ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

スカシユリ(ハマユリ)の花言葉と育て方とは?

空を見上げるように、上向きに花を咲かせるスカシユリ。日本に自生するユリの1つで、様々な園芸品種の交配親としても利用されてきました。オレンジ色の花が、明るい雰囲気を演出してくれますよ。今回は、そんなスカシユリの花言葉と育て方についてご紹介します。

スカシユリ(ハマユリ)の花言葉とは?

『注目を浴びる』『飾らぬ美』

花びらを大きく広げ、花の中が透けている姿にちなんで、「注目を浴びる」という花言葉が付けられたとされています。

スカシユリ(ハマユリ)の学名・原産国・英語

学名
Lilium maculatum
科・属名
ユリ科・ユリ属
英名
Thunberg Lily
Elegant Lily
原産地
日本
開花期
6~8月
花の色
オレンジ、白、黄、赤、ピンクなど
別名
浜百合(ハマユリ)
イワユリ など

スカシユリ(ハマユリ)とは?どんな花を咲かせる?

スカシユリ ハマユリ

スカシユリは、ユリ科ユリ属に分類される球根性の多年草です。中部地方より北の海岸や砂地、崖、岩場に自生しています。この自生地にちなんで、イワユリやハマユリといった別名を持っています。

草丈は20~60cmと大型で、ツヤのある葉っぱを互い違いに生やします。多くのユリは下や横向きに花を咲かせますが、スカシユリは、上向きに花を咲かせるのが特徴です。たくさんの斑点がある花びらは完全につながっておらず、付け根に少し隙間があります。特に香りはありません。

スカシユリ(ハマユリ)の育て方のポイントは?

日当たりのよい場所を選び、球根を深めに植え付けることがポイントです。スカシユリは、地下に生やす茎からも根を生やします。ある程度深く植えないと、地中の茎が長くならず、栄養を十分に取り込めなくなってしまいます。

スカシユリ(ハマユリ)の球根の植え付け時期と方法は?

オニユリ ユリネ ユリ根 球根 植え付け

10~11月に鉢か地面に植えて育てていきます。鉢植えは、6号鉢に3球が植え付けの目安です。地中10cmほどの深さに球根をそれぞれ植え付けましょう。地植えは、株同士の間隔を10~15cmほど空けて、地中10~15cmほどのところに植え付けてください。ある程度寒さに当たらないと花は咲きませんが、霜や雪に当たると枯れてしまうので注意してください。

スカシユリ(ハマユリ)の土作り、水やり、肥料の与え方

肥料 粉 ガーデニング 庭 消石灰 土作り

土作り

水はけのよい中性~弱アルカリ性の土を好みます。鉢植えは、赤玉土(小粒)6:腐葉土3:川砂2の割合で混ぜた土か、市販の草花用培養土、ユリ専用培養土を使います。地植えは、植え付ける2週間前に地面を深さ30cmのところまで耕し、苦土石灰を混ぜ込みます。そして1週間前に腐葉土や堆肥を2~3割混ぜ込み、寝かしておきます。

水やり

日当たりを好みますが、球根が乾燥すると弱ってしまいます。鉢植えは、土が乾いたらたっぷりと水を与えます。地植えは、日照りが続いて地面が乾燥しているときは水やりをしますが、基本的には降雨で大丈夫です。

肥料の与え方

地中の茎から栄養を吸収しやすいよう、植え付けるときにゆっくりと効く緩効性化成肥料を混ぜ込んだ土を球根の上にかぶせます。そして、発芽後に緩効性化成肥料と有機肥料を混ぜた土を、芽を覆うように10cmほどかぶせます。その後は、2~8月までの間、10~15日に1回液肥を与えるか、2ヶ月に1回緩効性化成肥料を株元に施しましょう。肥料を多く施すと花はよく咲きますが、与え過ぎると枯れることがあるので、生育の様子を見ながら調節してください。

スカシユリ(ハマユリ)の剪定の時期と方法は?

軍手 剪定はさみ

枯れた花をそのままにしておくと、種ができて球根の栄養を奪ってしまいます。花が枯れたら、花首から切り落としてしまいましょう。

スカシユリ(ハマユリ)の植え替えの時期と方法は?

スカシユリ ハマユリ

スカシユリは、連作を嫌い、同じ場所に植え続けていると生育が悪くなります。鉢植え、地植えにかかわらず、2~3年に1回、葉っぱが枯れ落ちる10~11月に、別の土に植え替えましょう。それぞれの植え替える手順は、植え付け時と同じです。

スカシユリ(ハマユリ)の増やし方!分球の時期と方法は?

スカシユリ ハマユリ

球根の鱗片をはがして挿す「鱗片挿し」もできますが、植え替えのときに木子が根に付いているようなら、そちらの方が簡単に増やすことができます。根から木子を切り取り、植え付け時と同じ方法で植え付けていきましょう。

スカシユリ(ハマユリ)の栽培で注意する病気や害虫は?

スカシユリに限らず、ユリ科の植物のほとんどはウイルス病に感染しているとされています。特にモザイク病や、急性落葉病に感染しやすく、葉っぱに濃淡や斑が現れ、株を弱らせていきます。他の株に伝染してしまうので、球根ごと土から抜き取り、焼却処分してください。

スカシユリ(ハマユリ)は切り花にして楽しもう

スカシユリ ハマユリ

スカシユリは、アジアティックハイブリッド系と呼ばれる系統の交配親として利用されてきました。上向きに花を咲かせる姿や、丈夫な性質は、多くの園芸品種に受け継がれていますよ。自分で育てた花を切り花にして、お部屋を彩れたら楽しいですね。

初回公開日: 2016年01月28日