ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

6月に咲くガーデニングにおすすめの花10選

春~夏へと季節が変わる6月は、梅雨の真っ盛り。毎日降り続く雨に、気持ちは沈みがちですよね。そんなとき、道端や庭先、ベランダに咲くきれいな花は、気分を明るくしてくれます。今回は、そんな6月に咲くガーデニングにおすすめの花を10種ご紹介します。

1. あじさい(紫陽花)

アジサイ 紫陽花

梅雨の風物詩ともいえるあじさい。手毬のように青やピンクの花をまとまって咲かせ、あたりをやさしい雰囲気に彩ってくれます。江戸時代から観賞の対象として親しまれるようになり、今ではガクアジサイなど原種や八重咲きの品種の栽培も盛んに行われています。半日陰に植え付けて、たっぷり水を与えてあげると元気に育ちますよ。

花言葉 『移り気』『浮気』『乙女の愛』『辛抱強い愛』
開花時期 5~7月

2. インパチェンス

インパチェンス サンパチェンス

インパチェンスは、株いっぱいに色鮮やかな花を咲かせる多年草です。ただ、寒さに弱いことから、日本では一年草とされ、夏のガーデニングによく利用されます。夏の強い日差しにも負けずにどんどん花を咲かせることから、はじめての夏のガーデニングでも安心して育てられます。特に、サンパチェンスという品種は、株が大きくこんもり茂るので、栽培におすすめです。

花言葉 『豊かさ』『鮮やかな人』
開花時期 6~10月

3. ガザニア

ガザニア 花壇

はっきりとしたオレンジ色の花が夏の到来を予感させてくれるガザニア。花姿が勲章のように見えることから、「あなたを誇りに思う」という花言葉が付けられました。開花期が長く、風通しをよくしながら乾燥気味に育てると、4~10月までの長い間、鮮やかな花を楽しめますよ。

花言葉 『あなたを誇りに思う』『笑顔で答える』『身近な愛』
開花時期 4~7月、9~10月

4. カラー

カラー 花壇

カラーは、まっすぐ伸びた茎の先に、くるりと巻いた白い花を咲かせる球根植物です。見た目がシンプルなことと、白の花色が美しいことから、男女どちらに向けての花束にも利用することができます。また、「乙女のしとやかさ」など花嫁を連想させる花言葉から、結婚式のブーケにも人気。ガーデニングに取り入れるときは、栽培が簡単な畑地性カラーを選ぶとよいですよ。

花言葉 『乙女のしとやかさ』『華麗なる美』『清浄』『清純』
開花時期 4~7月

5. クレマチス

クレマチス 満州黄

クレマチスは、元々日本や中国を原産とする「テッセン」がヨーロッパへわたって作り出された植物です。強くしなやかなつるを伸ばし、美しい花をたくさん咲かせることから、「つる性植物の女王」と呼ばれ、世界中の人々に愛されています。つるを生かしてつるやあんどん仕立てなど、立体的な庭造りに活躍してくれます。

花言葉 『精神の美』『旅人の喜び』『策略』
開花時期 5~10月

6. ペチュニア

ペチュニア

ラッパ形の色鮮やかな花を株いっぱいに咲かせるペチュニア。色数が豊富で、庭やベランダを自分好みの雰囲気で彩りたいときに活躍してくれます。夏の寄せ植えには定番の存在で、「花壇の女王」とも呼ばれているんですよ。ただ、雨に濡れると傷んで枯れてしまうのが玉にきず。心配な人は、サフィニアなど、比較的雨にも強い園芸品種を選ぶと安心です。

花言葉 『あなたと一緒なら心が和らぐ』『心のやすらぎ』『心がなごむ』
開花時期 4~10月

7. 千日紅(センニチコウ)

センニチコウ ゴンフレナ 千日紅

春~秋の長い間、白詰草のようなかわいらし花を咲かせる千日紅。暑さに強く、6月以降花は見頃を迎えます。たくさんの品種があり、草丈もそれぞれなことから、寄せ植えの前面や背景など、利用シーンによって使い分けられるのが魅力。また、ドライフラワーにしやすい花としても知られているので、長く花を楽しみたい人はぜひチャレンジしてみてください。

花言葉 『不朽』『色あせぬ愛』『永遠の恋』
開花時期 5~11月

8. 睡蓮(スイレン)

睡蓮 白 スイレン 

睡蓮は、幻想的な花が水に浮かぶ水生植物です。淡いピンクや白の花色が美しく、モネなど世界中の画家が絵画の題材としてきました。水生植物というと馴染みは薄いですが、大きな容器の底に鉢を入れ、水を絶やさないように栽培すれば、これといって特別な手入れは必要ありません。夏に向けて育てれば、暑さを少し和らげてくれそうですね。

花言葉 『清純な心』『信仰』『清浄』『信頼』
開花時期 5~10月

9. トレニア(夏菫)

トレニア

小さな花が地面を覆うように咲くトレニア。濃い紫を基本に白やピンク、赤など様々な花色の品種があります。特に耐陰性にすぐれ、暗くなりがちなシェードガーデンの彩りに取り入れられることが多いですよ。暑さにも強く、病害虫の被害にあいづらいなど、丈夫な性質から、はじめて夏のガーデニングにチャレンジする人におすすめです。

花言葉 『ひらめき』『温和』『愛嬌』『可憐』『可憐な欲望』『大切な人のそばで』
開花時期 4~11月

10. バラ

バラ レディ・ヒリンドン

バラは「花の女王」とも呼ばれる存在で、知らない人はいないですよね。何枚も花びらを重ねて作られた豪華な花は、女性なら誰もが一度は贈られたいものです。6月に最盛期を迎え、美しい花を枝やつるにたくさん咲かせますよ。

栽培するのがむずかしいことでも知られているので、ガーデニングに取り入れづらいときはバラ園を訪れてみるのも楽しそうですね。

花言葉 『愛』『美』
開花時期 5~10月

きれいに咲く6月の花を見て梅雨をのりきろう

6月は梅雨に入るので、雨の降る日が多く、気持ちも沈みがち。そんなとき、美しい花を見ると気持ちが晴れやかになるのではないでしょうか。庭やベランダに出ての作業はしづらい季節ですが、鉢植えを室内に取り入れたり、切り花を玄関に飾ったりして、草花から元気を分けてもらえたらよいですね。

更新日: 2021年11月24日

初回公開日: 2016年03月31日

関連コンテンツ