ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

ザクロ(柘榴)の育て方!栽培のポイントや種まき、剪定の方法は?

ザクロは、甘みと酸味のバランスがよい実をつける果樹です。また、美容効果の高い果実として知られています。もともとは、夏に鮮やかなオレンジ色の花を咲かせることから、花木として平安時代に日本に入ってきたんですよ。今回は、そんなザクロの育て方について、栽培のポイントや種まき、剪定の方法などについてご紹介します。

ザクロ(柘榴)の栽培のポイントは?

日当たりのよい場所で育て、剪定の方法を間違えないことがポイントです。日陰で育てると、花つきが悪くなり、実の収穫を楽しめなくなってしまいます。また、花芽が前年の夏にはすでに作られていることから、剪定の方法を誤ると花が咲かなくなってしまいます。

ザクロ(柘榴)の種まき、苗植えの時期と方法は?

ザクロ 実 木

種まき

実から採取した種から育てていきます。採取したら9月~11月の間にすぐまくのがおすすめです。保管するときは、2月中旬~4月上旬まで冷蔵庫に入れておきます。ただし、実をつけるまでに3~5年ほどかかり、親の性質を受け継ぐとは限りません。

1. 実の粒から種を取り出し、水洗いして果肉を落とす
2. 種を一晩水に浸けておく
3. 赤玉土(小粒)など、種まき用の土を育苗ポットや浅鉢に入れる
4. 土に種をばらまく
5. 土が乾かないよう水やりをして管理する
6. 発芽し、本葉が2~3枚になったら生育のよいものをそれぞれ育苗ポットに仮植えする
7. 樹高が15~30cmほどに生長したら、鉢か地面に植え替える

苗植え

12~3月に、鉢か地面に植え付けていきます。鉢植えは、苗よりも1~2回り大きな鉢が最適なサイズです。地植えは、日当たりのよい場所を選び、土を深く耕してから苗よりも1~2回り大きな植え穴を掘って植えます。

ザクロ(柘榴)の土作り、水やり、肥料の与え方

ザクロ 実 木

土作り

水はけと水もちのバランスがよく、栄養分の多い弱酸性の土を好みます。鉢植えは、赤玉土(小粒)7~8:腐葉土2~3の割合で混ぜた土か、市販の草花用培養土を使います。地植えは、根を深くよくはることから、地中30cmほど耕し、腐葉土や堆肥を2~3割混ぜ込んでください。

水やり

常に土が湿った状態だと、根腐れを起こしてしまいます。鉢植えは、土の表面が白く乾いてから水やりをしてください。地植えは、特に水やりの必要はありません。ただ、株がまだ若いときは、夏に水やりをすると生育がよくなりますよ。

肥料の与え方

ザクロは、肥料を与えれば与えた分だけ大きくなり、葉っぱを茂らせます。ただ、窒素分を与えすぎると、花つきが悪くなるので注意してください。リン酸とカリウムが多めに含まれた固形肥料や有機肥料を与えるとよいですよ。庭植えなら3月と10月、鉢植えなら3月、7月、10月にそれぞれ施します。

ザクロ(柘榴)の剪定や摘果の時期と方法は?

ザクロ 実 木

剪定

剪定の適期は、12~2月です。ただ、ザクロの花芽は8月頃に形成され、翌年の6~8月に咲きます。そのため、花芽のついていない枝を剪定しないと、翌年の花つきが悪くなってしまいます。花芽は、短くて太い枝の先から2~3節のあたりにつくので、細く伸びすぎた枝を中心に剪定していきましょう。太い枝には手をつけない方が賢明です。また、地面の近くに生える、勢いのよい枝も付け根から切り落としていきましょう。

摘果

実がつきすぎてしまうと、株の栄養が奪われてしまい、味が落ちたり、翌年の花つきが悪くなったりしてしまいます。子房といわれる花の付け根の膨らみが小さく、弱々しいものは実にならないので、早めに取り除いてしまいましょう。

ザクロ(柘榴)の植え替えの時期と方法は?

鉢植えは、2~3年に1回、12~2月に植え替えをして根詰まりを防ぎます。株よりも1回り大きな鉢に植え替えましょう。手順は、植え付け時と同じです。

ザクロ(柘榴)の増やし方!挿し木の時期と方法は?

ザクロ 実 木

ザクロは、挿し木か種まき、取り木、接ぎ木など様々な方法で株の数を増やすことができます。中でも挿し木が一番簡単な増やし方で、3月が適期です。太く充実した枝を10~15cmの長さに切り取り、赤玉土(小粒)など清潔な土に挿しておきましょう。土が乾かないよう水やりをしながら日陰で管理し、十分に根が生えたら鉢や地面に植え替えて育てていきます。

ザクロ(柘榴)は育て方が簡単な果樹

ザクロ 実 木

ザクロは、育てる環境さえきちんと整っていれば、病気や害虫の心配が少ない果樹です。鉢植えにしても、十分果実を収穫して楽しめますよ。無理をせず、気楽に果樹の栽培を楽しみたい方におすすめです。

更新日: 2016年02月01日

初回公開日: 2016年02月01日

関連コンテンツ