ホルティ by GreenSnap 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

イヌマキ(槇の木)の花言葉と育て方|実の特徴や剪定の方法は?

イヌマキは、大気汚染や潮風に強く、丈夫で育てやすいことから生垣によく利用される樹木です。また、水や害虫にも負けないことから、優秀な木材としても知られています。今回はそんなイヌマキの花言葉や実の特徴、育て方、剪定の方法などについてご紹介します。

イヌマキ(槇の木)の花言葉とは?

『慈愛』『色あせぬ恋』

生垣や防風木として植えられることが多いイヌマキ。家を守るように生長する姿から、「慈愛」という花言葉がつけられました。「色あせぬ恋」は、季節を問わず緑色の葉っぱを茂らせていることにちなんでいます。

イヌマキ(槇の木)の学名・原産国・英語

学名
Podocarpus macrophyllus
科・属名
マキ科・マキ属
英名
Longleaf podocarpus
Southern yew
原産地
日本、中国、台湾
開花期
5~6月
花の色
別名
槇の木(マキノキ)
クサマキ
ホンマキ
ニンギョウノキ など

イヌマキ(槇の木)とは?実の特徴は?

イヌマキ 庭木 マキノキ 実

イヌマキは、マキ科・マキ属に分類される常緑性の針葉樹です。日本では関東以南の暖かい地域に見られます。雌雄別株で、樹高は15~20mほどに生長します。

長さ10~15cm、幅1cmほどの細長い葉っぱをたくさん茂らせ、一見すると松に似ています。そして、5~6月にかけて雄株に円柱形の花が咲き、その後雌株に実がつきます。実は、串団子のように2つ連なっています。先端の方に種が入っており、後ろ側に付いているのは花托(かたく)で、食べることができますよ。それぞれ違う色になることが特徴です。

寒さに弱い性質はありますが、大気汚染や潮風に強く、枝を伸ばす力が強いことから色々な樹形に仕立てられるとして、庭木や生垣に人気があります。また畑や庭園の防風林としても活躍しています。

名前の由来

「イヌ」とは、元の種に比べて劣るという意味があります。これは、古くは杉の木を「マキ」と呼んでおり、これに対して木材としては劣るということからつけられました。ただ、日本書紀に登場するスサノオノミコトが、「マキを棺材に」といっているのは、イヌマキのことを指しているとされ、木材としてはとても優秀なんですよ。

イヌマキ(槇の木)の育て方のポイントは?

年2回を目安に、毎年剪定をすることが大切です。枝を伸ばす力が強いので、放っておくと四方八方に広がって樹形が乱れてしまいます。また、病気や害虫の被害にも合いやすくなってしまいます。

イヌマキの種まき、苗植えの時期と方法は?

イヌマキ 槇の木 

種まき

種は市販されていないことから、熟した実から採取して育てていきます。10月頃に採取したら、水洗いをしてきれいに果肉を落とし、そのまますぐにまくか、密封したビニール袋に入れて冷蔵庫で3月まで保管します。

種は、赤玉土(小粒)などの種まき用の土にまき、土が乾かないよう水やりをして管理していきます。十分に根が生え、株が10~15cmほどになったら、鉢か地面に植え替えます。

苗植え

3~6月か9月に、鉢か地面に植え付けていきます。鉢植えは、苗よりも1~2回り大きな鉢に土を入れて植えます。地植えは、水はけのよい場所を選び、苗よりも1~2回り大きな植え穴を掘って植えてください。いずれも、株元の土を高く盛りつけておくと、水はけがよくなりますよ。

イヌマキ(槇の木)の土作り、水やり、肥料の与え方は?

土作り

水はけがよく、有機質の多い土を好みます。鉢植えは、赤玉土(中粒)2:完熟腐葉土(または樹皮堆肥)1の割合で混ぜたものがおすすめです。地植えは、植え穴を掘った土に、腐葉土や堆肥を2~3割混ぜておきましょう。

水やり

鉢植え、地植えともに植え付けてから2年未満の株は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。2年目以降であれば、地植えは水やりの必要はありません。鉢植えは、引き続き土が乾いたら水を与えてください。

肥料

植え付けるとき、鉢や植え穴の底にゆっくりと効く緩効性化成肥料を施します。そして、地植えは、毎年2月に有機質肥料を、鉢植えは3月に緩効性化成肥料を株元に与えてください。

イヌマキ(槇の木)の剪定の時期と方法は?

イヌマキ 庭木 マキノキ

毎年、5月と9~10月の年2回を目安に、剪定をしていきます。寒さに弱いので、冬になる前に剪定はすませておきましょう。勢いよく伸びる枝は根元から切り落とすのがポイントです。樹形は、松の植木のように弧を描くイメージで仕上げるとよいですよ。

1. 伸びすぎた枝や混み合っている箇所を間引き、樹形を整える
2. 変色した古い葉っぱを取り除く
3. 株元に生える細い枝を全て取り除く

イヌマキ(槇の木)の植え替えの時期と方法は?

生長が早い樹木なので、鉢植えは毎年1回り大きな鉢に植え替えをした方が安心です。時期と方法は、植え付け時と同じです。

イヌマキ(槇の木)の増やし方!挿し木の時期と方法

イヌマキ 槇の木

3~4月は前の年に伸びた枝、9月中旬~10月頃その年に伸びた枝を使って挿し木にします。10cmほど枝を切り取り、清潔な赤玉土(小粒)や鹿沼土(小粒)など挿し木用の土に挿していきましょう。

その後は、直射日光の当たらないところで、土が乾かないよう水やりをして管理します。根が十分に生えたら、鉢や地面に植え替えてください。

イヌマキの栽培で気をつけたい病気や害虫、駆除・予防方法は?

ペスタロチア病

糸状菌と呼ばれるカビが原因の病気です。葉が部分的に灰褐色になったり、葉先が枯れたりしてしまいます。見つけたら、病気にかかっている部分を取り除き、殺菌剤を散布して拡大を防ぎます。切り口から侵入しやすいので、剪定後は注意してください。

すす病

アブラムシやカイガラムシといった害虫の排泄物によって発生する病気です。株全体がすすで覆われたようになり、光合成を阻害されてしまいます。原因となる虫を駆除することで防除できます。

カイガラムシ

風通しが悪い環境だと発生する害虫で、成虫は硬い殻で覆われており薬剤が効きづらくなっています。見つけたらブラシなどでこすり落としていきましょう。

イヌマキ(槇の木)を庭に植えて楽しもう

イヌマキ 庭木 マキノキ

細い葉っぱを密に茂らせる姿が、和の庭に似合うイヌマキ。寒さが苦手なので、冬の管理には注意が必要です。ただ、それ以外は日陰にもよく耐え、丈夫で特に大きな手間はかかりません。はじめて庭木を育てるときにおすすめの樹木です。

更新日: 2020年08月30日

初回公開日: 2016年01月21日

関連コンテンツ