ホルティ 生活を彩ろう。花、植物、ガーデニング情報をお届け

春の花でガーデニング!初心者におすすめな草花10選

1年の中で最も多くの花が咲く季節の春。何か新しいことを始めるにはぴったりの季節です。ガーデニングもその1つで、せっかく始めるのならカラフルで美しく彩り、花色も楽しみたいですよね。今回は、春の花でガーデニングを彩る、色別のおすすめの花10種をご紹介します。

1. チューリップ

チューリップ

春の花の代名詞として知られるチューリップ。年齢を問わず、世界中の人々に愛される花となっています。たくさんの原種があることから、園芸品種の数は5,000を超え、花の形や色のバリエーションは豊富。特に赤やピンクが定番カラーとして親しまれています。秋に植え付け、花が咲き終わったら球根を掘り上げて保管すれば、数年同じ球根できれいな花を楽しめますよ。

花色 白、赤、黄、緑、紫、黒、ピンク、オレンジ
開花時期 3~5月
植付時期 10~11月上旬

2. すずらん(鈴蘭)

スズラン すずらん

すずらんは、白いベル型の花と鮮やかな緑色の葉っぱのコントラストが美しい球根植物です。草丈がそれほど大きくないことから、庭のちょっとしたスペースで育てられるとガーデニングで人気です。また、「幸福が訪れる」という花言葉も、春の訪れとともに花を咲かせる姿にぴったり。花からは、香水の原料として利用されるほどよい香りがしますよ。ただ、全草に毒を含んでいるので、ゴム手袋をして作業すると安心です。

花色 白、ピンク、赤、黄、紫
開花時期 4~6月
植付時期 10~12月

3. マリーゴールド

マリーゴールド

マリーゴールドは、鮮やかなオレンジや黄色の花がかわいらしい一年草です。草丈が低いものから高いものまで品種が豊富で、寄せ植えに活用しやすいことからガーデニングによく利用されます。また、センチュウなどの病害虫のコンパニオンプランツとしても人気。花1つ1つにボリュームがあり、存在感がありますよ。

花色 黄、オレンジ、白、赤、複色
開花時期 4~12月
植付時期 3~5月(種まき)
4~6月(苗植え)

4. ゼラニウム

ゼラニウム (5)

甘い香りを漂わせるゼラニウムは、女性に人気の春の花です。小さな花が集まってボール状になり、春~秋までの長い間庭や街角を彩ります。また、虫の好まない香りを放つことから、窓辺に置けば防虫効果も期待できます。花色が豊富で、バラやレモンのような香りがするものもあるので、違う品種の鉢をいくつかベランダに飾ると、明るく甘い香りの空間を演出できますね。

花色 赤、ピンク、白、オレンジ、紫
開花時期 3~11月
植付時期 5月、9月(種まき)
3~5月、9月(苗植え)

5. ネモフィラ

ネモフィラ 白 青

ネモフィラは、花壇や寄せ植えに重宝される青や、黒みのある紫色をした花を咲かせます。地表をはうように広がって育つことから、グランドカバーとして人気があります。特に、青いネモフィラが群生して一斉に咲く姿は、青いじゅうたんが広がっているかのよう。青い花色はなかなか見かけない色ので、存在感もありますよ。

花色 青、紫、白、複色
開花時期 3~5月
植付時期 9~10月(種まき)
2~4月(苗植え)

6. ロベリア

ロベリア 壁面

春から夏にかけて、鮮やかな紫色の小花が地面を埋め尽くすように咲くロベリア。花びらが蝶にみえることから「瑠璃蝶々(ルリチョウチョウ)」とも呼ばれます。草丈10~25cmとあまり高くないので、株同士の間隔を詰め気味にしてウッドデッキに寄せ植えにしたり、花壇の前面に配置すると、花のかわいらしさが引き立ちます。丈夫で育てやすく、初心者でも気軽に栽培を楽しめる春の花です。

花色 青、紫、赤紫、青紫、薄紫、赤、白、ピンク
開花時期 4~7月
植付時期 9~10月(種まき)
3月(苗植え)

7. ガーベラ

ガーベラ

ガーベラは、「希望」「常に前進」というポジティブな花言葉をもつキク科の多年草です。一重でクセのない花姿や、明るい花色から男女問わず人気で、花束にもよく加えられていますよね。草丈は15~60cmと品種によって違い、花の大きさも小さいものから大きなものまで様々。ガーデニングに利用するなら、草丈の低い品種を鉢や地面に群生させると、華やかな雰囲気の庭やベランダを作れますよ。一度植え付ければ、毎年花を咲かせてくれるのも長く楽しみたい人にはうれしいポイントです。

花色 赤、ピンク、白、黄、緑、オレンジ
開花時期 3~5月、9~11月
植付時期 4~5月(種まき)
3~5月、9~10月(苗植え)

8. ラナンキュラス

ラナンキュラス 地植え

ラナンキュラスは、何枚も重なりあう花びらと、パステルカラーの花色がやさしい印象の女性に人気の花です。球根植物で、乾燥にも過湿にも弱いことから、育てる手間は多少かかりますが、そのぶん花が咲いたときの喜びは大きなものになりますよ。存在感があるので、白い陶器製の鉢に1輪植え付けて玄関に置くだけでも、あたりがパッと明るくなります。花がきれいに咲いたら、ぜひ切り花にしても楽しんでくださいね。

花色 赤、白、ピンク、オレンジ、黄
開花時期 4~5月
植付時期 10~12月

9. ストック

ストック 切り花

ストックは、独特の甘い香りが特徴的な一年草です。花にはすっきりとした一重咲きとボリュームのある八重咲きがあり、穂のように茎の先端にたくさんの花を咲かせる姿は迫力があります。特に淡いピンクや紫の花色は春らしく、花壇の後方に群生させるとよいですよ。湿度の高い環境が苦手で、乾燥気味に育てるのが、きれいな花を咲かせるコツです。

花色 赤、ピンク、白、紫、黄など
開花時期 11~5月
植付時期 8月下旬~10月(種まき)
9~10月(苗植え)

10. シャクナゲ(石南花)

シャクナゲ ピンク 植木

「花木の女王」と呼ばれ、大きく豪華な花を咲かせるシャクナゲ。元々高山に自生しており、入手がむずかしかったことから、手の届かない存在を意味する「高嶺の花」の由来になった花とされています。赤と白が混じりあったような花色が印象的で、1年中緑の葉っぱを生やす常緑性であることも人気の理由。園芸品種は5,000を超え、樹高も様々なので、鉢植えや地植えなど、自分好みのスタイルで栽培を楽しめます。

花色 白、赤、ピンク、黄、赤、紫など
開花時期 3~6月
植付時期 3~4月、9~10月

春の花でガーデニングを彩ろう

ガーデニング ピンク ベンチ 春 

暖かな陽の光をあびて芽をだし、植物が花をどんどん咲かせる春。過ごしやすい気候はガーデニングに最適で、時間を忘れて花壇やプランターに植物を植え付けて楽しむことができます。パステルカラーや鮮やかな色など、春の花はバリエーションが豊富なので、自分のイメージに合った空間を今回ご紹介した花たちで作ってみてください。

初回公開日: 2016年03月25日