ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

愛・恋愛・永遠の愛・恋にまつわる花言葉を持つ花10選!

花には、花言葉が1つ以上付けられており、ポジティブなものからネガティブなものまで、種類によって様々です。

中でも、プロポーズなど、意中の相手に気持ちを伝えるための花束などは、誰もがイメージできるのではないでしょうか。

今回は、そんなプロポーズなどに用いられる、愛・恋愛・永遠の愛・恋にまつわる花言葉を持つ花を10種ご紹介します。

愛や恋にまつわる花言葉を持つ花って?

花束 プレゼント

そもそも花言葉が花につけられた詳しい起源はあまりわかっておらず、西洋や東洋でそれぞれ別の意味をもっている場合もあります。

今回はそんな中で「愛や恋」にまつわる花を取り上げていますが、一体どんな花が多いのでしょうか?

一概にこれといった決まりはありませんが、切り花として利用できたり、色鮮やかな花を咲かせたり、香りが豊かな花だったり、愛や恋の気持ちを伝えるときのプレゼントとして利用しやすい花が多く付けられているのかもしれません。

愛・恋愛・永遠の愛・恋にまつわる花言葉を持つ花10選

1. アイリス

アイリス 庭

『恋のメッセージ』

紫の花が印象的なアイリス。虹を渡って神々の世界と地上を行き来する、ギリシャ神話の女神イリスにちなんで、花言葉が付けられました。

多年草で、一度植えれば4〜6月に毎年きれいな花を咲かせます。白い花のアイリスは、「あなたを大切にします」という花言葉も持っています。

2. バラ

バラ

『愛』『美』

バラは、「花の女王」と呼ばれ、プロポーズなど女性に贈る花束によく用いられる花です。その花言葉は、「愛」。

他にも白なら「心からの尊敬」、ピンクは「気品」と色ごとに花言葉を持っているので、相手の印象に合わせて色を選ぶと喜ばれますよ。

また、バラ4本で「愛は不変」、99本で「永遠の愛」「ずっと一緒」など本数によっても意味が違うので、花色と合わせて意識して送るとすてきですね。

ちなみに、プロポーズには、108本の「結婚してください」がよく利用されますよ。

ただ、黄色には「恋に飽きた」、黒には「恨み」などネガティブな花言葉を持つものもあるので、注意してください。

3. ブルースター

ブルースター 青 花

『幸福な愛』

花嫁が身につけると幸せになる「サムシングブルー」として、ブーケによく使われるブルースター。優しい印象のスカイブルーの花は、見ている人を穏やかな気持ちにしてくれます。

また、青い花びらは男の子のラッキーカラーでもあり、花束は出産祝いのプレゼントにも喜ばれます。

4. スミレ

スミレ 種類

紫:『真実の愛』、白:『無邪気な恋』、ピンク:『愛』

スミレは、道端にひっそりと咲く姿がかわいらしい花ですよね。西洋では奥ゆかしさの象徴とされ、慈愛を象徴するバラ、威厳を象徴するユリとともに理想の女性像を表す花として使われます。

花束は照れくさいという方は、スミレの鉢植えをプレゼントするのがおすすめです。

5. スターチス

スターチス 花 紫 花瓶 切り花 テーブル

『変わらぬ心』

スターチスは、茎の先に付ける小さな花がかわいらしく、メインの花を引き立てる脇役としてよく使われます。花言葉は、花の色があせにくいことに由来して付けられました。

特に黄色のスターチスは、「愛の喜び」という花言葉を持っており、花束を彩ってくれますよ。

6. ひまわり

ひまわり かご

『熱愛』『恋慕』『あなただけを見つめている』

夏を象徴する花、ひまわり。太陽のような花姿は、見ている人を元気にしてくれますよね。

情熱的な花言葉は、太陽神アポロンとの恋に破れた、水の精クリュティエがひまわりに姿を変えてしまったギリシャ神話のエピソードに由来しています。

ポジティブなイメージが強いことから、夏はバラの変わりにひまわりを渡してプロポーズをする男性が多いんですよ。

7. マーガレット

マーガレット

『真実の愛』『恋占い』

幼い頃、マーガレットを使って恋占いをしたという方が多いのではないでしょうか?マーガレットは、ギリシャ神話の女性の守護神アルテミスに愛を伝える花としても知られています。

キク科の多年草で、花束として楽しまれるほか、花壇の寄せ植えに使っても、その美しさを引き出すことができますよ。

8. ブーゲンビリア

ブーゲンビリア

『あなたしか見えない』『情熱』

南国を思わせるトロピカルカラーが印象的なブーゲンビリア。女性がもらってうれしい花の1つで、プレゼントされることを期待している方が多いんですよ。

また、鮮やかな花色は人の気持ちを高ぶらせることから、「魂の花」とも呼ばれています。リゾートウェディングのブーケによく使われますよ。

9. チューリップ

チューリップ

『博愛』

チューリップは、桜とともに春を連想させる花の1つですよね。

「博愛」という花言葉は、3人の騎士にプロポーズされた少女が、チューリップに姿を変えるよう花の女神フローラに頼んだというオランダの物語に由来しています。

この物語から、チューリップの花は王冠、葉は剣、球根は黄金を表すとされます。

赤は「愛の告白」、ピンクは「愛の芽生え」と、プレゼントするシーンに合わせて花色を変えると、さりげなく相手に思いを伝えられそうですね。

10. ポピー

ポピー ピンク

『恋の予感』

早春から初夏にかけて、鮮やかな色の花を咲かせるポピー。「恋の予感」という花言葉から、好きな相手へのちょっとしたプレゼントにおすすめです。

一重咲きの花が一般的ですが、八重咲きやフリンジ咲きなど花姿が豊富で、かわいらしい花束を作ることができますよ。

愛や恋にちなんだ花言葉で、さりげなく思いを伝えられる

花束 バラ

花束をプレゼントされたいという気持ちは、世界中の女性に共通の思いではないでしょうか。育てるのは苦手でも、嫌な気持ちにはなりませんよね。

特に、好きな相手からのプレゼントならなおさら。相手を思い浮かべて、その人の印象に合うぴったりの花を選んでプレゼントしてみてください。花言葉が、相手に気持ちを伝える手助けをしてくれますよ。

初回公開日: 2015年11月09日