ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

コンボルブルス(セイヨウヒルガオ)の育て方とは?

朝顔を少し小さくしたような、ラッパ型の花を咲かせるコンボルブルス。セイヨウヒルガオという別名でmo親しまれる、夏のガーデニングに人気の花の1つです。横にはって生長するものが多く、草丈も高くならないことから、群生させてグランドカバーに利用するのがおすすめですよ。今回は、そんなコンボルブルスの育て方についてご紹介します。

コンボルブルス(セイヨウヒルガオ)の育て方のポイントは?

日当たりのよい場所に植え付け、乾燥気味に育てることがポイントです。梅雨の時期は日当たりが不足し、高温多湿で株が弱りがちです。できるだけ風通しをよくしておきましょう。また、多年草タイプであれば、冬は株元を腐葉土などで覆い、防寒しておくと安心です。

コンボルブルス(セイヨウヒルガオ)の種まきや苗植えの時期と方法は?

種まき

種まき 水やり  (2)

一年草タイプのものは、種まきで育てはじめます。4~5月が適期です。セルトレーや育苗ポットに赤玉土(小粒)など清潔な土を入れ、種をまいていきます。うっすら土を被せたら、発芽するまで土が乾燥しないよう水やりをして管理しましょう。本葉が2~3枚生えてきたら、一旦生育のよいものだけをそれぞれ育苗ポットに移して大きくし、本葉が4~6枚になったら鉢や地面に植え替えます。

苗植え

育苗箱 苗 苗床

多年草タイプは苗で販売されていることがほとんどです。4~5月か9~10月に、鉢か地面に植え付けましょう。鉢植えは、5号鉢に1株を目安に植えます。地植えは、土作りを済ませた日当たりのよい場所に、株同士の間隔を20~30cm空けて植えてください。

コンボルブルス(セイヨウヒルガオ)の土作り、水やり、肥料の与え方は?

苗 水やり

土作り

栄養分が多く、水はけのよい土を好みます。鉢植えは、赤玉土(小粒)7~8:腐葉土2~3の割合で混ぜた標準的な土か、市販の山野草用培養土を利用します。地植えは、植え付ける2週間前に土を耕し、苦土石灰を混ぜ込んでおきます。そして、1週間前に腐葉土や酸度調整済みピートモスを混ぜ込んで寝かせておいたものに植え付けてください。

水やり

生育期にはたくさんの水を必要としますが、水やりのしすぎは根腐れを招きます。鉢植えは、土の表面が乾いてからたっぷりと水を与えるようにしましょう。地植えは、土がひどく乾燥しているようなら、水やりをしてください。

肥料の与え方

たくさんの花を長く咲かせるよう、5~9月の開花期には肥料をしっかりと与えます。1~2週間に1回、液体肥料を水やり代わりに与えるとよいですよ。

コンボルブルス(セイヨウヒルガオ)の手入れ!誘引や剪定の時期と方法は?

コンボルブルス セイヨウヒルガオ

誘引

つる性の品種は、誘引をしていくことで株にまんべんなく花を咲かせます。ある程度つるが伸びてきたら、ネットやラティス、支柱へつるを巻きつけていきましょう。ハンギング仕立ての場合は、上から下へ垂れ下げるようにするのがおすすめです。

剪定

生育期にはどんどん茎やつるを伸ばして生長し、草姿が乱れてしまうときがあります。伸びすぎた茎や、混み合っている部分は、適時切り取って風通しをよくすると、病気や害虫を予防できますよ。

コンボルブルス(セイヨウヒルガオ)の植え替えの時期と方法は?

植え付け_植え替え_鉢植え_サイン_イラスト

根が傷つくと株が弱ってしまうので、鉢植えは鉢の中が根でいっぱいになったタイミングで植え替えをします。土に水が染み込まない、鉢底から根が飛び出しているなどのときはサインです。

4~5月か9~10月が適期で、根を傷つけないように株を取り出し、土はほぐさずに1回り大きな鉢に植え替えてください。

コンボルブルス(セイヨウヒルガオ)の増やし方!挿し木や株分けの時期と方法は?

コンボルブルス セイヨウヒルガオ

一年草タイプは種まき、多年草タイプは挿し木や株分けで数を増やすことができます。種まきは、植え付け時と同じ方法です。株分けや挿し木は、5~6月か9~10月に行えます。

挿し木

茎やつるの先端を5~10cmほど切り落とし、先端に付いている葉っぱ以外を取り除きます。そして、30~60分ほど切り口を水に浸けたら、赤玉土(小粒)など清潔な土に茎を挿していきます。根が生えるまで土が乾かないよう水やりをして管理し、十分発根したら鉢や地面に植え替えてください。

株分け

アルタエオイデスなどこんもりと茂るタイプの種類は、株分けで数を増やすことができます。土から株を抜いたら、それぞれに葉っぱや茎が均等に付くよう、根をナイフや手で切り分けていきます。それぞれの株は、植え付け時と同じ手順で鉢や地面に植え付け、通常通り管理していきます。ただ、根が傷つくと弱ってしまうので、丁寧に扱うようにしてください。

コンボルブルス(セイヨウヒルガオ)はガーデニング初心者におすすめ

コンボルブルス セイヨウヒルガオ  トリカラー

日当たり十分の水はけがよい場所に植え付ければ、たくさんの花を咲かせてくれるコンボルブルス。直射日光にも比較的強く、5度くらいの寒さにも耐えられることから、初心者でも育てやすい植物となっています。また、病気や害虫の心配が少ないこともうれしいポイントです。トリカラーなど花色が鮮やかな品種を地面いっぱいに植えると、庭や花壇が華やかな雰囲気に彩ってくれますよ。

更新日: 2016年03月01日

初回公開日: 2016年03月01日