁にはわせると、一面を覆うくらい長くつるを伸ばします。このつるの印象から、イギリスでは「つる性植物の女王」と呼ばれて親しまれています。種類がたくさんあり、花色のバリエーションも豊富なので、庭の雰囲気に合うものをチョイスするのも楽しみの1つです。

6. チェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ)

チェリーセージ 地植え

チェリーセージは、真っ赤な花が茎から垂れ下がるようにして咲く観賞用のハーブです。1度に咲く花の数は少ないですが、舌のような花の形がユニークで、素朴さと珍しさの相反する雰囲気を持っています。多年草で、地中に根が残っていれば毎年花を咲かせてくれますよ。

7. ジギタリス

ジギタリス 紫 花 庭 地植え 空

ジギタリスは、すっと伸びた茎に釣鐘型の花をたくさん咲かせる多年草です。花の内側には斑点模様があり、花色も多彩なことから、庭のアクセントにおすすめです。また、草丈も種類によって様々なので、植え付け場所や使い方も自由自在。ハーブと一緒に植え付けると、素朴な庭に仕上がりますよ。

色々なイングリッシュガーデンの作り方に挑戦しよう

イングリッシュガーデン

イングリッシュガーデンの、どこかの田舎を思わせる素朴な雰囲気は、安らぎを感じさせてくれます。それは、自然のありのままの姿を生かしながら庭が作られているから。植え付ける植物の色合いや開花時期に気にしていれば、配置にこだわりすぎずにはじめられることも、イングリッシュガーデンが楽しみやすい理由です。お庭にスペースがある方は、ぜひ、オリジナルのイングリッシュガーデン作りを楽しんでみてくださいね。

初回公開日: 2016年06月28日