ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

真似したくなる花壇のデザインまとめ。おすすめのレイアウトは?

町を歩いていて、公園や住宅の中にすてきな花壇あると、自分も作ってみたいと思いますよね。ただ、いざ植物を植え付けるとなると、単純に好きな花を選べばよいものではないことに気づきます。

おしゃれな花壇を作るなら、植物の開花期や草丈、好む土など様々なことを知っている必要があるんです。

そこで今回は、初心者でも簡単にできる植え付け例を交えながら、おしゃれな花壇のデザインをご紹介します。

花壇のデザインってなに?決め手になるポイントは?

季節 ガーデニング 水やり 花壇

せっかく花壇を楽しむなら、好みのお花をかわいらしく飾ってみたいと思うもの。では、オリジナルのデザインの花壇には一体どんな種類があるのでしょうか?

花壇のデザインを決めるポイントは2つあって、1つは花を植える土台となる部分のデザイン、もう1つは植える花の組み合わせによる色合いなどのデザインです。

今回はそれぞれのデザイン例について8選ずつご紹介します。

色々な花壇の作り方!デザイン例8選

1. レンガで丸みのある花壇を作る

レンガ 積む 花壇 ガーデニング

自分で花壇を一から自作するときは、レンガを使って組み上げていくのがおすすめです。自分が作りたい花壇の縁取りをレンガで組み上げ、そこへ植物を植えていきます。曲線を使うとやわらかく、直線にするとモダンな雰囲気を演出できますよ。

2. 低木で道を作る

マルチング ガーデニング 畑 (9)

コニファーなど常緑低木を連続して並べて道の花壇を作ります。地植えにすることで水やりの手間が省け、栽培が楽になりますよ。

3. ロックガーデンを作る

家 園芸 ガーデニング

レンガや木枠ではなく、岩を使った花壇です。自然な環境を表現しながらも、おしゃれにまとめることができます。

4. 木材で花壇を作る

花壇 ウッドプランター

なにもレンガだけが花壇の素材ではありません。木やコンクリート、岩で作れば、様々な雰囲気の花壇が楽しめます。

特に木で縁取られた花壇は、ナチュラルな質感があり、洋風の庭を作るには欠かせない存在です。自分でDIYするのはちょっと…という人は、市販のウッドプランターを活用するのも1つの方法ですよ。

ロックガーデンにすると、和の雰囲気が演出できますよ。

5. 花壇で家を囲む

家 ガーデニング 芝 春 夏

花壇を囲う材料は、何もレンガだけではありません。常緑低木で囲まれた花壇の中に花を植え、さらに家の周りをそれらの花壇を囲うこともできます。緑に囲まれた生活をしたい方におすすめです。

6. 花に囲まれたガーデニングハウス

カーテン 植物 ガーデニング 家

ガーデニングが大好きな方であれば、一度は住んでみたい「お花の家」です。主につる性の植物を壁や柵にはわせ、屋根や屋上は通常の植物で囲います。栽培や管理が大変ですが、花の開花期には美しガーデニングハウスの出来上がりです。

7. 床をレンガにした洋風な花壇

庭 木 ガーデニング レンガ インテリア

床一面にレンガを敷きつめ、部分的に植物を植え付けます。周りを塀や常緑樹で囲めば、プライベートなガーデニング空間が作り出せます。

レンガを敷かない部分は、花壇になるので高木から低木、一年草から多年草まで好みの植物が植えられます。

8. カラーリーフの寄せ鉢で作る個性的な花壇

コリウス 葉っぱ 寄せ植え

鉢植えにした植物を近くに置いて、観賞用として楽しむガーデニングを寄せ鉢といいます。カラーリーフの寄せ鉢を利用すると1年中きれいな葉っぱが楽しめますよ。

花壇をデザインするおすすめの花の組み合わせ8選

1. 花の高低差を出す

ガーデニング 花壇 チューリップ パンジー 春

花壇に高さを出すことで、草丈の低い植物から高い植物までを一目で確認できるようになります。色違いの花を植えれば、インパクトのある花壇のできあがりです。

2. 高木の足元に花を植える

庭木 樹木 庭 ガーデニング

花壇のスペースや庭が広い方には、高木と草花のコンビがおすすめです。常緑樹の下であれば、半日陰状態が作りやすいので、夏の暑さをしのぐことができます。さらに周りを芝生で固めれば、ダイナミックかつ可憐な花壇の完成です。

3. 葉牡丹を使ってボーダーを作る

ノースポール 葉牡丹 寄せ植え

草丈の低い植物だけで花壇を作るなら、葉牡丹をアクセントに加えるのがおすすめです。ボーダーとして活躍し、花壇にまとまりを与えてくれます。

葉牡丹は冬が見頃なので、ノースポールやパンジー、ビオラなど、同じ時期に開花期を迎える花と一緒に植え付けましょう。レンガで高さを出した花壇のデザインにもよく合います。

4. チューリップとムスカリの寄せ植え定番コンビを利用する

チューリップ 寄せ植え ムスカリ ウッドプランター

チューリップとムスカリは、草丈が同じくらいの球根植物で、春の寄せ植えの定番となっています。花色が豊富で派手なチューリップを、ムスカリの粒々の小さな花が引き締めて、大人な雰囲気の花壇になりますよ。

5. サボテンの楽園を作る

サボテン 寄せ植え 仙人掌 さぼてん (2)

植物園さながらのサボテンを均等に並べて作られた大きな花壇です。サボテン好きな方にはたまらない空間ではないでしょうか。ただし、サボテンは栽培が難しい場合が多いので、種類を絞って植えるのがおすすめです。

6. 常緑の多年草で囲む

花壇 寄せ植え レンガなし

花壇といえば、レンガやコンクリートで仕切られていると考えがち。でも、多年草をうまく活用すれば、特に区切らなくても花壇のように仕立てて楽しむことができます。

特に常緑の多年草はボーダーにおすすめです。シロタエギクやギボウシ、フウチソウなど、葉色が美しいものをうまく取り入れてみてください。

7. 花色が豊富な1種類の花で埋めつくす

チューリップ 畑 寄せ植え 花壇 種類 品種

花壇作りを真剣にしようと思うと、植物の大きさや相性など考えることが山積み。どんどん複雑になって、結局作るのをやめてしまった…なんてこともよくあります。

そんなときは、シンプルに花色の多い草花1種類だけを一面に植え付けてみましょう。パンジーやプリムラなら、花色が多いことに加えて、長期間花を咲かせてくれるので、花壇のメンテナンスも気楽に行なえますよ。

8. 多肉植物だけの寄せ植え

多肉植物 寄せ植え (10)

多肉植物だけを集めれば、ミステリアスな花壇が楽しめます。原産地が近いほど育つ環境もにているので、生長の邪魔になったり、水を欲しがるタイミングも近しいので育てやすくなりますよ。

自分に合った花壇のデザインを楽しもう

紫 花 ガーデニング 寄せ植え

ガーデニングをはじめるなら、おしゃれなデザインの花壇を作りたいと思うものです。

ただ、闇雲に植え付けてはごちゃごちゃとしてしまうだけでなく、花を枯らしてしまったり、管理が大変になったりとたくさんのトラブルの原因にもなりかねません。

まずは植物を知って自分のライフスタイルに合った花を探してみてくださいね。

初回公開日: 2016年04月06日